閉じる

バイク・原付の走行距離と寿命の目安

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

バイク・原付の走行距離と寿命の目安

バイクの走行距離を意識したことがありますか?中古のバイクを購入するときには年式や走行距離を意識したり、また、自分のバイクの寿命はどれ位なのだろう?と考えたりすることもあるでしょう。ごく一般的に走行距離10万キロも乗ったら限界(寿命)といわれることもありますが、今回はバイクと走行距離、そして走行距離が教えてくれるバイクとの付き合い方について見てみましょう。

走行距離という指針

走行距離という指針

バイクの状態を知るうえで製造年(製造からの期間)や距離という共通の数値は、客観的な状態を捉える指針となります。たとえば走行距離200kmの原付のスクーターと20,000kmの同じ車種であれば、200kmのスクーターのほうが各部の消耗が少ないことが想像できます。

しかし、走行距離は大きな指針ではありますが、状態を知るすべてではありません。走行距離からどんなことが読み取れるのかみてみましょう。

走行距離の表示形式

走行距離の表示方法には幾つか種類があります。前輪の車軸からギアとワイヤーを介することでメーター内の距離計に伝達して表示していたり、トランスミッションの回転数から電気的に演算をし、走行距離をメーターに表示したりと、表示のしくみに違いがあります。

多走行とバイクの負担

では走行距離とバイクの状態の関係性をみてみましょう。走行距離が多いからといってバイクの状態が悪いとは一概に言えません。
たとえば、ひどい渋滞のある都市部市街地ばかり30,000km走ったバイクと、定期的に穏やかなロングツーリングをして30,000km走ったバイクとでは、同じ距離でもバイクにとっての負担は大きく異なります。市街地のゴー&ストップの繰り返しのほうが負担は遥かに大きく過酷なのです。一定のアクセル開度での高速巡航は、距離を稼いでいても負担はそれほど大きくありません。

バイクの消耗

激しい加減速や頻繁な全開走行など、いわゆるハードな乗り方を繰り返されたバイクと、ソフトな乗り方をしてきたバイクとでは傷み方が違います。しかし、穏やかなツーリングにしか使わなかったとしても、何のメンテナンスもせずに乗りっぱなしの状態でいれば問題は生じます。

距離を走ればその分、エンジンやトランスミッションなどの駆動系、そしてタイヤも消耗したことになります。バイクの重さをずっと支えているサスペンションも、路面からの衝撃を常に吸収し続けているので疲弊することは必至です。

このように、エンジンだけでなくオイル交換や各パーツへのグリスアップ、またはベアリングの交換、駆動チェーンのメンテナンス、タイヤ交換などが必要となります。
整備記録などを見ればバイクの持ち主とバイクの関係がわかります。バイクの寿命を少しでも延ばしたいなら、こまめなメンテナンスをおすすめします。

基準はメンテナンス量

基準はメンテナンス量

走行距離は多く走っていても、ハンドルのグリップやシフトレバーのゴム、ステップのゴムが定期的に変えられているバイクは、その他の細かい部分も比較的丁寧なメンテナンスが施されている場合が多いです。

逆に走行距離が少なくても、そうした細かな部分が疲弊しているバイクは、見た目の通り、傷みが激しいことがあります。

中古車の購入を検討する場合、このようなバイクの見立てはとても大切です。中古車を見極めるには経験とある程度の知識が必要ですが、上記のようなちょっとした所からバイクの持ち主とバイクの関係をイメージすると、そのバイクの状況が見えてきます。

これは中古車を選ぶときだけでなく、既にバイクに乗っている人も自分のバイクのメンテナンス状況を見つめ直し、必要なメンテナンスを施すきっかけにしてみましょう。バイクのストレスが減り、良い状態で長持ちさせることにつながります。

中古車選びをする際、本当はあまり状態の良くないバイクが多少手を加えられて、走行距離が多い割には一見新しそうに見える場合もありますので気を付けましょう。走行距離を改ざんしているなど、悪質なケースもあります。お店の様子をよく観察し、自分の持てる経験をフルに使って、部分的にちぐはぐな点が少ないバイクを選ぶことが大切です。

しっかりとしたメンテナンスを受けていながら、走行距離が多いからという理由で販売価格が安くなっている良質のバイクに巡り逢うことができたら、それはラッキーなことです。

バイクの車格とストレス

また、バイクの車格と走行距離も意識してみましょう。原付の法定速度は30km/hです。それ以外のバイクはクルマと同じ60km/hという条件で走行します。126cc以上であれば高速道路も走行できますので、そのスピードに耐える車格でなければなりません。スピードだけではなく、各部にかかる力などに対応し、丈夫に作られています。

車格で考えれば、原付にとっての30,000キロと大きなバイクにとっての30,000キロでは、同じ距離とは言え、ストレスが違うのです。また原付の場合は、たとえ移動距離が少なくても、天気を問わず毎日通勤通学などで過酷に使用されることが多く、車格の割に多くのストレスを被っていることが想定されます。

バイクの劣化と予防

当然のことですが、バイクが走行距離を重ねるということは、走る、曲がる、停まるという基本的な動作を可能にする部分が動くことになります。

走行距離が多くなることによる劣化は、そうした基本的な動きの度に稼働しているそれぞれの回転部分や摺動部分の摩耗などが主な原因となります。その摩耗を防ぐ第一の予防は、油脂類の適切な塗布と管理です。金属同士が擦れながら回転する部分や擦れながら動く部分の間に、しっかりとした油膜をつくっておくことで摩耗を防ぐことができます。

定期的にバイクの点検メンテナンスに出すことは、この油膜のコンディションを良い状態に保つことができ、劣化防止に大きく貢献します。

バイクの寿命を延ばすには

無理のないスムーズな運転を心がけるとバイクの動きも無理のないものとなり、余計な摩耗が起こらず長持ちします。また、オイル交換のタイミングは、メーカーにもよりますが、走行距離なら2万キロ、経過年数なら2年、どちらかのタイミングを目安にして推奨しています。この目安は、最低限壊れずに乗ることができるレベルとして捉えておくほうがよいでしょう。

たとえば、小排気量ゆえ、エンジン全開で走行する機会が多い原付の場合などは、推奨される目安よりもっと積極的にメンテナンス時期を考えたほうがよいでしょう。最寄りの駅までのいわゆる「チョイ乗り」が主な使用用途である場合が多い原付は、冬場はエンジン内のオイルが温まり切る前に走り出し、すぐにエンジンを停止しなければなりません。こういう使い方を繰り返すことで、エンジン内に結露が生じ、オイルに水分が混ざり劣化を早めます。また夏場は車体が小さいので、その分油温が極端に上がる環境にあります。

バイクの寿命をもっと積極的に延ばすことを考えるなら、点検、メンテナンス、オイル交換などをこまめにすることは大変効果があります。

また普段あまり意識しないホイールベアリングなどの交換も同様です。普段意識しない部分をプロの目で見てもらうために定期的な点検に出すのはとても大事なことです。

快適なバイクライフは日常のちょっとした点検やバイクへの思いやりで大きく変わります。乗らない状態が多すぎても劣化を早め、整備すること無く乗りすぎるのも寿命を縮めます。しっかりとしたメンテナンスをすることで「30万キロノンオーバーホール」で使用されているバイクもあるので、バイクと程良い関係を築いてより長く愛用しましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大3,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190422-2

「バイク・原付」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒのバイク保険 ネット申込みで最大3,000円割引 バイク保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大3,000

バイク保険 お見積り