相手への補償を想定した保険選び

A252

お電話でのお見積もりはこちらから ※お電話でのお見積もり・お申込みの場合、インターネット割引の対象にはなりません

自動車保険の選び方

相手の方への補償

他人を死傷させた場合の補償です。

標準的なプラン・節約プラン 共に無制限をおすすめ!

高額な賠償責任を負う可能性もありますので、保険金額は上限のない「無制限」がおすすめです。

ページの先頭に戻る

家屋や車両などの他人の財物への損害を補償する保険です。

標準的なプラン 無制限をおすすめ!

裁判で高額な損害額が認定される場合がありますので、上限のない「無制限」が安心です。

節約プラン 2,000万円以上を検討!

保険金額を下げても、保険料は大きく変わりませんが、少しでも保険料を節約をする場合は、車両や家屋の賠償額を考慮すると最低でも「2,000万円」の付帯をおすすめします。

ページの先頭に戻る

「対物賠償保険」では、相手方の車の時価額を越える修理費用は補償されません。

標準的なプラン ありをおすすめ!

製造年から年月を経た高級車との衝突では、事故の相手から時価額以上の修理費用を請求されることもあります。「対物超過特約」を付帯することで、そういった請求へのお支払いも可能なので、付帯をおすすめします。

節約プラン なしを検討!

上記のようなお車と接触する可能性が少なければ、節約プランとして特約をつけないということをご検討ください。

インターネットから申込むと初年度最大ネット割引金額割引 さらに早割で500円割引

お見積もり・お申込み

  • ※インターネット割引は条件によって割引金額が変わります。詳しくはこちらをご確認ください。
  • ※お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170309-2(2)

  • 通販型自動車保険を、初めてご検討の方
  • 他の通販型自動車保険との違いを知りたい方

さっそくお見積もり

  • 自分に最適な保険を設計! お見積もり・お申込み
  • 見積もり保存をされた方

まだ間に合う?

早割チェック

※お使いのパソコンの日時が正しく設定されていることをご確認ください

本日お申込みいただくと保険始期日が以降の方は、早割が適用されます。
お早めにお手続きください。

閉じる

お見積もり・お申込みの手順と支払い方法

事故・故障の際は、
↓こちら↓にご連絡ください

24時間365日、事故・受付専門ダイヤル

Eメールでのお問合わせはこちら

事故・故障に遭ってしまったら

相手方への自動車保険を選ぶ際の補償条件や特約の選び方を紹介します。

ページの先頭に戻る