自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

車の1ナンバーの条件。税金(自動車税・重量税)や車検・保険などの維持費は?

車の1ナンバーの条件。税金(自動車税・重量税)や車検・保険などの維持費は?

1ナンバー車は大型の車種につけられるナンバーで、自動車税などの維持費が3ナンバー車に比べて安いともいわれています。1ナンバーの条件や税金、維持費の違い、メリット・デメリットをご説明します。

1ナンバーの特徴とは

1ナンバーの特徴とは

1ナンバーは主に荷物を載せるために利用される自動車です。一般的に大型トラックなど貨物用の普通車(普通貨物自動車)が該当しますが、大型SUVなどでも1ナンバーがつけられている場合があります。

ナンバープレートの数字の意味とは

車のナンバープレートの右上には3桁の数字があります。これを分類番号といい、自動車の車種、用途により区分するための数字です。よく「1ナンバー車」や「3ナンバー車」などといいますが、分類番号の最初の数字で自動車の種別や用途が判断できるようになっています。

車の分類番号と車種
1ナンバー 100番台 大型トラックなど普通貨物自動車
2ナンバー 200番台 バスなどの普通乗合自動車
3ナンバー 300番台 普通乗用自動車
4ナンバー 400番台 軽トラックなど小型貨物自動車
5ナンバー 500番台 小型乗用自動車および小型乗合自動車
6ナンバー 600番台 小型貨物自動車。4ナンバーが埋まるまで使用されない
7ナンバー 700番台 小型乗用自動車および小型乗合自動車。5ナンバーが埋まるまで使用されない
8ナンバー 800番台 パトカー、消防車、救急車などの特殊用途自動車
9ナンバー 900番台 大型の特殊自動車(建設機械を除く)
0ナンバー 000番台 クレーン車など建設機械である大型特殊自動車

1ナンバーに分類される車の条件

1ナンバーに分類される「大型トラックなどの普通貨物自動車」とは、どのような条件の車のことなのでしょうか。

1ナンバー車の条件は以下になります。

  • 車両が「長さ4.70m、幅1.70m、高さ2.00m、排気量2,000cc」を超えること
  • 荷物を載せるスペースの床面積が1u以上あること
  • 座席部分より荷物を載せるスペースが広いこと
  • 乗車定員の重量が荷物の積載可能重量よりも軽いこと(乗員一人55sとして計算)
  • 荷物の積卸口は縦横80p以上あること(トラックを除く)
  • 荷物を載せるスペースと人が乗る席の間に壁や保護仕切りがあること
  • 荷物を載せるスペースと人が乗るスペースを移動できないこと

出典:国土交通省「自動車の用途等区分について」より作成

1ナンバー車は普通免許で運転できる?

1ナンバー車は普通自動車と貨物自動車の条件を兼ね備えた普通貨物自動車に分類されるナンバーなので、同じ1ナンバー車でも車両総重量や最大積載量、乗車定員などによっては、準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許を取得していなければ運転できません。

では普通自動車免許で1ナンバー車は運転できるのでしょうか。

普通自動車免許で運転できる自動車の条件を確認しましょう。
次の表の条件をすべて満たした1ナンバー車であれば、普通自動車免許で運転することができます。

2017年3月12日以降に普通自動車免許を取得した場合
車両総重量 最大積載量 乗員定員
3.5トン未満 2.0トン未満 10名以下
2007年6月2日〜2017年3月11日の間に普通自動車免許を取得した場合
車両総重量 最大積載量 乗員定員
5.0トン未満 3.0トン未満 10名以下

出典:警視庁 準中型自動車・準中型免許の新設について

上記の表でわかる通り、2017年3月の免許制度の改正により免許を取得した時期により普通自動車免許で運転できる車の範囲が異なることに注意してください。

1ナンバーの維持費は3ナンバーに比べて安い?

1ナンバーの維持費は3ナンバーに比べて安い?

1ナンバーは3ナンバーよりも自動車税や自動車重量税が軽減されるため、維持費が安くなるというメリットがあると言えます。

自動車税

まずは自動車税について見ていきましょう。1ナンバーの自家用トラックと3ナンバーの自家用乗用車の自動車税を比較してみましょう。

普通貨物自動車に分類される1ナンバー車の自動車税は最大積載量によって決まります。

1ナンバートラック(自家用)の自動車税額(乗車定員3人以下)<年額>

最大積載量 自動車税(自家用)
1t以下 8,000円
1t超2t以下 11,500円
2t超3t以下 16,000円
3t超4t以下 20,500円
4t超5t以下 25,500円
5t超6t以下 30,000円
6t超7t以下 35,000円
7t超8t以下 40,500円

※8t超は1tごとに6,300円が加算されます。

対して3ナンバー車や5ナンバー車など普通乗用車の自動車税は総排気量によって決まります。

3ナンバー乗用車(自家用)の自動車税 <年額>

総排気量 自動車税 (2019年9月30日以前に登録した車)
1L以下 25,000円 (29,500円)
1L超1.5L以下 30,500円 (34,500円)
1.5L超2L以下 36,000円 (39,500円)
2L超2.5L以下 43,500円 (45,000円)
2.5L超3L以下 50,000円 (51,000円)
3L超3.5L以下 57,000円 (58,000円)
3.5L超4L以下 65,500円 (66,500円)
4.L超4.5L以下 75,500円 (76,500円)
4.5L超6L以下 87,000円 (88,000円)
6L超 110,000円(111,000円)

出典:東京都 自動車税種別割
2023年4月現在

1ナンバーの自家用トラックと3ナンバーの自家用乗用車では自動車税の基準が違うので単純比較はできませんが、一見して1ナンバー車のほうが税負担が軽いことがわかります。

自動車重量税

では自動車重量税ではどうでしょうか。1ナンバーの自家用トラックと3ナンバーの自家用乗用車の重量税を比較してみましょう。

1ナンバーの自家用トラックの自動車重量税

車両総重量 車齢13年未満
1t以下 3,300円/年
〜2t 6,600円/年
〜2.5t 9,900円/年
〜3t 12,300円/年
〜4t 16,400円/年
〜5t 20,500円/年
〜6t 24,600円/年
〜7t 28,700円/年
〜8t 32,800円/年

3ナンバーの自家用乗用車の重量税

車両重量 車齢13年未満
車両重量 車齢13年未満
0.5t以下 4,100/年
〜1t 8,200円/年
〜1.5t 12,300円/年
〜2t 16,400円/年
〜2.5t 20,500円/年
〜3t 24,600円/年

出典:国土交通省 2023年5月1日からの自動車重量税の税額表

1ナンバーの自家用トラックと3ナンバーの自家用乗用車の重量税を単純に比較すると
1ナンバー自家用トラック1t以下…3,300円/年
3ナンバー自家用乗用車0.5t超1t以下…8,200円/年
となり、重量税の面でも1ナンバーの自家用トラックのほうが安くなります。

車検費用

まず1ナンバー車の車検の大きな特徴としては、「車検が1年に1回」という点があげられます。

新車購入時から3年後、以後継続車検が2年ごとの3ナンバー車などに比べ、年に1回の車検が義務である1ナンバー車の負担は大きいといえます。

1ナンバー車の自賠責保険

では自賠責保険はどうでしょうか。

1ナンバー車と普通乗用車の自賠責保険料は下記になります。

車種 自賠責保険料
1ナンバー車(最大積載量2t以下) 16,900円/12ヵ月
1ナンバー車(最大積載量2t超) 18,230円/12ヵ月
3ナンバーの普通乗用車 11,500円/12ヵ月

※令和5年4月1日以降に保険の有効期間を開始した保険契約に適用されます。
※沖縄県、離島などの一部地域については、上記保険料例と異なります。
損害保険料率算出機構「自賠責保険基準料率表」をもとに表作成
※2023年4月更新

このように車検ごとに支払う自賠責保険料に関しては1ナンバー車のほうが割高になっています。

1ナンバー車の任意保険

1ナンバー車の任意保険はダイレクト型(通販型)の場合、引き受けていない保険会社もあります。引き受けている場合でも「最大積載量が0.5t以下または0.5t超2t以下のものにかぎる」などの条件があることがあります。

チューリッヒの場合、1ナンバー車、最大積載量2t以下はインターネットでお見積り、契約することが可能です。

1ナンバー車の維持費は安いがデメリットも

1ナンバー車の維持費は安いがデメリットも

1ナンバーは普通貨物自動車に分類されるナンバーです。1ナンバー車は3ナンバー車よりも自動車税、自動車重量税が安くなります。

しかし1ナンバー車は毎年車検が必要で車検に出す手間や出費も重なります。また1ナンバーは高速道路料金が3ナンバーよりも割高で、休日割引の対象外となっています。

同じ車種でも3ナンバー車を1ナンバーに変更することで、自動車税や自動車重量税を安くすることができますが、車両の構造変更が必要になり、メリットだけではありません。
ナンバー変更の際は、ドライバー自身のカーライフ全体を振り返り、よく考慮するようにしましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

A-230515-2

「ナンバープレート」の記事一覧

「ナンバープレート」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り