閉じる

バイク・原付は駐車場・駐輪場どちらに停めていい?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

バイク・原付は駐車場・駐輪場どちらに停めていい?

バイクで出かけた際に、バイクをどこに停めればいいか困ったことはありませんか。大型のショッピングセンターなどにはバイクの駐車スペースが用意されている場合がありますが、「この駐車場はバイクを停めていいのだろうか?」「自転車駐輪場でもいいのだろうか?」などと悩んだ経験もあるのではないでしょうか?

そこで本記事では、バイクや原付は駐車場、駐輪場のどちらに停めるべきかについてご説明します。

50cc超のバイクは「駐車場」に停める

50cc超のバイクは「駐車場」に停める

バイクが駐車できる場所はバイクの排気量によって決められています。
法令を確認しながら、バイクを停める場所について見ていきましょう。

駐車場法に明記されている通り、駐車場は「自動車の駐車のため」の施設です。

そして「自動車」は駐車場法第一章総則第二条の四で「道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第九号に規定する自動車」としています。

道路交通法における原動機付自転車とは50cc以下のものです。つまり原動機付自転車は自動車に含まれず、駐車場に停めていいのは、50cc超のバイクということになります。

50t以下の原付は「駐輪場」に停める

50t以下の原付は「駐輪場」に停める

続いて駐輪場について定めた「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」(以下自転車法) 第2条2項では、自転車等の定義を「道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第十号に規定する原動機付自転車」としています。

ですから駐輪場に停めることができるのは、道路交通法における「原動機付自転車」、つまり50t以下のバイクということになります。

排気量 50cc以下 50cc超〜125cc以下 125cc超〜250cc以下 250cc超〜400cc以下 400cc超
道路運送車両法 原付一種 原付二種 軽二輪 小型二輪
道路交通法 原付 普通自動二輪 大型自動二輪
法律上停める場所 駐輪場 駐車場※ 駐車場 駐車場 駐車場

400ccを超えるバイクはどんな場合でも駐車場に停めることができます。
50cc超〜400cc以下のバイクは「普通自動二輪」と呼ばれ、自動車と同じ扱いになるため、駐車場に停めるのが原則です。

※道路運送車両法で「第2種原動機付自転車」と称されている50t超125t以下のバイクは、原付のような扱いで駐輪場に誘導される場合もあるようですが、道路交通法では自動車に区分されるので駐輪場ではなく、駐車場に停めるのが法律上正しいのです。

実際には現場の判断によることも多い

実際には現場の判断によることも多い

バイクの駐車場所は法的には「駐車場法」や「自転車法」によって定められています。しかしそれぞれの施設の駐車場、駐輪場の運用によってバイクが停められるかどうかが決められていることがあるのも実情です。

自転車法により駐輪場に停められるバイクは50t以下の原付に限定されます。しかしスーパーマーケットなど施設によっては50t超のバイクも駐輪場に誘導されることがあります。

特に道路運送車両法で「第2種原動機付自転車」と定義される50t超〜125t以下のバイクに関しては消防法や建築基準法に抵触しない屋外の駐輪場の場合、駐車できるケースがあるようです。

バイク駐車場は増加傾向だがまだまだ少ない

バイク駐車場は増加傾向だがまだまだ少ない

バイクの駐車環境については平成22年の警察庁の通達「自動二輪車に係る駐車対策等の推進について」に基づき、駐車場の整備やバイクの駐車規制の緩和が進められてきました。
特に需要の高い125t以下のバイクに関しては駐輪場に関する条例改正を自治体に促し、積極的に駐輪場を駐車場所として使用するよう国は自治体に呼び掛けています。

そのため近年はバイクの駐車場が増える傾向にあります。しかし一般社団法人日本自動車工業会によれば乗用車と比較するとバイク駐車場の数は約1/6程度です(2012年度)。
2017年12月には東京都知事が、東京都下におけるバイク駐車場の整備を「加速度的に進めていきたい」と発言しましたが、乗用車との比較ではまだまだ大きく引き離されているのが現状といえます。

バイクで出かけるときは事前に駐車場を探しておくことがおすすめです。

バイクの駐車場の探し方

バイクの駐車場の探し方

ネットでバイク駐車場を検索

最近はネットでバイク駐車場が簡単に検索できます。
一般社団法人日本二輪車普及安全協会が運営する「全国バイク駐車場案内」は全国の14,000件以上のバイク駐車場が検索でき、駐車場の数は日々更新されています。

住所、駅、地名、施設名から検索でき、50t、51t〜125t、126t以上とバイクの排気量ごとに検索できるのも探しやすいです。

たとえば「新宿」、「51t〜125t」で検索すると新宿近辺で「51t〜125t」のバイクが駐車できる駐車場と駐輪場が地図付きで紹介されます。利用時間や利用料金などが確認でき、駐車場によっては予約サイトからの予約も可能です。

この他、公益財団法人東京都道路整備保全公社のウェブサイト「s-park」では、東京都内の時間貸しバイク駐車場を検索することができます。自分に合った検索サイトを探してみることもおすすめします。

バイク駐車場検索アプリも豊富

スマホを使用する人には駐車場検索機能がついたアプリもおすすめです。ルート検索機能やナビゲーション機能が付きツーリングなどに適したアプリやバイクの給油・燃費記録に加え、全国の駐車場を検索する機能がついたアプリなど、さまざまな特徴を持ったアプリがあります。
自分の用途に応じて最適なアプリを選択することをおすすめします。

バイクで出かける際は事前に駐車場所の確認をしましょう

バイクで出かける際は事前に駐車場所の確認をしましょう

バイクを駐車できる場所は法的には排気量によって変わるということをお話ししました。50t超のバイクは駐車場、50t以下の原付は駐輪場です。しかし、実際は駐車場や駐輪場ごとの運用にまかせられていることも多いようです。バイクを駐車する際は、法で定められた原則を念頭に置いたうえで、駐輪場、駐車場のルールに従うようにしましょう。

またバイク駐車場はバイクの数に対して数が少ないので、バイクで出かける際は事前に「バイク駐車場検索サイト」などで駐車可能な場所を調べると安心してお出かけできます。

最後に、バイクを所有されている方は、チューリッヒのバイク保険をぜひご検討ください。
万が一のバイクの事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大3,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190705-1

「バイク・原付」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒのバイク保険 ネット申込みで最大3,000円割引 バイク保険のお見積りはこちら

TAGS

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大3,000

バイク保険 お見積り