自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

電動パーキングブレーキとは。しくみや凍結などの注意点

パーキングブレーキといえば、足で踏むタイプのパーキングブレーキ、バーを引くタイプのサイドブレーキを連想するのではないでしょうか。

ところが最近、これらのパーキングブレーキとは異なる「電動パーキングブレーキ」を搭載する車が増えています。

本記事では、電動ブレーキのしくみや使い方、サイドブレーキやペダル式パーキングブレーキとの違いについてご説明します。

電動パーキングブレーキとは

電動パーキングブレーキ(EPB:Electric Parking Brake)とは、電気モーターでパーキングブレーキをかける装置です。

従来のように手で引く方式のサイドブレーキや足踏み式のサイドブレーキの代わりとなるもので、一定条件のもとにオート(自動)、または指先の簡単操作でパーキングブレーキを作動したり解除したりすることが可能です。

操作方法はメーカーにより異なりますが、

  • ボタンやスイッチでパーキングブレーキのON-OFFを操作する
  • シフトレバーを「P」に入れると自動的にパーキングブレーキがかかり、シフトをDやRにしてアクセルを踏むとブレーキが自動解除される

ものもあります。

電動パーキングブレーキの作動のしくみ

従来のパーキングブレーキは、手動式のレバーとタイヤホイールの内側が金属製のワイヤーでつながれ、レバーを引くことで、ワイヤーが巻き取られ、パーキングレバーが作動します。

電動パーキングブレーキはワイヤーではなく電動、つまりモーターを用いてブレーキを利かせるしくみです。

便利な付随機能、オートブレーキホールド

すべての車種に搭載されているわけではありませんが、電動パーキングブレーキの便利な付随機能としてオートブレーキオートホールドという機能があります。

オートブレーキホールドスイッチをONにしておくと、ブレーキを踏んで停車したときにブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持することができます。

信号待ちや長い渋滞時、駐車券をとるときなどにブレーキペダルを踏み続ける必要がありません。
アクセルペダルを踏むことでブレーキを自動解除できる、とても便利な機能です。

電動パーキングブレーキのメリット・デメリット

電動パーキングブレーキのメリット

力の弱い人にも安心、確実なブレーキ力

電動パーキングブレーキは、スイッチを押すタイプであっても、力はほとんど必要ありません。

これまでのサイドブレーキは腕力の弱い人や、引き加減によってブレーキがしっかりかからないという場合がありました。

しかし、この電動パーキングブレーキはスイッチのON-OFFだけなので、ONにさえしておけばいつでも最大限のブレーキ力が発揮されます。

従来のサイドブレーキやペダル式パーキングブレーキよりも簡単に扱うことができるので、力の弱い方でも操作しやすいといえます。

操作ミスを防止できる

パーキングブレーキのかけ忘れや、発進時のパーキングブレーキの解除のし忘れを未然に防ぐことができます。

パーキングブレーキをかけたまま走り出すと、故障の原因になってしまいます。

シフトをドライブに入れたり、アクセルペダルを徐々に踏み込んだりすることで、自動的に解除されるタイプの電動パーキングブレーキであれば、それらの操作に応じて自動的に機能するため、サイドブレーキを引いたまま走行するケースを防いでくれます。

速度調整が楽に

車が前の車との車間距離を保ちながら自動走行する機能を、「アダプティブ・クルーズコントロール」といいます。

電動パーキングブレーキの機能を活用することで、このアダプティブ・クルーズコントロールが可能となる車種があります。

アクセルとフットブレーキを踏み変える頻度が少なくなるので、運転者の疲労を抑えることができます。

電動パーキングブレーキのデメリット

寒冷地で凍結するリスク

寒冷時に電動パーキングブレーキを効かせたまま長時間駐車すると、凍結によりパーキングブレーキが解除できないという現象が起きます。

この問題は、サイドブレーキやペダル式パーキングブレーキと同じく、電動パーキングブレーキにおいても起きる可能性があります。

寒冷時に駐車するときは、電動パーキングブレーキを解除し、シフトを「P」に入れた後に輪留めをしておくことで対策できます。

操作方法が統一されていない

電動パーキングブレーキは、操作方法がメーカー間で統一されているわけではありません。

メーカーや車種ごとに操作方法が異なる場合があるため、きちんとマニュアルを読み、エンジンをかける前に確認したほうがよいでしょう。

たとえば、前述した「オートブレーキホールド」はすべての電動パーキングブレーキ搭載車に設定されているとは限りません。

停車すると思い込んでブレーキペダルから足を離すと、クリープ現象により車が動き出して追突する可能性も考えられますので、事前に機能を確認する必要があります。

まとめ

電動パーキングブレーキは、パーキングブレーキのかけ忘れや操作の誤りを防ぐなど、さまざまなメリットを備えています。

その一方で、メーカーや車種によって使用方法や機能が違うため、正しく活用するための確認が不可欠です。

電動パーキングブレーキを搭載した車を運転するときは、マニュアルなどを読み、これまでのパーキングブレーキとは違う操作に慣れるよう意識するとよいでしょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年8月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200914-4

「車の最新テクノロジー」の記事一覧

「車の最新テクノロジー」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り