閉じる

車のフォグランプの使い方(霧の運転時)

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

霧の運転は事故に注意!車のフォグランプの正しい使い方とは

車を安全に走行するうえで、ライトは正しく使うことが大切です。車種にもよりますが、車には夜間点灯が義務付けられているヘッドライト、スモールランプ、テールライトやフォグランプといったライト類が搭載されています。

フォグランプは霧などで視界が特に悪い際に利用するもので、頻繁に使うものではありません。そのため「装備されているけれど一度も使ったことがない」という方も多いのです。また、ヘッドライトを点けずにスモールライトとフォグランプだけで走行する、といった誤った使い方をしてしまっている場合もあるのではないでしょうか。安全走行のために周囲へ自分の車の存在を知らせるという意味をもつライト。今回は主にフォグランプの正しい使い方について解説します。

自動車に装備されている3つのライトとは

自動車に装備されている3つのライトとは

自動車に装備されているランプ(ライト)は、主に次の3つです。

ヘッドライト

ランプ類のうち、最も明るいもの。車の前面についている。夜間やトンネル内など、視界の確保が難しい場面で点灯する。

スモールライト

ヘッドライトの外側についた小さなライトで、自動車の車幅を周囲に知らせるためのもの。走行中だけでなく、停車中にも自車の存在を知らせる役割を担っている。

フォグランプ

霧などにより特に視界が悪い状態で使用するランプ。ヘッドライトより下に取り付けられており、路面を照らす。車種やグレードによっては装備されていないことがある。

ヘッドライトとスモールランプについては、頻繁に利用するものであり、使い方もよく理解できている方が多いでしょう。ですが、フォグランプについては、使用頻度も低くあいまいな知識になりがちです。
正しいライトの使い方は、安全運転の基本。ここからはフォグランプについて説明します。

車のフォグランプとは?ヘッドライトとの違いは?

車のフォグランプとは?ヘッドライトとの違いは?

フォグランプ(fog lamp)は、fog(=霧)という名前の通り、霧が発生したときの使用を前提として設計・製作されています。霧が発生すると空気中には水滴が浮遊している状態です。焦点を定めず、空気中の水滴を反射しないように照らすのがフォグランプです。「ヘッドライトで十分なのでは」と思われるかもしれませんが、焦点を定めて照らすヘッドライトとはその効果が異なるのです。

【それぞれのライトの特性】

  • ヘッドライト:前方の視界を確保する
  • フォグランプ:足元、下方向を広く照らす

濃い霧の中でヘッドライトを使うと、目の前が真っ白になり、周囲が見えなくなってしまいます。正面前方を照らすヘッドライトだと、ヘッドライトの灯りが、小さな水の粒として浮遊している霧にぶつかって「乱反射」を起こしてしまうためです。焦点を遠くに合わせようとすればするほど乱反射する光の量は増え、視界が極端に悪くなってしまいます。

一方、フォグランプはヘッドライトと照らす位置が異なり、足元、下方向をワイドに照らすよう設計されています。そのため、霧の中でも乱反射が起きづらくなっているので視認性を確保できます。特に濃霧や豪雨の中を運転する際にフォグランプが役立ちます。

霧が発生しやすい状況とは?

霧が発生しやすい状況とは?

視界不良の原因となる霧。その発生条件について把握しておきましょう。

霧の発生しやすい地形や気候などの条件

霧は地域と季節によって発生のしやすさが異なります。

【地域と季節】

  • 北日本...夏に霧が発生しやすい
  • 内陸部...秋に霧が発生しやすい

【地形】

  • 標高の高い山間部
  • 山間にある盆地

など

また、意外とヒントになるのが「地名」です。地名に「霧」が含まれている場所は、他の場所に比べて霧の発生率が高いようです。

予定している運転ルートにこれらの条件が当てはまる場所がある場合は、車の説明書などでフォグランプの位置や点灯方法を確認しておきましょう。出発する前に、駐車場などで実際に点灯させてみるとより安心できます。

運転中、霧に遭遇したらどうすればいい?

運転中、霧に遭遇したらどうすればいい?

気象庁の定義では、「微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態」を霧と呼びます。これは、はっきり見える水平方向の距離が1q未満の状態ということです。さらに見通しが悪く、陸上で100m先までしか見えない場合は濃霧という区分になります。もし運転中に霧や悪天候に見舞われ、視界が悪くなったら、どうすればいいのでしょうか。まずはパニックにならないように努め、次のような手順で対応します。

  1. 減速する
  2. フォグランプが装備されている車ならば、下向きのヘッドライトと共に点灯する
  3. フォグランプ非装備車の場合はヘッドライトを下向きに点灯する
  4. 走行を続ける場合は道路の白線や左右の景色に目を配り、車線から外れないように気をつける
  5. あまりにも視界が悪い場合はさらに減速し、沿道の駐車場や路肩など、安全を確保できる場所に停車して様子を見る

ここでのポイントは、①の減速です。後続車に追突されないよう、ゆっくりと減速するようにしてください。後続車も霧の中で動揺している可能性がありますので、より慎重にブレーキをかけるようにしてください。

その際にブレーキペダルを数回に分けて踏むと、ブレーキランプもそれに合わせて点灯と消灯を繰り返しますので、後続車への注意を促すサインとしておすすめです。リア(車の後方)にもフォグランプが装備されている車ならば、フロント(車の前方)のフォグランプと共に使用するのがよいでしょう。

それでも運転の続行が難しいようであれば⑤のように運転を中止し、霧の状態が変化するのを待ちましょう。
安全確保を最優先に行うことを心がけてください。

フォグランプの正しい使い方とは

フォグランプの正しい使い方とは

以上のように、フォグランプは霧や豪雨など特殊な気候条件下で使用するものですが、フォグランプの使い方を誤っているドライバーも見うけられます。フォグランプの正しい使用方法と注意点を確認してみましょう。

【フォグランプの正しい使い方と注意点】

  • フォグランプは霧や豪雨などで視界が極端に悪い時に使う
  • 夜間などにヘッドライトの代わりにフォグランプで走行すると、道路交通法違反になる

街中で見かける事例として多いのは、スモールランプとフォグランプのみで走行しているケースです。最近では都市部や幹線道路のトンネルなど、交通量の多い場所は明るい街灯が設置されるようになりました。周囲の明るさが確保されていると感じるからか、ヘッドライトを点けずにフォグランプで走行する車も少なくありません。

しかし、道路交通法では「日没から日の出まではヘッドライトを点灯させなければならない」と定められているため、この行為は違反になってしまいます。なにより、フォグランプは遠くを照らすように作られていないため、不意に飛び出した歩行者や自転車などを見落とす可能性があり、非常に危険です。必ずヘッドライトを点灯させましょう。

※「リアフォグランプ」について
「リアフォグランプ」とは、輸入車などに装備されていることが多いランプで、悪天候の中で後続車に自車の位置を知らせる目的で装備されています。悪天候の際に安全を確保する目的で利用する点はフォグランプと同じですが、トラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。

リアフォグランプは非常に直進性が高く、明るい光を放ちます。視界が良い条件下で使用すると後続車のドライバーに大きな負担をかけることになります。
これが元になってドライバー同士のトラブルへ発展したり、リアフォグランプの光に目がくらんで後続車の運転手がハンドル操作を誤ったりすることも考えられます。リアフォグランプは、「周囲の視界が極端に悪く、後続車に追突される危険性がある」場合にのみ使用するようにしましょう。

それぞれの役割をよく理解してライトを点灯しよう

それぞれの役割をよく理解してライトを点灯しよう

以上、霧の中の運転などで利用する「フォグランプ」についてご説明しました。ライトにはそれぞれに役割があり、正しい使い方ができなければ、安全を確保することが難しくなります。日頃、ライトをなんとなく使っている、ライトの知識があいまいになっている、という方は、ぜひ一度それぞれのライトの正しい使い方を確認して、ライトを使用するようにしてください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DA180619-2

「カー用品・パーツ」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り