閉じる

セダンとは。人気の車種やおすすめの理由。スポーツセダンとは?

モータージャーナリスト竹岡圭の“やさしい”ドライビング入門

クラシカル、懐かしい、昔の車など、人によっていろいろなイメージを持たれるセダンですが、乗用車の基本となるスタイルです。車の基本形であり、ボディをしっかり作りこめるために、運動性能が高いのも特徴です。

冠婚葬祭、ビジネスなどの公的場面にもふさわしい、コンサバティブなイメージですが、最近はスポーティでスタイリッシュな車種も増えてきました。

本記事では、セダンとはどのような車かご説明します(2020年3月執筆現在)。

セダンとは

セダンは言わば車の基本形のスタイルです。

エンジンルームと、乗員が乗る室内と、荷物を積むラゲッジスペースが、壁面やシートの背もたれによって完全に独立しています。

つまりスペースが3つに分かれた、3BOXという形状の車をセダンと呼びます。

室内の快適性、荷室の実用性を兼ね備えたセダンですが、日産スカイラインなどのように、加速などのスピード性能の強化と高級感ある外内装を両立したスポーツセダンもあります。

実はデザインが多様化するにつれて、ボディタイプの名称の細かな明確な区分けは難しく、メーカーの呼び名に従っているのが現状です。

セダンの特徴

セダンは荷室が分かれている点が最大の特徴です。

荷室に匂いのあるものや、濡れたものなど、人が乗るスペースには積みたくないものも、きちんと分けて積めるという利点があります。

また、荷室がきちんと分かれているということは、そこに壁、区切りがありますので、ボディ剛性が高くなり運動性能が上がります。

一方で後部座席の背もたれが倒せるトランクスルー機構を持っていなければ、細長い荷物を積めないなどのデメリットがあります。

クーペとの違いは?

クーペはルーフを長く伸ばして、セダンで言うところのトランクの後端近くまで斜めになだらかな傾斜になっています。

セダンは横から見ると四角形、クーペは流れるような曲線です。

クーペはデザイン的にも運動性能的にも、セダンよりもスポーティでスタイリッシュなのが特徴です。スタイルを重視していることもあり、積載量は多くありません。

また室内空間は4ドアセダンよりも狭いため、後部座席は狭さを感じるでしょう。

人気のセダンはどのような車種?(2019年上半期)

フォーマルなスタイルで幅広いシーンで活用できるセダンで、売れている車種をいくつかご紹介します。

プリウス

セダンに分類されているようですが、厳密にはハッチバックです。

1997年に「21世紀に間に合いました」のキャッチコピーで登場したプリウスは、世界で初めて量産化されたハイブリッドカーです。

車両重量が増すので運動性能面では不利といわれるハイブリッドカーですが、現行モデルは4代目となり、運動性能もあがっています。

また外部から充電できる、プラグインハイブリッドモデルもあります。

カローラ

昔ながらの年配者向けモデルというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、このサイズのセダンやワゴンのラインアップが少なくなったため、逆に貴重なモデルとなっています。

ベーシックなモデルではありますが、特に現行モデル(2020年3月執筆現在)は、久しぶりにカローラのハッチバックモデル(カローラスポーツ)が復活し、運動性能にこだわったモデルとなっているのがポイントです。

カローラを知らない若い世代も注目している1台となっています。

インプレッサ

インプレッサスポーツというハッチバックと、インプレッサG4というセダンの2本立てです。

セダンのG4はやや上級な位置づけとともに、やはり運動性能の高さをアピールしています。

水平対向エンジンを搭載した重心の低さが特徴、驚くほどにスポーティに仕上げられています。

セダンを選ぶときのポイント

ベーシックなモデルなので、小型から大型までさまざまなサイズが揃います。

小型のものはスポーティでアグレッシブな躍動感を押し出したものや、上級モデルでは落ち着いた外観や内装、豪華装備のものが多くなります。

クラシックでフォーマルな場面でも使われるセダンは、上手に選ばないと、社用車のようなイメージや、身分不相応、年齢不相応なイメージにもなりがちです。

その一方で、ベーシックなセダンは乗車時の快適性、静粛性などの点で優れていることは間違いありません。

高級車の多いセダンですが、中古になればリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。

利用するシーン、ご自身の年齢などを踏まえたうえで、欲しい装備を備えた車をチョイスするとふさわしい車が見つかるはずです。

※記載の情報は、2020年3月時点の内容です。
※本記事は著者個人の見解・意見によるものです。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD200402-3

「竹岡圭」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り