閉じる

車の年式の調べ方は?「初度登録年月」とは

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車の年式の調べ方は?「初度登録年月」とは

自動車の年式というと中古車選びのときの判断基準として思い浮かぶ方が多いでしょう。基本的に中古車は年式が古いもののほうが車の価格が安くなります。年式が古いとエンジンの性能、燃費など最新の車との差がありますし、部品などの劣化も考えられ、修理費や維持費がかさむことも考えられます。
このように中古車購入時に意識されることが多い年式ですが、年式は自動車保険や税金にどのような影響を与えるのでしょうか?

本記事では、自動車の年式の調べ方、年式が保険金額、税金へ影響するかについて解説していきます。

自動車の年式とは?

自動車の年式とは?

車の年式の調べ方

年式とは車が製造されて新車として初めて運輸支局に登録された年月のことで車検証の中央上部にある「初度登録年月」という欄に記載されています。
「初度登録年月」の左横に「登録年月日/交付年月日」という欄がありますが、これは自動車検査証を発行した年月日のことですので、車検証を発行するたびに変わります。

初度登録年月については、以下の方法で確認することができます。

普通自動車の場合

初度登録年月は、自動車検査証(車検証)に記載されているので、簡単に見つけることができます。

自動車検査証(普通自動車用)

自動車検査証(普通自動車用)

軽自動車の場合

「初度検査年月」を初度登録年月として扱います。なお、車検証上に「月」の記載がないときは、初度検査年欄の「年」と「有効期間の満了する日」の欄の最上段に記載されている年月日の「月」を合わせます。

納車前など、車検証がお手元にない場合は、売買契約書などで確認することが可能です。また、中古車の場合の年式は、最初の所有者による登録(検査)年月になります。

並行輸入車の年式について

並行輸入車とは、正規ディーラーを通さずに、海外から個別で輸入された車のことです。そのため、状況によっては海外で数年間使用されていた車が日本に輸入されるケースもあります。

この場合は、海外での使用された期間によって、車が製造された年と日本で初めて登録された年にズレが出ることもあります。モデルイヤー(北米において、製品が製造された年を大まかに表すために使われる年)を確認できれば問題ないですが、並行輸入車を購入する場合など、事前にチェックしておくとよいでしょう。
なお、ごくまれに国産車でも未登録期間があった車で同様のケースが発生することもあるようです。

車の年式と車両保険の関係

車の年式と車両保険の関係

自動車保険の「車両保険」は、事故はもちろん、車の盗難、いたずらでキズをつけられたなど、車の修理代などの損害を補償する保険です。

車両保険に加入する際には、まず「車両保険金額」を決定する必要があります。
車両保険金額は自由に金額を設定するのではなく、契約する車両の年式や種類による車の時価(市場で販売されている価格)を目安に決定され、選べる範囲(例:120万〜150万円)が決められています。チューリッヒの場合は、その保険金額の範囲から5万円刻みで保険金額を選ぶことができます。これは、保険金の「支払限度額」のことです。

年式が古すぎると車両保険に加入できないこともある

車両保険の設定金額は、車の価値によって異なるため、保険会社にとって年式は重要な指標となります。通常は、年式が古いと評価額が下がり、保険の設定金額も低くなります。年式=初度登録年月によって保険料が異なるということです。
つまり、自動車保険における自動車の価値は年式が影響を与えているのです。

そのため、年式の古い車で事故を起こし修理が必要になった場合、支払われる保険金よりも修理費用の負担のほうが多いということもあります。

また中古市場で人気があって高値で取り引きされている車でも、自動車保険での自動車の価値は減価償却により年々減少します。走行距離にもよりますが、新車登録から一定年数経過していると場合によっては車両保険に加入できない場合があります。

車両保険加入の際は、年式による車の評価額を確認しておくことがポイントです。

古い年式の車は増税傾向に

古い年式の車は増税傾向に

車を所有していると維持費を含めさまざまな費用がかかります。自動車にかかる税金の負担も気になるところです。
平成26年の税制改正により、年式が影響し、増税となるのは、車を保有することにかかる「自動車税」と、車検時にかかる「自動車重量税」の2つです。これらの税金が上がるのは、地球温暖化が深刻化しているなか、排出ガスが多く地球環境への負荷が大きい車の税負担を重くし、環境負荷の小さい車には税制優遇をするためです。
具体的には、新車登録から13年以上たった古い年式の車が増税対象になりました。

一方、近年一般的にもなっている、プラグインハイブリッド車、電気自動車など、環境性能に優れた車は、エコカー減税の対象となり、自動車税、自動車重量税、自動車取得税が軽減されます。

このように古い車に対する税金の重課の割合は、年々高まる傾向にあります。年式の古い車をメンテナンスしながら大切に乗るという選択肢もありますが、年式の古い車にかかるメンテナンス費用、環境負荷の大きい車に対する重税化、車両保険に加入できない場合もあるなど、中古車選びの際にはこれまで以上に年式を意識する必要があります。

中古車は同じ年式の同じ車種でも品質や性能などの程度は同じではありません。トラブルに備えるには運輸支局または自動車検査登録事務所の窓口で新車時から現在までの登録事項の履歴(登録地、過去の所有者、登録変更や名義変更の有無など)が記載されている詳細登録事項等証明書を取得するのも有効です。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180910-1

「保険の手続き」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り