閉じる

弁護士費用等特約

※正式名称:弁護士費用等補償特約

もらい事故でご自身に過失がない場合、保険会社は示談交渉をすることができません。
このような場合など、当社の同意を得て相手方との交渉を弁護士に委任することによってかかる弁護士費用や訴訟費用、法律相談費用などを補償します。

  • ※2015年10月1日以降が保険開始日の契約の場合。2015年9月30日以前の保険始期の場合は「弁護士費用補償特約」となります。

こんな場合に補償されます

こんな場合に補償されます こんな場合に補償されます

自分にはまったく責任のない事故なのに、相手が非を認めず、弁護士に委任することにした。

1回の事故につき、300万円まで補償します

  • ※保険開始日が2016年7月1日以降のご契約について、特約内容の改定を行いました。改定に伴う主なご注意は以下のとおりです。
  • 弁護士費用等の実費が300万円以内の場合であっても、特約の「別紙 弁護士費用等保険金支払限度額」に定める各費用(着手金・報酬金等)の支払限度額を超える金額については、自己負担となります。
  • 弁護士等に委任する場合は、当社の事前承認が必要ですので、あらかじめ当社へご連絡ください。

お支払いする主な保険金

下記の弁護士費用等を、被保険者1名につき、300万円まで補償します。

  • 訴訟費用
  • 仲裁費用
  • 和解費用
  • 調停費用

また、法律相談費用を、被保険者1名につき、10万円まで補償します。

補償されない主な範囲

  • 1.車検証に「事業用」と記載されている自動車を運転している場合に発生した事故
  • 2.地震、噴火、津波によって生じた被害事故
  • 3.無免許運転、麻薬等の影響で正常な運転ができないおそれがある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転の場合に生じた被害事故
  • 4.被保険者の故意または極めて重大な過失に起因する損害
  • 5.被保険者が自動車修理業など自動車を取り扱う仕事に従事しており、その業務として受諾した被保険自動車に搭乗中に発生した被害事故

ご付帯にあたっての注意事項

記名被保険者とそのご家族が弁護士費用等特約を付帯した保険契約をすでにご契約の場合、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますのでご注意ください。

補償内容の詳細は重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)及び約款をご確認ください。

DM170309-2(2)

インターネットから申し込むと、初年度最大10,000円割引
さらに早割で最大500円割引

  • インターネット割引は条件によって割引金額が変わります。詳しくはこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

※1 当社商品・補償内容などが前契約保険会社と異なるケースも含まれますが、当社商品、保険料にご理解いただいたうえでご契約いただいた7,412人のアンケート集計結果です。比較対象は加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額で、お客様の申告によるものです。(アンケート集計期間:2017年1月-2017年9月)

保険料平均
10,236円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE