チューリッヒ保険会社の企業情報

 

ニュースリリース

『全国のドライバー2,230人に「あおり運転」実態調査』を実施
ドライバーの約70%があおられた経験あり
警察庁が厳罰化を通達するも、実際に「通報した人」はわずか2%未満

2018年09月07日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦 正親)は、全国のドライバー2,230人を対象に、昨今、社会問題となり厳罰化が通達された「あおり運転」の実態調査を行いました。
「あおり運転に対する厳正な対処」の認知については、実際に知っていると回答したドライバーの割合は51.2%にとどまり、周知が進んでいない現状がうかがえます。さらに、あおり運転をされたことがある400人に実態を聞いたところ、警察に通報した人はわずか2%未満でした。また、安全運転を心がけていたとしても、被害にあう可能性があることも明らかになりました。調査結果を受け、トラブル時の回避策について、専門家のコメントもご紹介します。
当社は今後も、ドライバーの皆様が安全にカーライフを楽しんでいただけるよう、情報発信を続けてまいります。

【調査結果要約】
1.「あおり運転」の厳罰化、知っているドライバーは約半数
2. ドライバーの70.4%が「あおり運転」された経験あり
3.「軽自動車」「コンパクトカー」などサイズの小さい車が、あおり運転を受けやすい傾向
4. 普段から安全運転を心がけている人でも、あおられる可能性は大
5. あおられた原因ってもしかして・・・・・・ 思い当たるきっかけTOP5
6.「あおり運転」をされた時、57.0%が道を譲って対処、警察に通報した人はわずか2%未満
7.「あおり運転」された経験から、74.7%が「あおり運転」をされない工夫をしている
8. あなたも予備軍!?運転中にカッとなりやすい人は「あおり運転」に要注意

【調査結果ウェブサイト】調査結果はこちらのウェブサイトから参照ください。
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/research-road-rage/

【調査概要】
調査タイトル: あおり運転についてのアンケート
調査方法:   インターネットリサーチ
調査期間:   2018年5月22日〜5月23日
調査対象:   1週間に1回以上運転している全国のドライバー2,230人

【出典について】
本調査内容を転載される場合は、出典がチューリッヒ保険会社であることを明記くださいますよう、 お願いいたします。

(チューリッヒ・インシュアランス・グループについて)
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッ ヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ53,000人の従業員を有し、世界210以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル 企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN) はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。 チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.com をご覧ください。

メディアからのお問合わせ先:

チューリッヒ保険会社 広報部
電話:03-6832-2160
E-mail:
pr@zurich.co.jp

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る

企業情報

チューリッヒ保険公式サイトをご覧いただきありがとうございます。
サイト内の疑問・質問にお答えするお役立ちページをご用意していますので是非ご活用ください。