閉じる

電気自動車の走行距離・燃費はどのくらい?バッテリーの寿命は?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

地球環境への配慮から、電気自動車はエコカー減税など税制でも優遇されていることもあり、販売台数は増加傾向にあります。

そこで気になるのが電気自動車の性能です。電気自動車の発売開始当初は走行距離も短く、一般で使用するのには不安がありましたが、現在どこまで進化しているのでしょうか。
本記事では電気自動車の種類、走行距離、バッテリーの寿命などについてご説明します。

電気自動車には2種類ある

一口に電気自動車といってもBEVとPHEVの2種類があります。
それぞれの特徴について説明します。

BEVとPHEVとは?

BEVとは

BEVとはBattery Electric Vehicleの略で、バッテリーの動力で動く自動車のことです。外部電力から電力をバッテリーに充電し、その電力でモーターを回転させます。通常EVといわれる電力のみで走行する電気自動車です。

BEVの特徴

  • ガソリンを一切使用しない

BEVはガソリンを一切使用せず走行するので、二酸化炭素を一切排出しません。

  • ガソリン車より経済効率が良い

自宅で充電でき、電気代が安い夜間に充電するとガソリン車よりもコストパフォーマンスが良くなります。また、減速時にはエネルギーを回収するため、ガソリン車よりもエネルギー効率が良くなります。

  • 騒音がほとんど無い

ガソリンをエンジン内で爆発させることが無いので、ガソリン車に比べ静かに走行します。また、ガソリン車に比べて走行が安定しています。

PHEVとは

PHEVはPlug-in Hybrid Electric Vehicleの略で、ハイブリッドカーとBEVの機能が備わった自動車でPHVともいいます。ガソリンエンジンにBEVのバッテリーとモーターを兼ね備えています。バッテリーの電力はコンセントなどBEV同様に外部電力から充電します。

PHEVの特徴

  • 長距離走行も安心

電気自動車とハイブリッド車両方の機能を持ち、ガソリンエンジンも使用して走行できるので、長距離走行も安心です。

  • ハイブリッド車よりも経済的

電気自動車とハイブリッド車の機能を持つPHEVですが、バッテリーへの外部充電機能を持ち、通常のハイブリッド車よりも多くの電力供給が可能になっています。さらにバッテリーの容量も大きく、かつてはガソリン車より経済的といわれたハイブリッド車を上回る、より経済的な車です。

  • ガソリンで電気を起こすことができる

バッテリーの電力以外にもガソリンで電気を起こし、電力のパワーで走行することができます。

電気自動車の走行距離・燃費やランニングコスト、バッテリーの寿命は?

電気自動車で最も不安なのが走行距離です。最近ではかなり走行距離が伸びてきているとはいいますが、実際はどうなのでしょうか。

ガソリン車との比較

電気自動車が販売された2010年当時は、1回の充電での走行距離はわずか100マイル(161q)程度で、実用にはかなり不安がありました。
しかし今では電気自動車はバッテリーの容量も大きくなり、一充電当たりの走行距離もかなり改善されています。BEVである日産リーフ(40kWhバッテリー)ではカタログ上400q(JC08モード)までになっています。

しかしガソリン車に比べるとまだまだ電気自動車の1充電当たりの走行距離は短いといえます。
参考:日産ウェブサイト 電気自動車、日産リーフ。充電・航続距離

電気自動車の電費(燃費)とは?

電気自動車の燃費のことを電費といい、バッテリーの1kWhあたりの「走行距離」を示します。
たとえば日産リーフの62kWhバッテリー搭載車の電費は、約7.39km/kwhとなりますが、速度や外の気温など条件によって大きく異なってきます。
現在、一般的な電気自動車の平均的電費は6km/kwhとされています。
※日本公正取引協議会による

電気自動車の月額燃料費はどのくらい?

電気自動車の主なランニングコストは電気代です。1ヵ月にかかる電気代を見れば、電気自動車のコストパフォーマンスが分かります。

走行距離(km)÷電費(燃費)6(km/kWh)※1×電気代(円/kWh)※2=1ヵ月のコスト(円)

※1:バッテリーの1キロワットアワー(kWh)あたりの「走行距離」を示す指標。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて異なるため、公正取引協議会により一般的な電気自動車の電費として定められた数値。
※2:電気料金は、電力会社によってことなりますので、お住まいの地域の電力会社のWebサイトにてご確認ください。参考:東京電力「夜トク8」契約の場合、午後11時〜午前7時までの電気料金は1kWhあたり20.78円(*)電気代は東京電力「夜トク8」サービスを利用し、夜間に充電した場合の金額です。

参考:日産ウェブサイト電気自動車ランニングコストシミュレーター

電気自動車のバッテリーはどこで充電できるのか

電気自動車のバッテリーは自宅のコンセントで充電できる他、全国各地の充電スタンドで充電することができます。

充電スタンドの数は急速に増えており、全国に約22,500ヵ所以上の充電スタンドがあり、うち7,500ヵ所以上で急速充電にも対応しています。全国の充電スタンドの場所はインターネットで詳しく調べることができます。BEVで遠出する際は必ず充電スタンドの場所を確認して行くようにしましょう。
参考:全国の充電スタンド情報

電気自動車のバッテリーの寿命は?

電気自動車はバッテリーの動力で動きますが、バッテリーには寿命があります。
たとえばスマートフォンだと新品を購入してから2〜3年を経過するとバッテリーが劣化し、半日でバッテリーが切れてしまうということも起こります。
同じく電気自動車のバッテリーにも寿命があり、数年経つと劣化して電力の消耗が早くなり、航続距離300q以上の電気自動車が100q程度で充電が必要になることもあります。

こうしたことから電気自動車メーカーでは新車登録年数や走行距離に期限を設け、バッテリー容量が減った場合の修理や部品交換などのサービスを行っているところもあります。

バッテリーを交換する必要性が生じた場合、高額なコストがかかることになるようですので、特に中古の電気自動車を購入する際は、バッテリーの容量や交換する際の費用、アフターフォローなどにも留意して購入しましょう。

もはや電気自動車は街中だけで乗る車ではありません

電気自動車は発売当初は1充電当たりの走行距離が短かったのですが、走行距離が格段に伸び、充電スタンドも全国で充実しているので長距離の走行にも問題なく使用できます。

ただし電気自動車にはバッテリーの劣化という問題もあるので、購入の際はバッテリーの保証などを調べてから購入するようにしましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190808-5

「車の最新テクノロジー」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り