自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

卒業検定とは。流れや内容(コースや時間・減点)。学科試験はないの?落ちたらどうする?

教習所を利用して運転免許を取得するうえで、避けては通れないのが卒業検定です。

教習所卒業前に必ず課されるため、合格しなければ卒業することができません。
教習所の卒業検定とは、具体的にどのような内容なのでしょうか。

本記事では、受験までの流れや落ちた場合など、卒業検定についてご説明します。

卒業検定とは

卒業検定とは、教習所を卒業する前に合格が必要な実技試験です。
助手席に試験官が乗り、運転の技術を採点します。

入所してから卒業検定を受けるまでの流れ

卒業検定は、教習所に入所していればいつでも受けられるわけではありません。
入所から卒業検定の受験までは、以下のように進みます。

入所から卒業検定までの流れ(普通免許の場合)

  1. 教習所に入所
  2. 教習第一段階(敷地内での技能教習・学科教習)
  3. 修了検定(運転試験)・仮免学科試験(路上に出るための仮運転免許取得)
  4. 教習第二段階(路上教習・学科教習・原付教習)
  5. 卒業検定(技能試験)※学科試験は卒業後に免許センターなどで受験

卒業検定の内容(コースと時間・減点項目)

教習所の卒業検定は、おおむね以下の内容で進みます。

卒業検定の所要時間とコース

卒業検定は、路上と場内(教習所敷地内の練習コース)の2ヵ所で行われます。
コースは教習所によって異なり、試験官の指示に従って走行します。

所要時間は路上が20分から25分、場内が5分程度です。路上と場内はどちらか一方ではなく、両方走行することになります。

なお卒業検定で走行するコースは、間違っても減点にはなりません。
しかし、焦って運転ミスをしてしまうと減点対象になります。

卒業検定の減点基準

卒業検定は100点からの減点方式で採点され、試験終了時に70点残っていれば合格となります。

どのようなときに減点されるかは基準が用意されており、具体的には以下のような行為が減点対象です。

減点項目一覧(一例)
点数 項目
5点減点 発進合図(合図しないなど)
踏切内変速
駐停車方法違反(場内)
駐車措置違反
右左折方法違反
10点減点 進路変更禁止違反(場内)
軌動敷内違反
通行帯違反
脱輪(小・場内)
ふらつき(小)
20点減点 側方間隔不保持
障害物への接触(場内・小)
路側帯進入
進路変更禁止違反(路上)
徐行違反(路上・場内)
危険行為(試験中止) 一時不停止
信号無視(赤・黄色)
後続車妨害
逆行(大)
踏切不停止
試験官補助(ブレーキ等)
指示違反
警察庁「運転免許技能試験に係る採点基準の運用の標準について」をもとに作成

卒業検定は免許試験とは異なるので注意する

卒業検定に合格したからといって、即運転免許が発行されるわけではありません。

免許の取得には、卒業検定に合格した後に免許センターなどで行われる学科試験に合格する必要があります。
卒業検定(技能)・学科の両方にパスしなければ、運転免許は取得できません。

卒業検定(技能試験)のコツ

卒業検定に落ちてしまう大きな理由の一つは、心理的な緊張です。
普段の教習だと問題なくできていた課題も、検定ではクリアできないといったケースがあります。

検定試験を受けるうえで、大切なのは過剰に緊張しないことです。
卒業検定の内容はそれまでの教習で教わった内容ばかりなので、本来の力を出し切れれば合格できます。

全く緊張しないのは難しいかもしれませんが、なるべくリラックスしていつも通りの運転をしましょう。

卒業検定に学科試験はない

卒業検定は運転技術をチェックする技能試験のみで、学科試験は存在しません。
卒業時には学科試験は課されない代わりに、卒業後の本免許試験(本免)で受験する必要があります。

つまり、卒業検定で技能を、本免で学科をそれぞれ受験します。

卒業検定の点数と合格率

卒業検定の合格率は、70%以上です。
2019年の警察庁の調べによると仮免許で80.4%、卒業検定で75.1%です。

合格点は70点のため、70点以上の方が70%以上を占めているということになります。
比較的高い合格率だといえます。

卒業検定に落ちた場合は、どのようになるのか

では、卒業検定に落ちた場合は、どのようになるのでしょうか。

もちろん、教習を延長して再び挑戦できます。
ただし全過程を修了した日から3ヵ月以内に、卒業検定を合格しなくてはなりません。

補習教習を受けて再チャレンジできる

卒業検定の結果が不合格だった場合は、一時限以上の「補習教習」を受けたうえで再チャレンジ可能です。

落ちた直後に再受験してもまた落ちてしまうかもしれないため、落ちた場合は補習教習の受講が必須となっています。

確実に合格するために、何が悪かったのか聞いてしっかり復習しましょう。

教習費用が追加になる場合がある

教習スケジュールを延長する場合、教習や検定などにかかる費用が別途かかることがあります。
一例を挙げると、追加の支払いが発生するのは以下のような項目です。

  • 補習教習の費用
  • 卒業検定の再受験費
  • 延泊費用(合宿で免許を取得する場合)

なお、教習所によっては、追加費用が発生しない「安心プラン」「保証プラン」と呼ばれるパックを用意しているところもあります。

一度で卒業検定に合格できる自信がない場合、延長分が保証されているプランの利用を検討してもよいでしょう。

検定試験には万全の備えで臨む

卒業検定は合格率が高いですが、不合格になり教習が延長になるケースも見られます。

卒業検定で問われる技術は、すべて教習所で教わることができるものばかりです。

日々の教習を大切にし、万全の備えで卒業検定に挑むようにしましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年6月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200615-1

「運転免許」の記事一覧

「運転免許」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り