チューリッヒ保険会社の企業情報

 

ニュースリリース

スマートフォンサイトで自動車保険の事故受付を開始
事故報告が最短約3分で完了
台風や集中豪雨など災害時の事故でもお客さまの負担や不安を軽減

2019年08月19日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦 正親、以下「当社」)は、2019年7月31日より、スマートフォンサイトでの「スーパー自動車保険」の事故受付サービスを開始しました。

本サービスでは、従来の電話に加え、スマートフォンサイトからも当社へ事故報告を行うことが可能となりました。まず初めにお客さまは、事故状況の簡単な質問に回答し、条件が合った場合は、画面表示に従って必要事項を選択します。続いてスマホのカメラで撮影したナンバープレートなどの画像をアップロードすることで報告を完了します。例えば、事故現場からご連絡をいただく場合など、緊急性の高いお客さまへは、従来どおり電話での受付をご案内します。当サイトは、操作性を重視したデザインを採用し、ログインや詳細な事故情報の入力を不要にしたことで、最短約3分で報告を完了することが可能となりました。 

導入の背景として、事故に遭われたお客さまへのヒアリングの結果、「自宅から車両保険の事故報告をする場合などには、保険会社への手続きを電話以外の方法で簡単に済ませたい」という要望がありました。例えば、近年増加している台風や集中豪雨などの災害発生時には、事故報告が集中し電話が繋がりづらくなることがあり、お客さまの不安も増します。こうした場合、都合の良い時と場所で保険金請求を済ませたいというお客さまには、選択肢としてスマートフォンサイトからの連絡が便利です。本サービスにより当社は、お客さま一人ひとりの要望や状況に応じて、より迅速で適切な対応を行うことで、お客さまの負担や不安の軽減を図ります。

当社は「ケア」の精神と「イノベーション」の発想に基づき、お客さまとのあらゆる接点において、サービス品質の向上に努めてまいります。

キャンペーン イメージ

スマホサイト画面イメージ

(チューリッヒ・インシュアランス・グループについて)
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ54,000人の従業員を有し、世界210以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。

メディアからのお問合わせ先:

チューリッヒ保険会社 広報部
電話:03-6832-2160
E-mail:pr@zurich.co.jp

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る

企業情報

チューリッヒ保険公式サイトをご覧いただきありがとうございます。
サイト内の疑問・質問にお答えするお役立ちページをご用意していますので是非ご活用ください。