閉じる

バイクの任意保険とは。保険料を安く抑えるには?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

バイクの任意保険とは。保険料を安く抑えるには?

事故を起こさないように注意してバイクを運転するのは、運転者の責任です。それでもバイクを運転している限り、事故にあってしまうリスクはゼロとは言えません。
楽しいバイクライフを維持するためにも、万が一の事故に備えバイク保険へ加入することは大切です。

本記事ではバイク保険、特に任意保険の必要性についてご説明します。

バイク保険の種類

バイク保険の種類

バイク保険には大きく分けて2種類あります。ひとつは加入を義務付けられた自賠責保険です。強制保険とも呼ばれます。もう1つは、加入に義務はありませんが、自賠責保険では補いきれない補償などをカバーする任意保険です。

知っておきたい自賠責保険の補償範囲

バイクで事故を起こした場合、相手にケガをさせてしまったり、不幸にも相手が死亡してしまう事故となったとき、その損害を自賠責保険がどこまでカバーしてくれるかご存じでしょうか。

自賠責保険の補償対象は加害者によって被害を受けた「人」に対する補償です。事故を起こした加害者、そして損害を受けた車両など「物」は補償対象となりません。

<自賠責保険の補償範囲>
対人 物損
傷害 120万円
(治療費/休業損害/慰謝料)
補償されない
死亡時 3,000万円
(逸失利益/慰謝料/葬儀費)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/慰謝料)

事故で相手にケガをさせてしまった場合、賠償額は4,000万円、死亡事故の場合は3,000万円が上限となります。しかし、現在では下の表にあるように事故後の判決例などをみても、この賠償額では不十分なケースも想定できます。

<高額賠償判決例>
認定
総損害額
裁判所 判決年 被害者
性別年齢
被害者職業 被害態様
5億2,853万円 横浜地裁 平成22年 男41歳 開業医 死亡
4億5,381万円 札幌地裁 平成27年 男30歳 公務員 後遺障害
4億5,251万円 横浜地裁 平成27年 男50歳 コンサルタント 後遺障害
4億3,961万円 鹿児島地裁 平成27年 女58歳 専門学校教諭 後遺障害

参考:損害保険料算出機構 自動車保険の概況 平成29年度版

たとえば3億4,000万円の損害賠償を求められた場合、3億円を自己負担しなくてはならなくなります。また、自賠責保険では事故を起こした運転者自身がケガをしてしまったとしても、その損害は補償されません。被害者への3億円の自己負担と、さらに自身もケガをしてしまった場合の医療費の自己負担など、自賠責保険では補いきれない金額を用意しなくてはなりません。

自賠責保険は補償内容が細かく設定されていますが、被害者のケガや後遺障害の程度によっては、十分な補償額とはいえないのが実情です。あくまでも最低限度の補償だと認識する必要があります。

事故を起こした相手のケガに対する賠償額の支払例
(3億4,000万円の賠償請求の場合)

事故を起こした相手のケガに対する賠償額の支払い例

任意保険の任意とは

上の図のように、自賠責保険のみの場合と、任意保険の対人賠償保険に加入している場合とでは、自己負担の金額が異なります。実際の補償内容を把握すると、任意保険の必要性がより明確になります。

自賠責保険の補償内容と違い、任意保険は加入者が補償内容を検討し、きめ細かな設定が可能な保険です。法によって強制的に加入しなくてはならない強制保険(自賠責保険)に対し、十分な補償内容で万が一の事故に備えることができるのが任意保険といえます。

バイクの任意保険の加入率

ではどれだけのバイクの運転者が任意保険に加入しているのかデータを見てみましょう。2018年のデータでは加入割合は43.0%となっており、半数以上の運転者が任意保険未加入となっています。

ちなみに損害保険料率算出機構による調査では、2018年の自家用普通乗用車の任意保険加入率は、82.3%です。それと比べるとバイクの任意保険の加入率がいかに低いかがわかります。

駅までの通学や通勤でしか原付に乗らない人や、週末もしくは月に数度のツーリングを楽しむだけの人などは、バイクの使用距離が短かったり、頻度が低かったりすることで、「自分は事故を起こさないから大丈夫」と思ってしまい、保険の重要性を意識することがないという場合もあります。

しかし、事故は誰にでも起きる可能性があります。被害者になることも加害者になることも想定し、万が一に備えてバイクの任意保険について詳しく見てみましょう。

バイクの任意保険のしくみ

バイクの任意保険の加入に際して検討するのは、その保険料と補償内容です。特にどのくらいの保険料となるのかは把握しておきたいものです。
そこでバイクの任意保険の保険料を算定するときに利用される等級(ノンフリート等級)についてご説明します。
等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。事故を起こすリスクが少ないと考えられる人ほど保険料は安く、事故を起こすリスクが高いと考えられる人ほど保険料は高くなります。保険料の増減にかかわる等級がどのようなしくみになっているかについてご説明します。

ノンフリート等級制度
任意保険は、法人契約や個人でも10台以上の契約でない場合、通常ノンフリート等級制度という等級によって割引率が設定されており、年間の保険料が決まります。
これは自動車保険と同様です。
等級は1等級から20等級まで設定されており、初めて任意保険に加入するときには6等級から始まります。

初めての契約
初めての契約

1年間無事故で保険を使わなければ翌年度は等級がひとつ上がり、7等級となります。加入から15年連続で保険を使わなければ、保険料が63%割り引かれる最大割引率の20等級になります。しかし、事故などにより保険金の支払いがあるとその程度や内容によって翌年度は1等級もしくは3等級下がります。

3等級ダウン事故の場合

さらに3等級ダウンならその先3年間、1等級ダウンならその先1年間は、「事故あり係数適用期間」が適用されて、保険料が割増となります。

3等級ダウン事故の場合

1等級ダウン事故の場合

翌年度の契約から等級ダウンにより割引率が下がります。さらに「事故あり」の等級が1年間続き、保険料は割増となります。

1等級ダウン事故の場合

バイクの任意保険に加入して安全運転

自動車の場合と同様にバイクの任意保険もノンフリート等級制度があります。安全運転を心がけ、事故を未然に防ぐことが保険料を安く抑えられるしくみとなっています。またこの等級は、国内の保険会社を切り替えても同じ等級を引き継ぐことができます。

バイクの任意保険は通販型(ダイレクト型)と代理店型どちらで加入する?

バイクの任意保険は通販型(ダイレクト型)と代理店型どちらで加入する?

バイクの任意保険には、通販型(ダイレクト型)と代理店型があります。手続き方法や補償内容、保険料など、双方の特徴を比較して、ご自身に最適なバイク保険を検討しましょう。

通販型(ダイレクト型)
インターネットや電話でバイク保険を申し込む方法です。保険会社に直接申し込むことになるため、「ダイレクト型」と呼ばれることもあります。

  • 窓口に出向く必要がない、申込みに時間がかからない
  • インターネットや電話回線さえあればどこでも申込み可能
  • 代理店型に比べると保険料が割安(各種割引が多い)になるケースがある

といった特徴があります。

代理店型
保険会社から委託された代理店を通じてバイクの任意保険を申し込む方法です。保険代理店の店舗で申し込む場合や、バイクを購入したディーラーや修理工場で契約する場合などがあります。直接対面で手続きを進める点が通販型と大きく異なります。

  • 担当者と相談をしながら補償を選ぶことができる
  • 担当者がつくため、加入後も相談しやすい
  • 通販型に比べると保険料が割高になるケースがある

といった特徴があります。

自分にあったバイクの任意保険を選ぶ

代理店型は直接対面で補償内容を相談しながら自分にあった任意保険を選ぶことができます。
一方、店舗を持たない通販型(ダイレクト型)は、インターネットや電話を活用して、補償内容や加入手続について相談しながら自分にあった任意保険を検討することができます。
通販型(ダイレクト型)は店舗にかかるコストを削減している分、同じ補償内容でも代理店型に比べ保険料が割安になるケースがあるのもメリットです。

単に保険料を抑えることだけでなく、補償内容と保険料とのバランスを考えながら、必要な補償を見極めて設定できるのが特徴です。

補償内容と保険料のバランス

補償の範囲が広ければ当然ながら保険料は割高になります。自分にとって必要な補償を考えたうえで、運転者の範囲を限定する、不要な補償は付帯しないなど、保険料と補償内容のバランスを考えましょう。

必要な補償内容と保険料のバランスは、加入者の「年齢」「性別」、主に誰が運転するのかといった運転者の「範囲」や「事故歴」「バイクの用途」「走行距離」などによっても左右されます。
保険会社に見積りをとって検討することが大切です。

バイクの任意保険ならではの補償内容

バイクの任意保険ならではの補償内容

バイクの任意保険において、ロードサービスや事故対応はもっとも重視したいポイントです。保険会社によってもその内容は違うので、それぞれの特徴を把握して、より最適なバイクの任意保険を検討しましょう。

事故対応の充実度

そもそもバイクの任意保険は万が一の事故や故障のリスクに備えるものです。
事故受付は電話、インターネットで24時間365日という保険会社がほとんどですが、事故の初期対応受付時間は各社異なります。特に休日、夜間の事故対応についてはチェックしておきましょう。
初期対応とはレッカー移動の手配、現場の確認などです。事故担当者のきめ細かいコミュニケーションもバイクの任意保険選びの重要な決め手となります。

チューリッヒのバイク保険の事故対応についてはこちら

ロードサービスの内容

「ロードサービス」は、ガス欠やパンクなどの身近なトラブルに対応するもので、バイクの任意保険に付帯するサービスです。保険会社によって、「ロードアシスタンス」や「アシスタンスサービス」など、呼び方が異なる場合があります。

ロードサービスは各社展開しているサービス項目自体にはほとんど差がありませんが、レッカーサービスの無料移動距離など細かい点で違いがあります。バイクの任意保険において重要なサービスなので、バイクライフの心強い味方として確認しておきましょう。

チューリッヒのバイク保険の事故対応についてはこちら

バイクの任意保険を賢く活用

「損害保険料率算出機構による調査では、バイクの任意保険の加入者100%が対人賠償保険への加入であり、さらにその加入者の99.1%が保険金額を無制限にしています。加えて、対物賠償保険への加入も100%となっており、保険金額を無制限にしている加入者が93.8%を占めています。

このように運転者自身と搭乗者や車両の補償を設定することで、自賠責保険ではカバーできない補償が担保されるよう、バイクの任意保険が活用されています。

ダイレクト型のバイク保険では、こうした利用者のカスタマイズを活かしながら、保険料を節約することができます。

また、チューリッヒの場合は、保険料を節約するだけでなく、故障や転倒により必要となるロードサービスも利用できるなど、安心できる補償内容です。さらには修理工場にバイクを置いた後の帰宅に必要となる交通費や宿泊費などの補償など、いざというときのために細かく状況設定された内容も特徴です。

安全安心なバイクライフを維持するために、バイクの任意保険の加入検討とともに、サービスや補償内容を考慮し、自分に合った保険を選びましょう。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒのスーパーバイク保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒのスーパーバイク保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190627-1

「バイク・原付」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大3,000

バイク保険 お見積り