閉じる

車のバッテリーの交換時期はいつ?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
車のバッテリーの交換時期はいつ?

車のバッテリーは、エンジンやその他の車の設備に電力供給を行っている部品です。車検で劣化具合を確認したり、バッテリー上がりのときに交換したりした方も多いかもしれません。バッテリーは使い方によって寿命に大きく差が出てくるものであるため、注意が必要です。この記事では、バッテリーの交換時期を知る目安や交換方法をご紹介します。

バッテリーの交換時期を知る目安

バッテリーの寿命は一般的に2年~5年といわれています。ですから、車検ごとに新品へ交換すればほとんど問題は発生しません。しかし、バッテリーは6,000円前後から3万円台、高いものだと5万円代と、そのサイズと性能によって非常に価格の幅が広い商品でもあります。
車に関する費用をできるだけ抑えたい方には気になる出費ですが、交換時期をできるかぎり適切に判断し、無駄を抑えることが大切だといえます。バッテリーの交換時期は、次のようなポイントから知ることが可能です。

車の動作で確認する方法

  • ・エンジンがかかりづらい
  • ・ワイパーやパワーウィンドウ、ドアミラーの格納など、電動パーツの動作が遅くなった

バッテリー本体を目視して確認する方法

  • ・本体が膨らんでいる
  • ・端子付近に白い粉がふいている
  • ・バッテリー液が漏れている

判断しやすいのは、普段の使用状態との比較です。「なんだかいつもと違う」と感じたら、バッテリーの劣化を疑ってみるとよいでしょう。数千円で入手できるバッテリーチェッカーを用いたり、ディーラーなどで電圧をチェックしてもらったりしてください。もしこの際、バッテリー自体に問題がなかったとしても、別の部品が不良を起こしている可能性もあります。こうしたタイミングで発見することができれば、結果的に事故やトラブルを未然に防ぐことに繋がります。不安に感じたら、必ずディーラーなどに相談しましょう。

お店での交換なら楽にできる

お店での交換なら楽にできる

ディーラーやカー用品店、自動車整備工場でのバッテリー交換は、ほとんどすべての工程をプロに任せられます。特別な知識も必要ありませんし、交換後にトラブルが発生した場合でも対処してもらうことができます。そして、現在使用中のバッテリーが実際にどれだけ消耗しているのか、すぐに交換すべきかどうかなどを直接相談できることも、お店の大きなメリットです。その反面、インターネット通販などで購入するバッテリーに比べ、店頭販売の商品はやや割高になっているケースもあります。

また、作業に工賃が発生することも理解しておく必要があります。お店によっては、バッテリーを購入した場合には交換工賃が無料になる、というキャンペーンもあるようですので調べてみましょう。安いバッテリーを他で購入して持ち込みする方法もありますが、工賃を含めると結果的に割高になってしまうケースもありますので、こちらも事前に確認が必要です。

自分でバッテリー交換をすることも可能

自分でバッテリー交換をすることも可能

費用を節約したい、自分でやってみたい、という方はDIYでのバッテリー交換が可能です。ただし、正しい工程を踏まないと発火やケガの危険性がありますので、初めての方はよく調べてから行う必要があります。ここでは手順と注意事項を簡単に紹介します。

バッテリーのサイズを調べる

バッテリーにはサイズがあり、このサイズを間違えると、車に載せられない、載せられても機能しない、発火したなどの問題が発生してしまいます。ネットなどで調べるのもよい方法ですが、できることなら自分の目で現在使用中のバッテリーを確認しておきましょう。方法は次のとおりです。

  1. 1. 説明書などを参考に、バッテリーの積載位置を確認する
  2. 2. バッテリーにカバーが付いている場合はそれを外す(または緩める)
  3. 3. バッテリー本体上部に書かれているサイズをメモしたり写真に撮ったりする
  • バッテリーのサイズ表記(品番)には一定の基準があります。
  • ・一般的な国産車の場合(JIS形式):75D23R など
  • ・欧州車の場合(DIN形式):5 55-59 など
  • ・ハイブリッドカーの補機用バッテリーの場合:S34B20R など

これらサイズ内の数字やアルファベットにはそれぞれ意味がありますが、現在使用中のバッテリーと同じ表記のものを選べば、基本的には問題はありません。

バッテリーを入手する

調べたサイズをもとに、インターネットやカー用品店で正しいバッテリーを購入します。バッテリーメーカーによっては、独自のサイズ表記を行っている場合があります。その際には「75D23R相当」や「75D23R適合」などと純正サイズが併記されていますので、併せて確認しましょう。

交換する

  1. 1. バッテリーのサイズを調べたときの要領で、本体の保護カバーを外す
  2. 2. 適切な工具を使用して、バッテリーのマイナスターミナル(端子)に接続されているケーブルを外す
  3. 3. プラスターミナル(端子)に接続されているケーブルを外す
  4. 4. バッテリー本体を固定している器具があれば外す
  5. 5. バッテリーを垂直に持ち上げ、車体から下ろす
  6. 6. 新しいバッテリーを所定の位置に載せ、1〜4の手順を逆に行う

注意することは

バッテリーに関する作業は大きな危険が伴います。それはバッテリーが非常に多くの電気を蓄えていること、希硫酸という強い酸性の液体が使われていることが理由です。取り扱い方を間違えると、発火や爆発、皮膚の炎症、車の腐食などを招いてしまいます。次に挙げる項目を必ず守って作業を進めてください。

  • ・ケーブルは、必ずマイナスターミナル側から外す(順番を間違えると発火の可能性があります)
  • ・工具をバッテリー本体に置かない(プラスとマイナスを短絡させ、高熱により工具が溶ける可能性があります)
  • ・作業中はケーブルの端を布などで覆い絶縁しておく(プラス側が車のボディに触れるとショートの原因になります)
  • ・バッテリーを傾けない(希硫酸のバッテリー液が漏れる可能性があります)
  • ・身体を痛めないよう注意を払う(想像している以上に、バッテリーは重たいものです)

車の電子機器を保護した状態でバッテリー交換をするのがおすすめ

車の電子機器を保護した状態でバッテリー交換をするのがおすすめ

バッテリーは、車に使われている電子機器すべての電源供給元となっています。そのため、たとえ短い時間でもバッテリーを車から外すと、これら電子機器のメモリーがリセットされてしまいます。時計やカーステレオ、ナビゲーション、電動シートなどの設定をやり直す必要があるのです。

このような煩わしさを解消する商品に「バックアップ電源」があります。これは、数本の乾電池などで微量の電力を車に供給し、バッテリー交換作業中でも電子機器のメモリーを保護するためのものです。1,000円前後〜4,000円ほどで入手できますので、準備しておくとよいかもしれません。特に電子的な制御が多い、年式の新しい車のバッテリー交換をする際にはおすすめです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170721-2

「バッテリー上がり」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り