R148

ニュースリリース

チューリッヒ保険会社 医療保険を販売開始
ダイレクトマーケティングのノウハウを活かし、新たな分野に参入

2015年10月9日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:北澤 章、以下「チューリッヒ」)は、2015年9月より、当社初となる医療保険の認可を取得し、販売を開始しました。

当社は、マスメディアやインターネットによる自動車保険の販売に加え、銀行、クレジットカード会社など、多くの会員顧客を持つ企業と提携し、ダイレクトメールを中心とした通信販売の手法で傷害保険をご案内する「フリー・インシュアランス・プログラム」というビジネスモデルを展開してきました。本年7月末には、自動車保険と傷害保険の有料保有契約件数が300万件を突破し、これらのお客様からは、ケガだけでなく、病気への備えも欲しいとのご要望を多くいただいておりました。今回開発した医療保険は、このお客様の声にお応えするもので、今後の当社の商品構成上の大きな柱となります。

この医療保険は、当面は、傷害保険と自動車保険の既存のご契約者様にご案内すると同時に、提携先企業のお客様に、「フリー・インシュアランス・プログラム」のモデルによるご案内を開始します。このプログラムでは、提携先企業が保険料を負担し「がん診断一時金」をお客様に無料プランとして提供します。また併せて、入院、手術、通院といった、シンプルな補償で満90歳まで継続できる有料の追加補償プランもご案内します。これまで当社が培ったダイレクトマーケティングのノウハウを活かし、各提携先企業のお客様のニーズにあった補償内容、保険金額を個別に設定し、順次ご案内してまいります。

当社は、「ケア」の精神と「イノベーション」の発想に基づいた、お客様にとってより価値のある魅力的な商品やサービスの提供に努めています。今後もお客様のニーズに応え、商品ラインナップをさらに拡充していきます。

※「フリー・インシュアランス・プログラム」
当社と提携先企業(銀行やクレジットカード会社、スーパーマーケット、メーカーなどの会員顧客や口座保有者を有する企業)が保険の団体契約を結び、提携先企業が保険料を負担して自社の顧客向けに小額の保険料で傷害保険や医療保険を無料提供するサービスをダイレクトメールなどでご案内するプログラムです。同時に希望により有料で加入できる補償内容が充実した保険プランもご案内しています。


(チューリッヒ・インシュアランス・グループについて)
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、55,000人を超える従業員を有し、世界170カ国以上の個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。

メディアからのお問合わせ先:

チューリッヒ保険会社 広報部
電話:03-6832-2160
Email:pr@zurich.co.jp

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る