閉じる

ファミリーバイク特約(原付特約)とは

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

ファミリーバイク特約(原付特約)とは

税金や維持費も安いので、移動手段として人気なのが125cc以下の原動機付自転車(以下原付)です。しかし自動車と違って身を守る部分が少ないため、事故にあうと、重症化しやすい傾向にあります。
このため、原付においても任意保険への加入を検討し、万が一に備えることが望ましいです。原付で保険料を抑えて任意保険に加入したいという場合、任意のバイク保険だけでなく、自動車保険のファミリーバイク特約(原付特約)も選択肢のひとつになります。そこで本記事では、ファミリーバイク特約についてご説明します。

ファミリーバイク特約(原付特約)とは

ファミリーバイク特約(原付特約)とは

ファミリーバイク特約は、自動車の任意保険に付帯する特約の一つです。

本人または家族の誰かが自動車の任意保険に加入中であり、125cc以下の原付であれば加入することができます。そして、125cc以下の原動機付自転車の運転中に事故を起こし、他人を死傷させたり他人のモノを壊したりした場合に保険金が支払われます。

チューリッヒではファミリーバイク特約を「原付特約」という名称でご用意しています。以下チューリッヒの原付特約を例としてご紹介します。

チューリッヒの原付特約について

原付特約に加入できる車両

原付特約に加入できる原付は以下の車両です。借用中の原付も対象になります。

  • 125t以下のバイク(いわゆる原付)
  • 50t以下の3輪以上の自動車(側車付きのものを含む、キャタピラ・そり付きのものは除く)

街中でよく見かけるスクーターや小型のバイクの他、4輪のミニカーも原付特約に加入することができます。しかし排気量125tを超える250tの中型バイクなどは原付特約の対象ではありません。

原付特約の補償対象

  • 自動車保険の記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または記名被保険者の配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または記名被保険者の配偶者の別居の未婚の子ども
  • 未婚とは婚姻歴がないことをいいます。

原付特約には、自動車保険の運転者限定特約・年齢条件特約は適用されませんので、運転者の年齢は問いません。

たとえば地方で下宿している大学生の子ども(未婚)が原付を運転中に起こした事故も補償の対象になります。

原付特約の補償範囲

原付特約の補償範囲は、基本的に本契約をしている自動車保険と同様、

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 自損事故保険

の3つになります。
補償額も自動車保険で契約している保険金額を限度に支払われます。借用中の原付も対象です。

たとえば契約している自動車保険で対人・対物賠償保険の保険金額を無制限にしていれば原付特約でも無制限の補償を受けることができます。

原付特約の補償範囲

ファミリーバイク特約(原付特約)のメリット

ファミリーバイク特約(原付特約)のメリット

ファミリーバイク特約にはさまざまな特徴がありますが、任意のバイク保険と比較して以下のようなメリットがあります。

年間保険料が単体のバイク保険に加入するより安くなることが多い
ファミリーバイク特約は自動車保険に付帯する特約のため、1年間の保険料は任意のバイク保険よりも割安になることが多いです。

原付が何台でも補償対象に(125cc以下)
任意のバイク保険の補償対象は契約するバイク1台だけですが、ファミリーバイク特約はバイク車両を補償対象としているものではありません。

125t以下の原付であれば何台でも補償対象となります。

複数の原付を所有している場合、原付1台ごと、単体で任意のバイク保険に加入するよりも保険料を抑えることができます。

借りたバイクで事故を起こしても補償される(125cc以下)
任意のバイク保険では、補償の対象となるのは契約しているバイク車両が起こした事故のみです。
一方ファミリーバイク特約は、契約者とその家族が原付に乗っていて起こした事故に対しての補償です。

そのため一人暮らしをしている未婚の子どもが友達の原付を借りて事故を起こした場合など、他人の原付でもファミリーバイク特約の補償対象となり保険金が支払われます。

ファミリーバイク特約には年齢条件がない
任意のバイク保険では被保険者の年齢条件によって保険料が変わります。しかし、主契約である自動車保険に年齢制限を付していても、ファミリーバイク特約には自動車保険の年齢条件特約は適用されません。

たとえば主契約である自動車保険の年齢条件特約が「30歳以上補償」だとしても、ファミリーバイク特約は17歳の子どもの原付による事故を補償します。

ファミリーバイク特約を使っても自動車保険の等級に影響しない
バイクで事故を起こし、ファミリーバイク特約を使っても主契約の自動車保険の等級は下がりません。つまり原付で事故を起こして補償を受けても、翌年度の保険料に影響がないということです。

ファミリーバイク特約(原付特約)の注意点

ファミリーバイク特約(原付特約)の注意点

このようにメリットの多いファミリーバイク特約ですが、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

125cc以下のバイクに限定される
排気量に制限があります。ファミリーバイク特約は「原動機付自転車」であることが補償条件です。将来的に250cc超クラスのバイクに乗り換える予定がある場合はバイクの任意保険とも比較してみるのがよいでしょう。

補償範囲が限定されている
ファミリーバイク特約の場合は、搭乗者傷害保険が補償対象ではないことも注意したいところです。また、原付自体に生じた損害は補償の対象になりません。
バイク事故に備えて手厚い補償をのぞむ場合は任意のバイク保険を検討しましょう。

ロードサービスが使用できない
自動車保険やバイク保険を選ぶ際に重要な要素になるのがロードサービスのサービス内容です。ロードサービスが充実している保険会社と契約していれば、事故や故障にあった場合も安心して事故に対応することができます。
しかし自動車保険の主契約である自動車による事故でロードサービスの利用はできますが、ファミリーバイク特約ではロードサービスを利用することはできません。

等級による割引がない
任意のバイク保険はノンフリート等級が適用されています。このため無事故でいると等級に応じて割引率が高くなりますが、事故を起こし保険金を受け取ると、翌年度の等級が下がり保険料が高くなってしまいます。
しかし、ファミリーバイク特約は主契約である自動車保険の特約です。保険金を受け取っても等級に関係ないというメリットの裏返しで、原付の無事故を続けても等級による割引がありません。

ファミリーバイク特約(原付特約)も選択肢に

ファミリーバイク特約(原付特約)も選択肢に

自動車の任意保険の特約であるファミリーバイク特約についてお話ししてきました。

未成年の子どもが原付免許を取得したなどという場合には、加入している自動車保険とほぼ同等の補償をしてもらえるファミリーバイク特約がおすすめです。

ただし、これから長くバイクを利用する予定であれば、等級が適用される任意のバイク保険とどちらがよいか、保険会社に相談してみるとよいでしょう。

最後に、バイクを所有されている方は、チューリッヒのバイク保険をぜひご検討ください。
万が一のバイクの事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険、バイク保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険、バイク保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190621-8

「バイク・原付」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

公式SNS


TAGS

TAGS

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大10,000

バイク保険 お見積り