閉じる

慣れないレンタカーで事故に注意して運転するコツ

竹岡圭の” やさしい ”ドライビング入門

レンタカーを運転するときは、やっぱり緊張しますよね。普段乗っているクルマとはスイッチ類などの位置が違ったり、大きさが違ったり、目線の高さが違ったりetc。何かと勝手が違うものです。また、クルマは所有してないけれど、たまにレンタカーを借りて乗るという方は、運転自体に不慣れな方も多いと思います。緊張しすぎも、気が抜けすぎも事故につながり危険です。レンタカーでの事故を未然に防ぐために、適度な緊張感とゆとりをもって運転するように心がけたいものです。

レンタカーを運転するときのコツ【車両・テクニック要因】

レンタカーを運転するときのコツ【車両・テクニック要因】

事前にドライブの練習

数人でお出かけする場合は、最初は助手席で運転感覚を取り戻すのも手です。自分が運転している感覚で、助手席で目を慣らし、ブレーキを踏むタイミングはココ、ウインカーを出すタイミングはココ、ハンドルを切り始める位置はココなどといった感じで、徐々に運転感覚を思い出すようにすると焦らずにすみます。

運転する前に確認したい事柄

運転する前に確認したい事柄

ミラーの位置を合わせる

ドライビングポジションを合わせる最後の項目として、ミラーの調整があります。左右の角度は、クルマのボディがホンの少し映る程度に、上下の角度は6割が道路を映すように調整するのが、いちばん感覚がつかみやすく多くの情報が得られる位置になります。

カーナビ

スタート前に行き先を設定しておきましょう。緊張していると、普段慣れている道でもウッカリ…なんていうことがあるかもしれません。カーナビをセットしておけば道を間違えてもリルートしてくれますし、また渋滞時に別のルートを提案してくれたり、到着予測時間なども出してくれるなど、何かと便利です。

電話の手ぶら機能

不慣れなクルマを運転するときは、クルマに電話の手ぶら機能がついていても使用しないことをオススメします。どうしてもという場合は、少なくとも歩行者の飛び出しの心配という項目がひとつ減る高速道路などを選ぶのも手ですが、高速道路は文字通り速度域が高いので、より素早い判断と行動が求められます。
手で持っていなくても、頭が電話のほうにいってしまうので、どうしても運転がおろそかになりがち。特にクルマの外部からの情報を取得しにくくなったり、判断に時間がかかったりします。クルマの運転は瞬時に情報を解析し判断することが求められるので、電話はドライブモードなどに設定しておいて、一旦停まってかけなおすようにしましょう。

アクセルとブレーキの踏み具合など

アクセルとブレーキの踏み具合など

ドライビングポジションを取るときにペダルを踏んで合わせていると思いますが、エンジンを掛けるとブレーキペダルはさらに奥にまで踏み込めるようになります。エンジンを掛けた後に、もう一度踏みごたえをチェックしつつ、ドライビングポジションを見直すようにしましょう。アクセルペダルはエンジンをかける前に、踏みごたえをチェックしておきましょう。

観光先で慣れない道を運転するときの注意点【環境要因】

観光先で慣れない道を運転するときの注意点【環境要因】

長時間運転

多くの情報を得ながら、瞬時に判断して行動しているのがクルマの運転です。長時間の連続運転はどうしたって疲労度が高まってきます。疲労度が増してくると、情報収集力も判断力も当然落ちてきますので、少なくても2時間を目安に一度休憩を取りましょう。慣れないうちは1時間とか1時間半ごとに休憩を入れるのも手です。疲れたなと思ったら迷わず休憩しましょう。

長時間運転

山道の運転

カーブが連続し、またアップダウンもある山道は、慣れないと運転するのが難しいですよね。山道の走り方のコツは目線の配り方です。カーブの入り口ではカーブの頂点を見て、カーブの頂点ではカーブの出口を見るといった具合に、先へ先へと目を配ります。また車線をはみ出さない程度に、なるべくハンドルを切らなくてもいいライン取りをすると、走りやすいです。

なるべくハンドルを切らなくてもいいラインの探し方は、カーブの出口に至ったときにとりたい位置からカーブの頂点の位置、カーブの頂点の位置からカーブの入り口の位置といったように、逆を辿っていくというのがセオリーです。

でも初めて通る山道でいきなりそんなことはできないので、右カーブなら左側から、左カーブなら右側からカーブに入ってカーブの頂点を目指してなるべくハンドルを切る角度が少なくなるようなラインを探してください。そして早めかつスムーズにハンドルを戻せる位置を出口と見定めてカーブを抜けてみましょう。

大切なことは、カーブに入る前に少しでも真っ直ぐな位置でブレーキをかけて安全に安心して曲がれる速度に調整をしておくことです。

山道の運転

ガソリン

ガス欠の心配をしながら走ると、どうしたって気持ちが焦ります。「あまり入れると重たくなるから…」と言う方もいらっしゃいますが、最近はガソリンスタンドの数も減ってきています。心配になるちょっと手前でコマメに給油しておきましょう。突然の渋滞などでも、気持ちの余裕が違いますよ。

※ 本記事は著者個人の見解・意見によるものです。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190221-1

「竹岡圭」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り