閉じる

車の振動はホイールバランスやタイヤのフラットスポットが原因?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車の振動はホイールバランスやタイヤのフラットスポットが原因?

車を運転しているときに、不快な振動を感じることはありませんか。たとえば高速道路でハンドルがブルブル震えたり、スピードを上げていくときに変速のショックが大きくなったり、急にエンジンがガタガタするようになったと感じたり。
ガタガタ、ブルブル、ガタンガタン…。
振動の種類、原因はいろいろですが、強い振動がある場合は車に不具合が起きている可能性があります。ちょっとしたことで見違えるように直ることもありますが、振動は、車の注意サインのひとつです。放置すると大きな故障につながることもあります。どこに振動が出ているのかなど、振動の原因を把握すると、車の状態が少しずつ見えてきます。いくつかの例を見ていきましょう。

振動の原因で多いのがホイールバランス

振動の原因で多いのがホイールバランス

高速道路を走行中、決まった速度になると急にハンドルがブルブルと震えることはありませんか。考えられる原因の中で可能性がいちばん高そうなのは、ホイールバランスがとれていないことです。

ホイールバランスとは?

車のホイールは真円になっているように見えますが、実際にはわずかにゆがみや重量に差があります。バランスが崩れたまま乗っていると、高速で回転したときにホイールがぶれてしまい、それがハンドルに伝わってくるのです。
これを防ぐのが、重さ数グラム程度の小さなオモリ(バランスウェイト)です。ホイールをよく見ると、縁のところに鉛のようなものが付いていると思います。もし見当たらなければ、ホイールバランスがとれていない可能性が大きいので、カーショップやディーラーなどで付けてもらいましょう。

たとえばタイヤを交換した後、気持ちよく走れるなと感じたら、それは新しいタイヤになったのはもちろん、ホイールバランスが適正にとれていることも大きな要因です。時間の経過とともに、またハンドルがブルブルと震えるようになったら、その都度、専門店で見てもらいましょう。

タイヤのフラットスポットに注意

タイヤのフラットスポットに注意

フラットスポットによる振動

タイヤやホイール関係では他に、空気圧の異常やフラットスポットなども振動の原因になります。
このうち空気圧は、こまめに点検することで異常を察知することができます。また空気圧が極端に落ちているとバースト(タイヤの破裂)の原因にもなるので注意が必要です。

また、タイヤの一部が溶けてしまうフラットスポットという現象も振動の原因になります。フラットスポットは、急ブレーキや、長期間の駐車の後で発生することがあり、文字通りタイヤが溶けて変形してしまうため、低速で走っていても一定周期で振動が発生します。おかしいなと思ったら車を停めて点検してみましょう。

車が左右にふられる

タイヤ関係ではこの他、ブレーキパッドやブレーキディスクの偏摩耗も振動の原因になります。ブレーキをかけたときに何かを引きずっているような大きな音や振動がしたら、偏摩耗の疑いがあります。

また、もしブレーキをかけると同時に右や左に車がふられるようであれば、左右でブレーキの効き具合が違ってしまっている可能性も。これはブレーキの「片効き」と呼ばれる現象で、油圧ブレーキの場合はブレーキオイルの中に気泡が入ったり、ブレーキオイルが減ってしまったりしていることなどが原因になります。

ブレーキの異常は事故につながる危険性が高いので、異常を感じたらできるだけ早く点検することをおすすめします。

エンジンは振動の宝庫。パーツ交換で乗り心地を改善

エンジンは振動の宝庫。パーツ交換で乗り心地を改善

同じ車に長く乗っていると、あちこちが劣化してきます。振動は細かなパーツの劣化でも発生することがあります。たとえばエンジンマウントです。エンジンは、燃料が気筒の中で連続して爆発することによって動いています。そのため、振動の宝庫といえるでしょう。

ゴムの劣化が振動を引き起こす

善

この振動が車体に伝わらないようにするための重要なパーツが、エンジンと車体の間にあるエンジンマウントと呼ばれるゴム製のパーツです。ゴムなので当然、劣化します。エンジンマウントの劣化が進むと、アイドリングしているだけでも大きな振動を感じるようになります。加速、減速時にエンジンが前後に揺さぶられるような振動を感じたことがあるのではないでしょうか。

もっとも、劣化したからといって大きなトラブルになるものではありませんが、古い車の場合はエンジンマウントを交換すると見違えるように振動がなくなり、乗り心地の改善に大きく影響することがあります。
エンジンマウントそのものは安いものの、交換のための費用にはそれなりの工賃がかかります。お財布と相談し、交換のタイミングを見計らいましょう。

意外によくある気筒のトラブル

意外によくある気筒のトラブル

エンジンの振動が急に大きくなると同時に、車のパワーが出なくなったなと感じたら、いくつかの気筒が動いていない可能性があります。エンジンは4気筒や6気筒など複数の気筒で構成されています。
このひとつひとつの気筒が絶妙なタイミングで、燃料と空気の混合気の吸入、圧縮、燃焼・膨張、排気を繰り返すことで、エンジンはスムーズに稼働します。ひとつでも気筒が動いていないと、回転したときのバランスが悪くなって振動が発生し、おまけにパワーも出なくなります。

もっとも、1気筒が動いていなくても、全部で6気筒や8気筒などであれば、平坦な道を走っているときには「あれ?」と思う程度かもしれません。はっきりわかるのは、スピードを出したときや、坂道を登るときでしょう。

修理は、簡単に直るものから、エンジンを分解しないといけない複雑なものまでさまざまです。しかし直さなければ燃費が悪くなるうえに出力不足や、大きな振動がするという不便を抱えることになります。

危険サインを見逃さず、車と長く付き合おう

危険サインを見逃さず、車と長く付き合おう

振動の原因はこの他にもいろいろなものがあります。どんな原因にしろ、振動は不快なものです。だからこそ車メーカーは、開発の重要な指標のひとつにしています。

余計な振動や騒音は疲労の原因になります。場合によっては危険を知らせるサインかもしれません。特に、急に振動が大きくなったときは何かの兆候を示している可能性があります。そんなときは、「いつものことだから」と思わず、まずは専門店で見てもらうことをおすすめします。危険サインを見逃さず、早めの点検と修理で、愛車と長く付き合いたいものですね。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181108-1

「車のトラブル」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り