自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

セルフ式でのガソリンの入れ方。満タン、指定数量などの給油形式。こぼしたらどうする?

最近は、自分で給油するセルフ方式のガソリンスタンドが増えています。

いつもフルサービスのガソリンスタンドを利用している場合には、給油機を自分で操作するセルフ式のガソリンスタンドは難しく感じることがあるかもしれません。

しかし、一度給油機の操作を覚えてしまえば、セルフでの給油はそれほど難しいものではありません。

本記事では、セルフ式のガソリンスタンドでの給油方法や注意点についてご説明します。

給油前(ガソリンスタンドに行く前)のチェック

給油口の位置と開け方を知っておく

まず、ガソリンスタンドに行く前に確認しておきたいことは、自分の車の給油口の位置と給油口の開け方です。

給油口の位置は、スピードメーターの周辺にある燃料メーターを見ればわかるようになっています。

燃料メーターには給油機マークがついており、給油機マークの横に▲のマークがついています。

▲が右を向いていれば(▶)、車の右側、▲が左を向いていれば(◀)車の左側に給油口があります。

給油口を開けるためには、給油口レバーを上に引きます。
給油口レバーは、運転席の足元の右側に設置されていることが多くなっています。

しかし、車種によっては設置位置や操作方法が異なる場合もあるため、車の取扱説明書を見て確認しておきましょう。

また、レバーには目印として給油機マークがつけられています。

セルフ式スタンドでの給油手順

燃料は、車種ごとに決められているので、必ず決められた種類を選択

一般的には、タッチパネルで給油する燃料を選択します。

ガソリンには、軽油、レギュラーガソリン、ハイオクの3種類があります。
軽油はディーゼル車に使用されるガソリンです。

自分の車の燃料は、車検証や取扱説明書で確認することができます。

間違えた燃料を入れてしまうと、車の故障の原因となってしまうため事前に必ず確認しておくことが大切です。

代金の支払い方法

代金は、現金もしくはクレジットカード、電子マネー、プリペイドカードなどでの支払い方法を選択することができます。

自分の希望する決済方法をタッチパネルで選択します。

スタンドによっては、給油機からレシートが発行され、店内カウンターで精算するスタイルのところもあります。

給油形式(満タン・金額指定・量指定)

給油形式には、満タン、金額指定、量指定があります。

燃料タンクが満タンになるまで給油したい場合には、満タンを選択します。
金額指定は、1,000円や2,000円など金額を決めて給油したい場合に便利です。

また、10リットルや20リットルなど、給油する量を指定して給油したい場合には、量指定を選択します。

給油方法

ガソリンの種類、支払い方法、給油形式を選択したら、次はいよいよ給油に入ります。

給油の前にはまず、給油機に設置されている静電気除去パッドに触ります。

ガソリンは非常に気化しやすいため、洋服や体などに帯電した静電気が給油口から気化したガソリンに着火する危険性があります。
給油の前には、必ず静電気の除去を行うようにしましょう。

次に、給油キャップを開け、給油する燃料のノズルを選んで給油口の奥までしっかりと差し込みます。
給油ノズルのレバーを止まるところまで確実に引くと、給油が開始されます。

事前に設定した給油金額や給油量に達するか満タンになると、自動的に給油がストップします。給油がストップしたら、レバーから指を離し、ノズルを給油口から抜いて給油機に戻します。

最後に給油口のキャップを音がするまでしっかり回して締めて、給油口のふたを閉めたら給油完了です。

セルフ式スタンドで満タンにする方法

ガソリンを満タンに給油する場合には、給油量を指定するときに満タンのボタンをタッチすると燃料タンクが満タンになるまで給油することができます。

給油ノズルの先端には、液体の量を感知するセンサーがついているため、ガソリンがタンク内に満タンになるまで入ったタイミングで自動的に給油がストップされます。

漏れた、こぼした場合はどうすればいいの?

セルフ式スタンドでは、給油ノズルの先端にあるセンサーがガソリンの量を感知し、自動的に止めるしくみになっています。

しかし、給油ノズルを奥までしっかり差し込まなかった場合や給油の継ぎ足しを行った場合などにはオートストッパーが作動せず、ガソリンがあふれたり漏れたりしてしまうことがあります。

万が一、ガソリンが漏れたりこぼれたりして車体やタイヤに付着してしまった場合には、塗装にダメージを与える恐れがあるため、すぐにタオルや雑巾で車体に付いたガソリンを拭き取りましょう。

その後、なるべく早いタイミングで洗車をすると安心です。

セルフ式ガソリンスタンドでの給油の注意点

ガソリンは非常に気化しやすく、引火しやすい液体です。

ガソリンスタンドの給油空地内は火気厳禁となっています。
給油時には、決して喫煙することのないようにしてください。

また、給油時には必ずパーキングブレーキをかけてエンジンを停止させます。
給油ノズルや給油口に触れる前に静電気除去パッドに触れることも、忘れることのないよう気を付けましょう。

そして、給油ノズルはしっかりと奥まで差し込んでから、給油ノズルのレバーをしっかり引いて給油します。
自動的に給油が止まったら、それ以上の給油をしてはいけません。
給油後は、給油ノズルを確実に元の位置に戻します。

最後、給油キャップの締め忘れがないように気を付けましょう。

もし、給油を開始してすぐに満量停止となって、給油ができない場合にはセルフスタンドのスタッフに相談しましょう。

まとめ

自分で給油を行う、セルフ式ガソリンスタンドでのガソリンの入れ方についてご説明しました。

初めてセルフで給油をする際には、自分の車の燃料の種類と給油口の位置を確認しておきましょう。

最近では、セルフのガソリンスタンドが増えています。

ドライブ中や旅行中に給油が必要になった場合に、フルサービスのガソリンスタンドが近くに見つからない可能性もあります。

給油方法はそれほど難しいわけではありません。本記事でセルフ式での給油の仕方、注意点などを参考にしてください。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年5月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200609-1

「車の基礎知識」の記事一覧

「車の基礎知識」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り