閉じる

車のオイル交換(エンジン)と種類

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
車のエンジンオイル交換

自動車を所有していると、どこかで一度は「オイル交換」という言葉を目にしたり耳にしたりすることがあると思います。ほとんどの場合、この「オイル」とは「エンジンオイル」のことを指しています。ここでは、エンジンオイルについて詳しくご説明します。

エンジンオイルの役目

エンジンオイルは車にとっての血液のようなものです。エンジンは心臓であり、運転中は金属部品が高速で動いています。エンジンオイルはそれらの部品が滑らかに作動するように補助をしています。また、ガソリンの燃焼などによって発生した汚れを吸着させ、一ヵ所にとどまらないように洗浄する役目もあります。それだけに、オイルが劣化したり規定容量を下回ったりすると働きが鈍り、エンジンの故障や損壊につながり危険なのです。

なぜエンジンオイルを交換しなければいけないのか

エンジンオイルは、徐々に劣化するものです。ですが、車で数分の距離を頻繁に運転したり、渋滞している道路を走ることが多かったりすると、エンジンが適切な油温下で稼働することができず、オイルの劣化は早まります。劣化したオイルは本来の性能を発揮できないため、エンジンをはじめとする車の重要部品に損傷を与えてしまう危険性が大きくなるのです。それらを防ぐためにも、適切なタイミングでオイルを交換しなければなりません。

交換の目安は

エンジンオイル交換の目安は「走行距離」と「前回のオイル交換からの経過時間」で判断するのが簡単です。距離の目安は、3,000km〜5,000km程度の走行で一度の交換。時間の目安は、半年〜1年で一度の交換が一般的です。ただし車の使われ方や走行環境、エンジンのタイプなどで交換時期は大きく変わります。まずは車の取扱説明書に書かれている交換時期を目安にしましょう。

エンジンルームには「オイルレベルゲージ」というエンジンオイルの量をチェックするものが装備されています。オレンジや黄色のつまみが付いた棒で、実際に今どれだけのオイルが入っているかなど、汚れ具合を簡易的に調べることができます。日常の点検では、このレベルゲージを使用するのもよいでしょう。

エンジンオイルの種類とは

エンジンオイルには、性能を表すいくつかの表示があります。その中でも重要なのは「粘度」と「グレード」で、車やその使い方に合ったものを選ぶことが大切です。

粘度

粘度

実際のオイルや商品画像を見てみると、「0W-20」や「5W-30」という表示が確認できます。これがエンジンオイルの粘度を表すものです。左側の「0W」などは低温時での固まりにくさを表しています。数字が小さいほどオイルは柔らかく、外気温が低いときでも性能を維持できます。右側の「20」などの数字は、高温時でのエンジンオイル性能を示しています。数字が大きくなるほど熱さに強いオイルだという意味です。

オイルは、自分の環境に合った粘度のものを選びます。街乗り中心で燃費を気にするならば5W-30クラスの低粘度オイル、スポーティな車や大型車、高速道路をよく利用される方などであれば、10W-40などの高粘度オイルといった具合です。低燃費の車種には、メーカーによってオイルが指定されている場合があります。納車時の説明や取扱説明書などで確認しておきましょう。

グレード

粘度表示の他に注目しておきたいのが、エンジンオイルのグレードです。こちらは「SN」などのアルファベットで表記されており、SJ→SL→SM→SNの順に品質が上がります。同時に「GF-5」という表示がある場合は、そのオイルが省燃費性能エンジン試験に合格した製品であることを表しています。

油の種類

エンジンオイルの成分表示にもいくつかの種類があります。「化学合成油(全合成油))」「部分合成油」「鉱物油」の3種類があり、それぞれ特徴があります。

  • ・化学合成油…劣化しにくく始動性が良い。オイル量が減りにくい。その反面、価格が高い。
  • ・部分合成油…性能と価格のバランスを取った商品。
  • ・鉱物油…価格が安い。その反面、性能面では他の2種に劣る。

エンジンオイルの交換方法

エンジンオイルの交換方法

車のエンジンオイルを交換する方法は大きく分けて2つあります。カー用品店に依頼するか、自分で行うかです。どちらの場合でも、オイルは自分で選びます。お店でおすすめの商品を教えてもらうこともできますが、できるだけ自分の車にどのような種類のオイルが合っているかを知っておくようにしましょう。

カー用品店などの業者に依頼する

最も確実なのは、カー用品店など設備や工具が揃っている業者に依頼する方法です。エンジンオイルだけでなく車の状態もあわせてチェックしてもうこともできるので、安心して任せられます。業者に依頼する場合は、エンジンオイル代に加え作業料(工賃)が発生します。

自分で交換する方法

自分でオイル交換をすると、費用を安く抑えられるというメリットがありますが、探してみると作業料がワンコインで済むお店もあります。自分で作業する大変さと比較して考えてみましょう。また、作業後に古いオイルを処分しなければならないというデメリットにも気をつけたいところです。

古いオイルを自分で処理する場合には、カー用品店やホームセンターなどで販売されている「廃油処理箱」を使用し、一般ごみとして廃棄します。ガソリンスタンドやカー用品店の中には、廃油を引き取ってくれるところもあるようです。作業を始める前に電話などで確認しておくことをおすすめします。

以下に必要なものと手順をご紹介しますので、興味のある方は試してみるのもよいでしょう。

<用意するもの>

用意する物ーソケットレンチまたはスパナ 用意する物ー廃油処理箱 用意する物ー雑巾や古いTシャツなど汚れてもよい布 用意する物ージャッキなど 用意する物ー新しいエンジンオイル 用意する物ーじょうご

<交換手順>

  1. @数分間の暖機運転をしておく
  2. Aサイドブレーキをかけ、ジャッキやスロープなどで車のフロントを浮かせる
  3. Bエンジンルームの下側に潜り込み、エンジン下部を確認する
  4. Cエンジンオイルのドレンボルト直下に廃油処理箱をセット
  5. Dドレンボルトを外す
  6. Eオイルが抜けきるまで放置
  7. F処理箱へ落ちてくるオイルがほぼ無くなってきたら、エンジン上部のキャップを少し開けて圧力を抜く
  8. Gすべてのオイルが抜けきったらドレンボルトを締める
  9. H車を地上に下ろす
  10. Iエンジン上部のキャップを外し、じょうごでオイルを注ぐ
  11. J取扱説明書に記載されている量を入れたら一旦キャップを締める
  12. Kレベルゲージで油量を確認する
  13. L数分間の暖機運転を行う
  14. M再度レベルゲージで油量確認を行う。適量でないならば、少量ずつオイルを注ぎ足す

<注意点>

・ジャッキアップポイントで車両を浮かせたままの作業は絶対にしないでください。リジッドラックと呼ばれる支柱や、作業用スロープを使用しましょう。

・ドレンボルトを手元にある工具で回せるかどうかを確認しておきましょう。一部の輸入車などは専用工具が必要となる場合があります。

・月極駐車場など自宅敷地以外で作業を行う場合、路面へのオイル染みがトラブルのもとになることがあります。エンジンの下に布やシートなどを敷き、路面へオイルが付着することを防いでください。

・ドレンボルトは車体から外した際に廃油処理箱へ落ちてしまうこともあります。焦ってすぐに手を入れると、オイルの熱でやけどの危険がありますので、箱内のオイルが冷めてから落ち着いて探しましょう。なお、ボルトにはワッシャーが付いている場合がほとんどです。完全にボルトを外してしまう前にワッシャーの有無も確認しておきましょう。

ディーゼル車のエンジンオイルを交換する場合

環境問題への関心と技術の進化が相まって、最近ではディーゼル車も増えてきました。ディーゼルエンジンは構造がガソリンエンジンと異なるため、オイルの種類そのものが違います。ディーゼルエンジンには専用のエンジンオイルが必要ですので気をつけてください。ガソリン・ディーゼル兼用のエンジンオイルも登場していますが、特にこだわりがない場合はディーゼル専用のオイルを選びましょう。

成熟したガソリンエンジンに比べ、クリーンディーゼルは最新のテクノロジーです。市販のオイルよりも、メーカーが指定するものに交換するほうが安心して乗り続けられるかもしれません。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170818-1

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り