閉じる

SUVはなぜ人気?人気の理由とおすすめSUV車

モータージャーナリスト竹岡圭の“やさしい”ドライビング入門

世界中でSUVは大人気。日本でもSUVはブームと言われて久しいです。
これくらい人気が続くとブームというより、もはや定番になったと言ってもいいでしょう。

人気がある、人気が続いているということで、SUVはサイズ的にもデザイン的にも、スタイリッシュでオシャレなものから、ワイルド系のかっこいいものまで揃っています。

また、これまではSUVを手掛けるとは想像できなかったスーパーカーブランドや、超ハイクオリティなプレミアムブランドからも、SUVがリリースされています。

これだけ選択肢が広がると選ぶのも楽しいですし、自分にピッタリな一台というのも見つけられそうです。

SUVとは?

SUVは多様性があり、多目的に使えるスポーティな車

SUVとは、「スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル」と捉えられるのが一般的です。しかし「スペース・ユーティリティ・ヴィークル」、あるいはMPV「マルチ・パーパス・ヴィークル」などと呼ばれていた時代もありました。

いまでもメーカーによっては、SAV「スポーツ・アクティビティ・ヴィークル」という呼び方をしているところもあります。

細かい捉え方についてはいろいろあるようですが、多様性があり、多目的に使える、スポーティなクルマというのが定義と思ってもらえれば間違いはないでしょう。

幅広いラインナップのSUV

多様性、多目的に使えるということに、「場所や道を選ばない」という特徴が入ります。つまりオフロードも入るというわけです。

いまのSUVの前身は、RV「レクリエーショナル・ヴィークル」です。
そのハードなものが、クロスカントリー4WD、略してクロカン四駆などと呼ばれていたクルマになります。

したがって一見、最低地上高が高めでオフロードでも走れそうなクルマが、SUVというジャンルに入るとイメージしてください。なぜならSUVと一言で言っても、ラダーフレームを持つ本格的なオフロードカーから、クーペのデザインや性能を融合したようなクロスオーバーSUVまで、さまざまな種類があるので、定義づけが難しいからです。

サイズ的にも全長3,750mmから4,200mmまでのBセグメントのコンパクトカーをベースにした小さなものから、ピックアップトラックをベースにした大きなものまで、本当に幅広いラインナップがあります。

SUVが人気なのはなぜ?

ひとり1台、クルマがないと生活ができないという状況は別にして、現在の日本でクルマを使うシーンを考えてみましょう。

クルマを主に使うのは休日。平日は買い物やお子さんの送り迎えに使うという感じのライフスタイルをイメージしてください。

休日ですから、お仕事で普段使っている会社のクルマとは違う雰囲気のものを選びたくなるでしょう。出かける先は観光地やアウトドアに向かってのロングドライブ、またはちょっと遠くのアウトレットモールや大型ショッピングセンターなどのシーンが浮かんできます。

となると…。長時間クルマで過ごすので開放感のある室内空間、渋滞時にイライラしにくい視界のよさ。
アウトドアならキャンプ場など路面が凸凹しているところでも、心配なく入っていけるような多用途性が求められることでしょう。

これらを持ち合わせたクルマとなると、SUVが候補に挙がるというわけなのです。

このようなライフシーンからもSUV人気が高まり、デザイン的にも機能的にも優れたものがたくさんリリースされ、さらに人気が高まっているという好循環が、現在の図式になるかと思います。

そして

  • 女性が運転する場合にはサイズの小さいものが便利
  • 長距離ドライブに行くならば、やはり燃費の良さが必要
  • アウトドアは滅多にいかないから、やっぱりスタイリング的にカッコイイ方がいい

など、さまざまなニーズに対応するものが各メーカーから出てきたというわけです。

さらに

  • 車高の高いものが多いため、着席したときの頭上と天井との間にある空間(ヘッドクリアランス)が広く、ヒップポイントが高いから遠くまで見渡せる
  • 最低地上高が高いため、多少荒れた路面でも気にせず走れる。

このような点もSUVが多く求められる理由になっています。

結果、一般社団法人日本自動車販売協会連合会の販売データを見ても、50車種中14車種がSUV。
輸入車についてもJAIA 日本自動車輸入組合のデータによると、20車種中4車種がSUVです。

ちなみに2019年上半期(1〜6月)の外国メーカー車モデル別新車販売台数ランキングトップのBMW MINIの中でも、最新の情報ではMINIクロスオーバーが第1位となっています。

さて、話は少し変わりまして、世界でのSUV人気の背景には、新興国の台頭が挙げられると思います。新興国ではまだまだ道路整備が進んでいないところも多いため、最低地上高が高いクルマの方が運転しやすいという状況が存在します。

クルマを持つこと自体がステイタスという国もあります。そういう国では、最低地上高が高く、また車高も高いSUVが打ってつけというわけです。

また、スーパーカーや超プレミアムブランドからもSUVがリリースされていることの理由のひとつとして、海外の超富裕層からのニーズというのも挙げられています。

SUV車の選び方

例えば、クルマの利用が平日はママ、休日はパパという場合、平日ママの利用頻度が高いわけですから、お買い物に行くのに億劫になる、あまりにも大きなサイズのものや、小回りがきかない車種は避けた方が無難だと思います。

ただし運転にはある程度、自信があるというママさんだったら、その心配も無用かもしれません。
というのも、アイポイントが高いため視界がよく、また四角いボディのものが多いのでボディの感覚もつかみやすいものが多いからです。

そして、街乗りがほとんどなら、あえて4WDを選択しなくても問題はないかもしれません。
確かにゲリラ豪雨のような大雨の場合などは4WDの方が安定感は高いし、アウトドアシーンでも威力を発揮してくれます。

そして、燃費についても2WDとの差が縮まって、昔ほど悪くはなくなっています。

4WDのほうが価格が高い傾向にあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

小さいお子さんや高齢者は乗降性に注意

選ぶ際に、気を付けたいのが小さな赤ちゃんのいるご家庭です。

SUVは最低地上高が高いので、当然フロア高も高くなります。高い位置に設置したチャイルドシートだと、赤ちゃんの乗せ降ろしは結構大変です。

子どもはどんどん成長するので、しばらくの間だけとはいえ、毎日ともなると大変なので、シミュレーションしてからの購入判断をオススメします。
同じ理由で年配の方を乗せることが多いご家庭も、しっかり検討してくださいね。

荷物が多い方は荷室容量のチェック

荷物をたくさん積みたいという方には、ツーリングワゴンやミニバンの方が適している場合もあります。

SUVは全長が短めのものが多いので、荷物はツーリングワゴンの方がたくさん積めます。
荷物をたくさん積んで移動することが多いという方には、ツーリングワゴンとのクロスオーバーSUVが適しているかもしれません。

よく使う駐車場もチェック

立体駐車場だと高さ制限で引っかかることもあります。
ご自宅の駐車場はもちろんですが、よくお出かけする場所の駐車場事情もしっかり把握しておくと、後々困ったことにならずに済みます。

まとめ

「クルマの購入動機は見た目が8割以上」というのが私の持論です。ピピッと来たクルマを選ぶのがイチバンだとは思いますが、SUVを選ぶ際には2つのポイントに気を付けて選んでください。

  • 駐車場問題
    お出かけ先で困ることもありますから、自分のクルマの使い方、ライフスタイルをもう一度見直して選びましょう
  • 乗降性
    よじ登るような感じがするようなフロアの高いSUVを選んでしまうと、乗り降りが多い場合や、小さなお子様や年配の方がいる場合は負担が大きいでしょう。

クルマ選びをひとつのイベントにして、乗る人全員でディーラーに選びに行くと間違いないと思います。

いまは、デザイン的にもサイズ的にも、たくさんのSUVが揃っていますので、きっとお気に入りの1台が見つかるはず。楽しいクルマ選びをしてくださいね。

※記載の情報は、2019年11月時点の内容です。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD191128-1

「竹岡圭」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り