閉じる

車のエンジンブレーキとフットブレーキの違いや使用タイミングとは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車のエンジンブレーキとフットブレーキの違いや使用タイミングとは?

「フットブレーキ」と「エンジンブレーキ」は、どちらも自動車の運転中に使用する主要なブレーキです。運転には欠かせないものですから、免許を取る際には必ず習っているはずですが、時間が経って記憶が曖昧になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、フットブレーキとエンジンブレーキについて、それぞれのしくみと役割、どんなときにどのように使うと効果的なのかをご説明します。

フットブレーキとは?

フットブレーキとは?

フットブレーキとは、車を減速させるために常用するブレーキのことです。一般的には運転席の足元、右足の前に当たる位置にあり、アクセルペダルの左側に配置されたブレーキペダルで操作します。 速度を落とすときや、停車するときに使用します。

フットブレーキのしくみ

フットブレーキの機構は車種によって異なりますが、ここでは一般的な普通自動車で採用されている「前輪:ディスクブレーキ、後輪:ドラムブレーキ」というタイプを例に挙げてご説明しましょう。

①ドラムブレーキ
車輪の軸と一緒に回転している「ドラム」と呼ばれる円筒形の部材の内側から、ブレーキシューと呼ばれる部材を押し当てて減速するブレーキです。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキフルードという液体の油圧によってシューに力が伝わり、ブレーキがかかります。重量があって速度が出ている車は、人力だけでは制動することができません。ペダルを踏んだ人間の力を何倍にも増加させるために油圧が使われています。

②ディスクブレーキ
車輪の軸と一緒に回転している「ディスク」と呼ばれる円盤形の部材を、外側からブレーキパッドと呼ばれる部材で挟み込むことによって減速するブレーキです。ドラムブレーキ同様、油圧によってペダルからパッドに力が伝わります。

フットブレーキの役割

運転時の状況に合わせて、任意のタイミングで車を減速させるために使用します。駐停車の他、アクセル・ハンドルと組み合わせての左右への旋回やスピード調整などにも使用されるため、安全運転と危機回避に欠かせない動作です。
フットブレーキはブレーキペダルを踏むとブレーキランプが点灯するため、後続車両に減速していることが伝わるのが特徴です。

このように安全運転、他の車への注意として大切なフットブレーキですが、頻繁なブレーキングが交通の流れを乱したり、長い下り坂などでフットブレーキを多用するとブレーキフルードが沸騰してしまったりすることもあります。そのためにも以下に説明するエンジンブレーキを状況によって使い分けることが大切になるのです。

エンジンブレーキとは?

エンジンブレーキとは?

エンジンブレーキとは、エンジンの抵抗を利用したブレーキのことです。ギアを入れてアクセルを踏めば車は加速します。一方アクセルを戻すとブレーキを踏まなくても徐々に減速します。この減速のことをエンジンブレーキといいます。

エンジンブレーキのしくみ

車は車体を動かすための力(動力)をエンジンから車軸に伝え、タイヤを回転させることで走行します。しかし、走行中にアクセルペダルから足を離すと、タイヤの回転力を使ってエンジンを動かしている状態になり、その負荷で減速します。このように、走行中意図的にアクセルを閉じることでエンジンブレーキを「かける」ことが可能です。
また、ギアをシフトダウンすると、エンジンブレーキが強くかかります。

フットブレーキと違い、エンジンブレーキを使用して減速してもブレーキランプが点灯しないため、後続車などには減速したことが伝わりづらいです。

エンジンブレーキの役割

フットブレーキを利用する前に車の速度を落とすことで、フットブレーキを補助するのが主な役割です。
エンジンブレーキで減速すれば、フットブレーキの使用も短時間になり、フットブレーキの消耗を軽減できます。

エンジンブレーキを活用するのに適したタイミング

エンジンブレーキを活用するのに適したタイミング

適切なエンジンブレーキの利用は、スムーズで安全な運転につながります。ここでは運転中、特にエンジンブレーキが役に立つ場面を3つご紹介します。

長い下り坂

山道などの長い下り坂では、フットブレーキの負担を減らすため、エンジンブレーキの使用が推奨されます。しかし、下り坂が急だったり、距離が非常に長かったりする場合は、普通にエンジンブレーキをかけるだけでは十分に減速しきれないことも考えられます。そのようなときは、ギアをシフトダウンしてエンジンブレーキの効果をより高めるといいでしょう。

高速道路での走行中

走行速度が上がるため、停車・減速に時間がかかる高速道路では、エンジンブレーキが大変役立ちます。フットブレーキだけを使用しているとブレーキランプが頻繁に点灯しますので、多用することで後続車の減速を誘発し渋滞を発生させる引き金になってしまうかもしれません。できるだけエンジンブレーキで減速するようにすれば、周囲に迷惑もかからずスムーズに走行できます。

一般道での信号の手前

信号の手前で「現在は赤だがもうすぐ青に変わりそう」と予測できるときは、信号に差し掛かる前にエンジンブレーキをかけてください。事前に速度を落としておくことで、信号が切り替わったタイミングに合わせて、停車することなく通行することもできるでしょう。フットブレーキを使って停止する場合と比べて、車の流れを止めることがないので円滑な走行が可能です。

このように、エンジンブレーキはさまざまな場面で有効な手段です。しかし、「これは危険だ」ととっさに判断した場合には、迷わずフットブレーキを踏んでください。まず車を停めることが最も重要だといった瞬間に迷う必要はありません。

エンジンブレーキとフットブレーキにはそれぞれ大切な役割があります。それぞれの特徴を知り、2つのブレーキを効果的に使い分けることが、安全でスムーズな運転を楽しむ大切な要素のひとつです。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180524-1

「運転テクニック」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り