チューリッヒ保険会社の企業情報

 

ニュースリリース

東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト
スイスホームステイプログラムに協賛

2019年04月03日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦 正親)とチューリッヒ生命(東京都中野区、日本における代表者兼最高経営責任者:太田 健自)は、このたび東日本大震災被災地の児童の自立を支援する「Support Our Kids」プロジェクトの一環である、スイスホームステイプログラムに協賛いたします。

このホームステイプログラムは、約2週間の海外ホームステイを通じて、将来の担い手となる被災地の中高生の自立心を育むことを目的としたプログラムです。2011年から開始した同プログラムには、これまで400名以上の中高生が参加してきました。今回、チューリッヒ保険会社およびチューリッヒ生命が協賛する2019年のスイスホームステイは、「復興と平和」をテーマにスイス大使館の協力のもと実施されます。

プログラムに先立ち、3月22日(金)にスイス大使館で壮行会が行われ、5名の中高生をスイスへと送り出しました。チューリッヒ保険会社およびチューリッヒ生命はスイスホームステイプログラムへの協賛を通し、東日本大震災の復興を支援してまいります。 

 

※Support Our Kidsの活動概要より


【Support Our Kids スイスホームステイプログラム 概要】

主催:

Support Our Kids実行委員会

協力:

スイス大使館

協賛企業:

Sunstar S.A.、スイス インターナショナル エアラインズ、スイス政府観光局、ユングフラウ鉄道、チューリッヒ保険会社、チューリッヒ生命

期間:

2019年3月23日〜4月5日(2週間)

場所:

スイス(モントルー、ローザンヌ、ジュネーヴなど)

活動内容:

博物館・美術館見学、現地の学生との交流、ローザンヌ2020オリンピック委員会訪問、国際連合訪問、国際赤十字・赤新月社連盟訪問 など

参加者数:

5

HP:

http://support-our-kids.org/


Support Our Kids
プロジェクトについて

“東日本大震災被災児童の自立支援”“復興の担い手づくり”を目的に発足。主たる活動は、世界10か国の大使館や外務省と連携し実施している「海外ホームステイを通した被災時の自立心育成活動」。これまでに海外に渡った子ども達は415名を数える(2019年3月25日現在)。「世界」「歴史」「多くの人々の温もり」に触れ帰国した子ども達は、「次は自分たちが誰かの為に」と、恩送りプロジェクト「HABATAKI」を始動。このように、ひとりでも多くの子ども達が自らの力で明るい未来を切り拓いてゆけるよう、同会では継続的な支援活動を行っている。

3月22日に開催された壮行会の様子 プログラムに参加する子どもたちとジャン=フランソワ・パロ 駐日スイス大使

プログラムに参加する子どもたちへ記念品の贈呈

 


 
(チューリッヒ・インシュアランス・グループについて)
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ53,000人の従業員を有し、世界210以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。

メディアからのお問合わせ先:

チューリッヒ保険会社 広報部
電話:03-6832-2160
E-mail:pr@zurich.co.jp

 

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る

企業情報

チューリッヒ保険公式サイトをご覧いただきありがとうございます。
サイト内の疑問・質問にお答えするお役立ちページをご用意していますので是非ご活用ください。