自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

運転用のサングラス。偏光サングラスや夜間での車の運転は危険?

車を運転していてまぶしいと感じるときがあります。よく晴れた日の日差しや西日、他には対向車や後続車のヘッドライトなどもまぶしく感じ、一瞬目がくらんでしまうことがあるでしょう。このように運転中に光が目に入ると、安全な運転走行にも影響を及ぼします。

運転に適したサングラスとはどのようなものかについてご説明いたします。

運転不適合のサングラスをかけるのは危険

運転時に使用できるサングラスはJIS規格で定められている

サングラスのレンズは工業製品です。そのため性能に応じた規格が定められており、製品には以下のような表示が付されています。

運転用のレンズについては、危険な事故を防止し、安全性を確保する必要があります。

そのため日本産業規格(JIS)では、運転用のレンズの濃さやカラーについて、安全性の要求事項を以下のように定めています。

  • 視感透過率8%以下のレンズは、運転用または道路での使用を目的としていないため、適さない。
  • 475〜600nmの波長域での分光透過率の最小値が、0.2×視感透過率以上(20%以上)であること。
  • 昼間の運転には、視感透過率が8%を超えていること。
  • 夜間の運転には、視感透過率が75%超えていること。
  • 運転用または道路での使用に適するために、赤、黄、緑、青の色を識別できる色調であること(信号の誤認識防止)。

視感透過率は、先の表示例にあった可視光線透過率と同じ意味として使われています。視感透過率というのは、レンズが目に見える光をどれくらい通すかの割合を表したものです。

数値が0%であれば、全く光を通していない状態を指し、数値が100%に近づくほど光を通す量が多くなります。つまり、サングラスのレンズは可視光線透過率(視感透過率)が低いほどまぶしさを多くカットすることができ、高いほどまぶしさのカットは少ないということです。

偏光機能のサングラス。運転は危険?

運転用のサングラスを探すのなら、可視光線透過率だけでなく偏光度という要素も加味して選ぶとよいでしょう。偏光度とは、太陽のギラギラした光や乱反射した光などをカットする割合のことです。

自然光は地表の条件によって光線が錯乱します。乱反射した光は、いろいろな方向から目に入射するため視界にぎらつきが生じます。運転者の目がくらんで、見えづらさの原因になるまぶしさや反射光を、より効果的にカットすることができるレンズを偏光レンズといいます。

偏光レンズのしくみ

2枚のレンズの間に、反射光をカットする偏光フィルターという特殊なフィルムを入れることで、ギラギラした光をカットし、視界をクリアに見せてくれるしくみになっています。

普通のサングラスレンズはすべての光をカットしてしまい、視界全体が暗くなり、標識や信号機などが見づらくなってしまいます。
また、視界が暗い中での運転は目を疲れさせ、集中力の低下につながりかねません。

その点、偏光レンズは反射光だけをカットし、まぶしさを軽減させながら、視界を暗くさせず、はっきり見やすい視界を確保します。偏光サングラスをかけることで、太陽の光や対向車の反射光だけでなく、路面やフロントガラスの映り込みなども消えます。

また、普通のサングラスをかけた状態で明るい道からトンネルに入ると、急に視界が暗くなり大変危険です。トンネルに入って慌ててサングラスを外せば、片手運転になって運転操作ミスも起こしやすくなります。

このような点から、視界が暗くなることなく、まぶしさを軽減できる偏光サングラスは運転を快適にするアイテムといえるでしょう。

このように昼間のまぶしさを軽減できる偏光サングラスですが、視界が暗くなってしまうものや、フレームが運転中の視界を邪魔し、周囲の安全を確認できないものを使用しての運転は危険です。眼科医や眼鏡専門店で自分にフィットするものを選ぶようにしましょう。

メガネの上からかけられる運転用サングラスもある

視力の関係でふだん度の入ったメガネをかけている方にとっては、メガネとサングラスをかけ替えるのが面倒と感じられるでしょう。また視力が安定せず、何度も度つきのサングラスを買うのはためらわれる方も多いでしょう。

今使っているメガネで視力を確保しながら簡単にまぶしさをカットできる、メガネの上からつけられるサングラスも販売されています。

夜間の運転、サングラスは違法?

夜の運転で、対向車のライトをまぶしいと感じる方もいらっしゃるでしょう。夜間サングラスをかけて運転していたとしても、法律的に罰則などがあるわけではなく、交通違反になることはありません。

しかし、対向車のライトやミラーの反射など、夜間特有のまぶしさを軽減できたとしても、サングラスをかけていることで周囲の歩行者を見逃すなど、安全な運転ができていないと判断されれば、安全運転義務違反に問われることもあります。

ナイトドライブ用のレンズも販売されていますが、ほとんどのサングラスは夜間の運転に適していません。特殊な事情がない限り、夜間のサングラス使用は控えるほうがよいでしょう。

まとめ

運転時の光のぎらつきを遮ってくれる、運転用のサングラスについてご説明してきました。

太陽光や対向車の反射光だけでなく、路面やフロントガラスの映り込みなどにより、標識や信号機が見えづらくなったり、視野が奪われたりすれば、大きな事故に繋がる恐れがあります。

良好な視界を保つことは安全運転の基本です。運転用のサングラスを購入するときは、可視光線透過率(視感透過率)や偏光度についての表記をしっかり確認し、運転に適したサングラスを選ぶ必要があるのです。

不明な点は、眼科医や眼鏡専門店に相談して購入するようにしましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2024年2月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200915-6

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り