閉じる

バイク車検の費用や車検証。原付・250ccなど車検が必要な排気量は?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

バイク車検の費用や車検証。原付・250ccなど車検が必要な排気量は?

バイクにも自動車と同じように車検制度があるのはご存じでしょうか?バイクの車検が必要なのは車両の安全性の確保、技術基準を規定する道路運送車両法の小型二輪にあたる、排気量251cc以上のバイクです。
そこで本記事では排気量によって車検の有無が変わるバイク車検についてお話しします。

車検が必要なバイクの排気量は?どこで受ける?

車検が必要なバイクの排気量は?どこで受ける?
道路運送車両法による区分 排気量 車検の必要性
原付 125cc以下 道路運送車両法第2条の2により、自動車ではありませんので、検査を受ける必要はありません。
二輪の軽自動車(軽二輪) 125cc超〜250cc以下 道路運送車両法の規定により「検査対象外軽自動車」となっているため、検査を受ける必要はありません。
二輪の小型自動車(小型二輪) 250cc超 初回新車登録後は3年で、以後も継続して使用する場合は、2年ごとに継続検査を受ける必要があります。

排気量250cc超の二輪の小型自動車(小型二輪)だけが車検を受ける必要がありますので、車検証に記載された有効期間満了日前に、車検を済ませておかなければなりません。

排気量250cc以下の二輪は車検の対象外ですが、点検整備をしなくてよいというわけではありません。

車検はどこで受ける?

車検はどこで受ける?

法定点検を兼ねて販売店にバイクを預けて代行してもらう「ディーラー車検」と、自ら陸運局の運輸支局に持ち込んで行う「ユーザー車検」とがあります。日常の足として使わなくなってしまったバイクの場合、車検切れになっていることがあります。車検を受けて復活させたいときは、車検切れの状態で道路を自走できませんので、バンやキャリアカーに積むか、仮ナンバーを自治体から取得して自走し、販売店や陸運事務支局に持ち込む必要があります。

バイク車検の必要書類などは?

バイク車検の必要書類などは?

車検の際には、以下の書類を用意する必要があります。

1.自賠責保険証明書

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の加入は法律で義務づけられており、加入期間中でないと車検が受けられません。自賠責保険が切れた車両を運行した場合は、違反点数6点が加点され、即免許停止になるだけでなく、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処される重い罰則があります。

従って、自賠責保険の加入期間は、次回の車検期間を満たしている必要があります。車検日当日に加入することも可能です。

バイクのナンバープレートには、車検標章(車検シール)を貼ることになっています。現在バイクを持っている方は、愛車のナンバープレートを見てみましょう。

2. 軽自動車税納税証明書

毎年支払う自動車税の領収書が「軽自動車税納税証明書」となっており、これが車検の際に必要です。コンビニで支払っている場合は、領収印が押されていることを確認しましょう。振込やクレジットカード払いの場合は、証明書がハガキで届いているので、用意しましょう。

なくしてしまった場合、市区町村役場の税務を扱う部署(納税課・課税課など、自治体によって名称が異なります)で証明書を再発行してもらえます。

3.自動車検査証(車検証)

車検証は、所有者や使用者の公証をしたり、検査時点で車両が自動車保安基準に適合していたことを証明する公文書で、車両に備えつけることが義務づけられています。バイクでは、シート下の物入れに入れられていることが多いようです。

4. 点検整備記録簿(整備手帳)

新車で購入した場合には「メンテナンスノート」として付属してくるもので、12ヵ月点検や24ヵ月点検の内容を記入したものです。

5.印鑑

かつて印鑑は必須でしたが、国土交通省の通達により、「(継続検査申請書)の氏名欄に自筆の署名をした場合には、印鑑は不要」という扱いになりました。しかし、販売店などが車検を代行する場合には、氏名欄が印字されていることが多く、その場合は印鑑の押印が必要になるので、持参したほうがよいでしょう。印鑑証明を取った実印である必要はなく、認印(いわゆる三文判)で間に合います。

車検の検査項目は?

車検の検査項目は?

運輸支局、検査登録事務所の検査ラインで行います。

  • 外観検査による車検証との相違がないかの点検
  • 灯火類や反射板の点検

検査ラインでは

  • スピードメーター・ブレーキの機能検査
  • テスターを使った排気ガスやヘッドライトの光軸検査

が内容です。

合格すれば登録期間が延長された新しい車検証が発行され、不合格の点が出た場合は、整備し直して検査を受け直すことになります。

バイクの車検費用はどれくらいかかる?

バイクの車検費用はどれくらいかかる?

バイクの車検費用は販売店に依頼するディーラー車検と、自ら運輸支局、検査登録事務所に持ち込んで行うユーザー車検では費用が異なります。ディーラーに依頼する場合は、バイク車検にかかる最低限の法定費用に加えて、整備費用、部品代、代行手数料などがかかります。

ディーラー車検の場合は業者や整備内容によって費用が変わってきますので、ここではバイク車検にかかる法定費用をご紹介します。

重量税
  • 初度登録より13年未満の場合は3,800円
  • 初度登録より13年超〜18年未満の場合は4,600円
  • 初度登録より18年超の場合は5,000円
自賠責保険

初度登録の場合

  • 37ヵ月…14,950円

継続検査の場合

  • 24ヵ月…11,520円(車検残存期間あり)
  • 25ヵ月…11,780円(車検残存期間なし)
印紙代
  • 基準適合性審査の印紙代 1,300円
  • 自動車検査手数料の印紙代 400円
  • 用紙の印紙代は50円

平成31年度現在

法定費用とは上の表のとおり、重量税、自賠責保険、印紙代のことで、重量税は年式が古くなると額が増えますが、初度登録12年までは3,800円です(平成31年3月現在)。ユーザー車検の場合は、ユーザー自らが運輸支局、検査登録事務所にバイクを持ち込んで検査することで、整備費用と車検代行費用を抑えるメリットがあります。

まとめ

まとめ

車と同じように250ccを超えるバイクについては車検を受ける必要があります。車検を受けずに公道を走ることは違法です。ナンバープレートの左上に貼っている車検標章(車検シール)を確認し、車検切れにならないように注意しましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190419-02

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒ チューリッヒ

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大3,000