閉じる

高速道路の追い越し車線をずっと走るのは違反?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

高速道路の追い越し車線をずっと走るのは違反?

高速道路で追い越しが終わったのに走行車線に戻らず、そのまま追い越し車線を走り続けてしまったことはないでしょうか?高速道路の追い越し車線は、前の車を追い越すための車線で、追い越しが終わり元の走行車線に戻れるにもかかわらず、追い越し車線を走行し続けるのは、法律違反です。ここでは追い越し車線など高速道路の車線に関する解説や高速道路の違反行為について解説します。

高速道路の走行車線、追い越し車線

高速道路の走行車線、追い越し車線

高速道路の車線には走行車線と追い越し車線があります。高速道路で安全に車を運転するためにも走行車線、追い越し車線の役割を正しく認識しましょう。

走行車線とは

道路交通法第20条に「車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。」とありますが、高速道路の車線数はだいたい片側1〜3車線となっています。片側2車線の場合は左側を走行車線といい、片側3車線の場合は左側の車線を第1走行車線、真ん中の車線を第2走行車線といいます。

高速道路では車は基本的に走行車線を走るというのが大前提です。

追い越し車線とは

追い越し車線とは高速道路において、片側2車線以上の一番右側にある車線のことを指します。走行車線を走行中に前車を追い越す際に利用する車線です。

追い越し車線に関しては道路交通法第20条3項で下記のように規定されています。

道路交通法第20条3項
(車両通行帯)

第二十条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

 車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。

 車両は、追越しをするとき、第二十五条第一項若しくは第二項、第三十四条第一項から第五項まで若しくは第三十五条の二の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第三十五条第一項の規定に従い通行するとき、第二十六条の二第三項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第四十条第二項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。
(罰則 第百二十条第一項第三号、同条第二項)

追い越し車線は前の車を追い越す目的の車線です。ですから、追い越しが終わったら、速やかに左側の走行車線に戻らなくてはいけません。気を付けなければいけないのは、追い越しを行う場合でも定められている最高速度を超過してはいけないということです。

追い越し車線を走行し続けるのは違反?

追い越し車線を走行し続けるのは違反?

普段、追い越し車線を走行車線のように走行している車を見かけることも多いと思います。しかし、追い越し車線はあくまで前の車を追い越すための車線です。
NEXCO東日本にも「追い越し車線と走行車線の違いを意識しないで走る車が多くなった」という声が寄せられており、「走行マナー」に関する注意喚起を行っています。

追い越し車線の長距離走行は違反

追い越し車線を走行車線のように走行する長距離走行は「通行帯違反」として取締り対象になります。先に紹介した道路交通法第20条にあるとおり、車は走行車線を走ることと定められており、追い越し車線はあくまでも前の車を追い越すために一定区間利用するための車線なのです。ですから走行車線に戻ることなく、追い越し車線を走り続けていると、法定速度であっても「通行帯違反」として警察に摘発されることになるのです。
ところで追い越し車線はどれくらい走り続けていると違反になるのでしょうか?よくいわれるのが2キロですが、2キロ未満でも摘発されることもあり、実際は摘発する警察官の判断によるところが大きいようです。

摘発件数の多い通行帯違反

摘発件数の多い通行帯違反

通行帯違反は高速道路の交通違反取締り件数のなかでも摘発件数の多い違反です。平成28年度中の違反件数のなかでは最高速度違反の398,345件に次いで多く、67,890件にも上っています。
あまり知られていない通行帯違反ですが、摘発件数の多い違反ですので高速道路を走る際は他の法令違反とともに気をつける必要があります。

高速道路における交通違反取締り状況(平成28年)
主法令違反別 件数(件) 構成率(%)
最高速度違反 398,345 71.1
積載違反 837 0.1
車両通行帯違反 67,890 12.1
車間距離不保持 6,690 1.2
酒酔い、酒気帯び運転 326 0.1
駐・停車違反 71 0
無免許、無資格運転 788 0.1
その他 85,186 15.2
総数 560,133 100

出典:内閣府 平成29年交通安全白書より

通行帯違反の罰則と反則金

通行帯違反に問われた場合の罰則と反則金はどのようなものになるのでしょうか。

違反点数…1点
反則金…普通車 6,000円
    大型車 7,000円
    二輪車 6,000円
    小型特殊車 5,000円※
    原付 5,000円※

になります。

  • 高速道路以外で適用

ただし反則金を支払わなかった場合は、道路交通法第120条により5万円以下の罰金に処されることになります。

高速道路でのその他の違反行為

高速道路でのその他の違反行為

高速道路では通行帯違反以外にもさまざまな違反行為が法令で定められています。こうした違反行為の一部も解説します。

スピード違反のなかでも最高速度違反は誰もが知っていますが、あまり知られていないのが最低速度違反です。最低速度違反は高速道路の本車線が対面通行でない区間に適用され、法定最低速度は時速50qと規定されています。

最低速度違反の罰則は

違反点数…1点
反則金…普通車 6,000円
    大型車 7,000円
    二輪車 6,000円

になります。

ガス欠(高速道路運転者遵守事項違反)

高速道路でガス欠になり停車した場合は、道路交通法75条10項により高速道路運転者遵守事項違反になります。
高速道路を運転する際はあらかじめ燃料や冷却水などの点検をし、走行中に突然止まることが無いようにすることは運転手の義務と規定されているのです。

ガス欠で停車した場合の罰則は

違反点数…2点
反則金…普通車 9,000円
    大型車 12,000円
    二輪車 7,000円

になります。

路肩走行

路肩は車道ではないので路肩を走行すると道路交通法17条の規定により通行区分違反になります。
路肩は自動車が故障などをしてやむを得ず停車したり、緊急時にはパトカーや消防車など緊急車両が走行したりするためのスペースです。高速道路の安全のためにも走行することは絶対にしてはいけません。

路肩を走行したときの罰則は

違反点数…2点
反則金…普通車 9,000円
    大型車 12,000円
    二輪車 7,000円

になります。

あおり運転(車間距離不保持違反)

前の車を嫌がらせのように執拗に追い回すあおり運転は、死亡事故の原因になるなど特に危険な行為で、道路交通法第26条により車間距離不保持違反として摘発されます。

高速道路でのあおり運転の罰則は

違反点数…2点
反則金…普通車 9,000円
    大型車 12,000円
    二輪車 7,000円

になります。

さらに警察は、重大な交通事故につながる「あおり運転」等を行ったドライバーへの対策として、危険性帯有※による運転免許停止等の行政処分を行うなど、法令による罰則を強化しています。

  • 「自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」には、危険性帯有者(将来、事故を起こす可能性が高い人物という意味)として、点数制度による処分に至らない場合であっても運転免許の停止処分が行われます。

左車線からの追い越し

高速道路では右側の追い越し車線から追い越しすることが道路交通法20条3項で規定されており、左車線からの追い越しは追越し違反となります。

左車線からの追い越しの罰則は

違反点数…2点
反則金…普通車 9,000円
    大型車 12,000円
    二輪車 7,000円

になります。

最後に

最後に

高速道路を走る際、追い越し車線を長距離走り続けるのは「通行帯違反」です。

また、追い越し車線を走行車線のように走ると次のような危険につながります。

  • だんだんと速度が上がり、運転操作を誤る…単独事故
  • いつの間にか前の車をあおって接近する…追突事故
  • 前の車が左へ車線変更して、退いた先に落下物や故障車があっても避けられない…衝突事故

繰り返しになりますが、追い越し車線はあくまでも前の車を追い越すときのために使用する車線です。
追い越しが終わったら安全に走行車線に戻り、走行車線で走行を続けましょう。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181226-1

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り