会社概要

トップメッセージ

西浦 正親

「明るい未来を共に創造する」というパーパスのもと、お客さまが安心できる商品と利便性の高いサービスを提供し、地域コミュニティの一員としての責任をはたすべく、地球環境の問題にも積極的に取り組んでまいります。

チューリッヒ保険会社

(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

日本における代表者および最高経営責任者

西浦 正親

日頃よりチューリッヒ保険会社をお引き立て賜り、厚く御礼申しあげます。

 2023年1月に発生した当社お客さまの個人情報漏えい事故におきましては、お客さまおよび関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしました。改めて深くお詫び申しあげます。事故原因の徹底分析に基づいて策定した再発防止策の実行と定期的な検証を通して、これまで以上にお客さまの個人情報の取扱いに万全を期すとともにガバナンス態勢のさらなる強化を図ってまいります。

当社の2022年度の収入保険料は前年度より4.0%増加し、1,144億円となりました。当社の主力事業である、銀行の口座保有者さまやクレジットカード会社などの会員さまへダイレクトマーケティングの手法で医療保険や傷害保険などを提供しているホールセール事業と、インターネットや電話などを通じて自動車保険やバイク保険などを提供しているダイレクト事業は、ともに前年度と比べ業績を拡大させました。なお、単体ソルベンシー・マージン比率は557.0%と高水準を保っています。

2022年は新たな商品として、3月に火災や地震などの事故や災害に備える「チューリッヒのネット火災保険」を、また7月にはチューリッヒ少額短期保険株式会社が開発したペットの病気やケガの高額治療に備える「チューリッヒ犬のがん保険」の販売を開始しました。ともにダイレクト型の保険会社ならではのリーズナブルな保険料でお客さまのニーズにお応えする商品です。また、LINE CLOVAが提供する電話応対AIサービス「LINE AiCall」とLINE公式アカウントから無料通話ができる「LINEコールPlus」を初連携したソリューションを導入し、当社の主力商品である「スーパー自動車保険」の事故・ロードサービス受付で運用を開始しました。これによりお客さまのお問合わせ内容をLINEのAI技術が判断して適切な担当者へおつなぎし、事故解決までのスムーズなやりとりが可能となりました。

さて、当社が属するチューリッヒ・インシュアランス・グループでは、グループをあげて気候変動への取組みに力を入れています。当社も日本の皆さまとともに気候変動緩和に対するさまざまな取組みを行っています。2022年10月より長崎県および長崎県西海市と提携し、西海市の森林整備保護活動「チューリッヒの森」プロジェクトを開始し、社員をはじめ地域コミュニティの皆さまとともに、森林や環境に対する意識の向上を目指しています。さらに、同月には自動車保険に新規にご加入のお客さまが運転にかかるCO2排出をオフセットできる新サービス「カーボンニュートラル自動車保険」の提供を開始しました。また、当社のYouTube公式チャンネル「Green Music produced by Zurich」は登録者数が9万人を超えるご支持をいただいています。一人でも多くの皆さまに気候変動について考え行動する「きっかけ」をご提供できれば幸いです。

当社は、デジタルを活用してお客さまとのコミュニケーションをさらに改善させ、お客さま体験の向上を目指すことで皆さまの期待に応えてまいります。また、地域コミュニティの一員として、気候変動の問題にも引き続き真摯に取り組んでまいります。

今後とも、皆さまのご理解と変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

TOPへ戻る