R148

ニュースリリース

「自動車保険のお役立ち情報」第二弾をウェブサイトに公開

「車両保険」や「保険の免責」など質問数の多いトピックスを追加し、コンテンツを拡充

2016年3月16日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦 正親、以下「チューリッヒ」)は、2016年3月16日(水)、「自動車保険のお役立ち情報」第二弾として、12のトピックスをウェブサイト(PC・スマートフォン)に公開しました。

「自動車保険のお役立ち情報」は、自動車保険を検討する際に知っていると役立つ情報を幅広く、わかりやすくご提供するため、2015年に新設した情報ページです。今回さらにコンテンツの充実を図り、「車両保険」や「保険の免責」などの基本情報から、「通販型自動車保険」や「外資系損保会社」などの特長までをわかりやすく解説しています。また最近話題の「テレマティクス保険」や「ドライブレコーダー」などについてもご紹介しています。ここで取りあげたトピックスは当社カスタマーケアセンターへのお問合わせやインターネット検索で数の多い質問事項から選んでいます。今後もお客様のニーズに応じたテーマを検討し、お役立ていただけるよう、コンテンツを拡充していきます。


自動車保険のお役立ち情報

ウェブページ イメージ


「自動車保険のお役立ち情報」第二弾 記事一覧

  • ● 車両保険は必要?
  • ● 保険の「免責」とは?
  • ● 「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」の違いとは
  • ● 通販型自動車保険と代理店型自動車保険の違いとは?
  • ● 外資系損保会社と国内損保会社では事故対応に違いはある?
  • ● 交通事故の示談交渉とは
  • ● 自動車保険の運転者年齢条件とは
  • ● 自動車保険の乗り換え方
  • ● 自動車保険の長期契約とは?
  • ● 自動車保険の更新時の見直しポイント
  • ● テレマティクス保険とは?
  • ● ドライブレコーダーの役割と設置するメリットとは?


「自動車保険のお役立ち情報」URL:www.zurich.co.jp/car/useful/

チューリッヒは今後も引続き、当社の企業理念である「ケア」の精神と「イノベーション」の発想に基づき、お客様にとってより価値のある商品やサービスの提供に努めてまいります。

(チューリッヒ・インシュアランス・グループについて)
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、55,000人を超える従業員を有し、世界170カ国以上の個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。

メディアからのお問合わせ先:

チューリッヒ保険会社 広報部
電話:03-6832-2160
E-mail:pr@zurich.co.jp

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る