閉じる

車のダッシュボードとインパネ(インストルメントパネル)とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車のダッシュボードとインパネ(インストルメントパネル)とは?

ダッシュボードもインパネ(インストルメントパネル)も、自動車のフロントガラス下、運転席・助手席前に配置される自動車の内装品の名称です。
しかし、ダッシュボードもインパネ(インストルメントパネル)も、使う人によって用語の範囲が異なることが多いため、それぞれが何を指し示しているのか、この2つは同じものなのか違うものなのか、分かりづらい場合があるかもしれません。そこで今回は、車の内装に関する用語、ダッシュボードとインパネ(インストルメントパネル)についてご説明します。

ダッシュボードの名の由来

ダッシュボードの名の由来

ダッシュボードは英語ではdashboard、その名の語源は馬車の車体にあることをご存じですか?
馬車が道を走るとき、馬をあやつる御者が、馬がはね上げる泥や小石を避けるために、御者席の前に立てた板の名称を「ダッシュボード」といいました。

この馬車から発展した乗り物が路面電車と自動車です。写真は愛知県の博物館、明治村に保存されている日本最初の路面電車(京都市電)で、運転士が昔の御者と同じ位置で運転しているのは馬車のなごりなのです。
同じころ発明された自動車も、エンジンを馬に見立て、ボディは馬車と同じ箱形で作られており、やはり車内の一番前のパネルはダッシュボードと呼ばれていたのです。

ダッシュボードの名の由来 博物館明治村に動態保存されている京都市電。デッキの白く塗られた板が「ダッシュボード」。
この当時は馬車と電車と自動車の車体は、ほぼ同じ構成だった

自動車のダッシュボードとは?

自動車のダッシュボードとは?

愛知県のトヨタ博物館などの自動車博物館に行くと、自動車の発達の過程に関して実物を見ながら追っていくことができます。T型フォードなど1800年代の終わりから1910年代頃に活躍した自動車のボディは基本的に馬車の発展系のため、ダッシュボードの形も馬車や路面電車と同じく板状で、まだメーターはありませんでした。

自動車のボディは、1920年代になるとセダンタイプに移行し、現代的なクルマらしい形になっていきます。ダッシュボードは室内とフロントガラス下のエンジンとの隔壁となり、そこに最小限のメーターがつくようになります。さらに時代が下ると、メーターの周りに板が貼られ、パネルもデザインを考慮した形に発達していきます。

このような歴史を持つ自動車のダッシュボードとは、前席に位置する内装部全体を指しているのです。

インパネ(インストルメントパネル)とは?

インパネ(インストルメントパネル)とは?

インストルメントパネルは略して「インパネ」とも呼ばれています。英語でinstrument panelといい、運転席前面の計器盤のことを指します。元々は各メーターを取り付けた計器盤のみを示す言葉でしたが、現在では自動車メーカーや自動車内装部品メーカーも各種メーターやエアコンスイッチ、オーディオ、助手席のエアバッグまでを収めたパネル全体を指すことが一般的となっています。つまり前述の「ダッシュボード」と同義ということになります。

インパネ(インストルメントパネル)はメーターや配線のカバーとして発展

インパネ(インストルメントパネル)が現在のようなパネル全体となるまでの流れを簡単にご説明します。

自動車はメーターに加え、その進化とともにヒーター、クーラー、ラジオなどが装備されていきました。これらは最初、ダッシュボードに別々に取りつけられましたが、そのうちに、樹脂製の一体型カバーをフロントガラスの下に取りつけ、そこにメーターやスイッチ類および配線類や配電盤、エアコンの風洞やラジオを収めて、一体に見えるカバーに発展しました。これをインストルメントパネルと呼ぶようになったのです。

インストルメントパネル

現代の自動車はさらに電子化が進み、インパネ(インストルメントパネル)はさらに増えた配線類や配電盤、オーディオやカーナビを収められるようなかたちに発展しました。助手席側には古くから自動車の取扱説明書や車検証などを収めるグローブボックスと呼ばれる物入れも作りつけられていましたが、その上部には新たにSRSエアバッグを収納するようになりました。

ダッシュボードとインパネ(インストルメントパネル)が示す範囲の変化

ダッシュボードとインパネ(インストルメントパネル)が示す範囲の変化

ステアリングハンドルまわりは計器盤ユニット

ステアリングハンドルまわりは計器盤ユニット

インパネ(インストルメントパネル)のうち、ドライバーズ・シート前面のステアリングハンドル周辺には、速度計や走行距離計(オドメーター)、エンジンの回転数を示す回転計、水温計、燃料計などの計器類やフォグランプ、ABSなどのスイッチ、サイドミラーの調整パネルなどに取りつけられているウインカーレバーやワイパーレバーと合わせて、運転に必要な計器類やスイッチ類が集中していますが、インストルメントパネルはそれらの「枠」として機能しています。最近では、フロントウインドウに計器類の値を映し出して視線移動しなくても読み取れるヘッドアップ・ディスプレイや、計器類を液晶画面に置き換えたグラスコックピットがインパネ(インストルメントパネル)に内蔵されるようになりました。

ダッシュボード・インパネ(インストルメントパネル)の手入れ

ダッシュボード・インパネ(インストルメントパネル)の手入れ

基本的には、ほこりを取るための拭き掃除ですみますが、ソフトパッドは経年で加水分解を起こし、表面がべたつく場合があります。この場合、洗浄用の無水アルコールで拭き取るとべたつきが一時的に取れますが、しばらくすると再びべたつきが起こります。そうなるとインパネ(インストルメントパネル)を取り替えるしか策はありませんが、その頃には製造時から時間が経っているため部品がなかったり、取り替えにかかる費用が高額だったりするため、古いクルマとしては割に合うものではなく、そのままにしているオーナーが多いようです。

最後に

最後に

元々は馬車の泥・小石除けを意味し、自動車に取り込まれていったダッシュボード。元々はメーター類を設置するパネルを意味し、次第に増えていったスイッチ類、配線類やエアコンの風洞やラジオなどを一体収納するようになったインパネ(インストルメントパネル)。自動車の進化とともに、その両者がほぼ同義になったということがおわかりいただけたと思います。

内閣府に設置された戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)によれば、2023年に自動運転技術を確立するための取組みが始動しています。
自動運転車の実用化が進めば、車の内装の顔ともいえるダッシュボードやインパネ(インストルメントパネル)も大きなデザイン進化を遂げることになるに違いありません。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190110-1

「カー用品・パーツ」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り