閉じる

事故被害者のお見舞い。マナーと注意点とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
事故被害者のお見舞い。マナーと注意点とは?

人身事故を起こしてしまったとき、ほとんどの人にとっては生まれて初めての経験で、気が動転しがちです。当事者は、現場での事故処理を終えた後にもやらなければいけないことがたくさんあります。
ここでは、事故でケガをさせてしまった相手に対して加害者がやるべきことのひとつ「被害者へのお見舞い」について考えてみましょう。お見舞いに行く場合はどのようなタイミングで、何を持っていけば良いのでしょうか?また、お見舞いに行く際の注意点もあわせて紹介します。

最初のお見舞いはいつ、どんなタイミングで行く?

最初のお見舞いはいつ、どんなタイミングで行く?

相手が事故によるケガで入院してしまった場合、最初のお見舞いは事故後1〜2日以内に出向くのがベターです。相手が面会謝絶だったり、手術や治療で会えなかったりした場合は「お見舞いに来ました」ということを伝えてもらうようにしましょう。付き添いの家族などがいる場合には家族に、いない場合は病院のナースステーションなどで相談し、手紙やお見舞いの品を置いて帰りましょう。

病院ではなく自宅で療養している場合には、お見舞いに行っても迷惑ではない日程や時間を事前に確認してから行きます。突然訪問すると迷惑に思われることもあります。

事故状況や相手の心情によっては、顔を見せず、お詫びの気持ちだけを伝える方が良い場合もあるでしょう。その場合はおわび状を書くという方法もあります。

お見舞いに持っていくものは?

相手のケガの状況や体調、また加害者に対してどんな思いがあるのかなど、詳しく分からない状態では、何を持っていくのが良いのかとても悩むところです。しかし、最も大切なことは相手への態度と誠意。お見舞い品はあくまでもオプションのひとつとして考えておくほうが良いでしょう。

お見舞いに持っていくものは?

お見舞い品は、お花か、万人受けする菓子折りなどが一般的です。最近では感染症のリスクや、水替えなどの手入れが負担になるなどの理由で、生花を禁止している病院も増えているので念のため確認が必要です。このような病院の場合、見た目は生花そのものでも、手入れ不要のプリザーブドフラワーなら持ち込みOKとしているケースもあるようです。何を持っていくか迷った場合は、自動車保険の事故担当者に相談してみても良いでしょう。

自動車保険(任意保険)に加入していて、対人事故により法律上の損害賠償責任を負う場合は、対人臨時費用保険金としてお見舞金が支払われるケースがあります。チューリッヒの場合は被害者1名につき、死亡の場合は10万円、20日以上入院した場合には2万円が臨時費用保険金として支払われます。

お見舞いでやってはいけないことは?

お見舞いでやってはいけないことは?

お見舞いで最も大切なことは、「ケガをさせてしまい、申し訳なかった」という謝罪の気持ちや、相手への誠意を伝えることです。病院では、相手のケガの状況や治療の状況を気遣う会話をしましょう。また、お見舞いでやってはいけないこともいくつかあるので、確認しておきましょう。

お金がからむ交渉は避ける

人身事故の当事者同士で示談交渉を行うなど、お金が絡む交渉は避けるのがベターです。もし、相手からそのような話があった場合には「示談交渉は保険会社に一任している」ということを丁寧に伝えて理解を得ましょう。念書などを書くのも、トラブルを避けるためには避けた方が良いでしょう。

長居は避ける

30分、1時間と長時間滞在するのもNGです。かといって、お見舞いを渡してすぐ帰るのも失礼ですから、お見舞い先の滞在時間は5〜10分程度が好ましいとされています。交通事故の加害者と被害者の関係ですから、長時間の滞在はお互いにストレスですし、相手の体調に影響する恐れもあります。誠意を伝えたら速やかに退席しましょう。

また、相手本人や家族から「見舞いには来てほしくない」と言われた場合には、無理に押し掛けるのはやめて、速やかに引き取りましょう。お見舞いは相手への思いやりの気持ちが一番。相手の立場で考えることが大切です。

お見舞いの頻度はどれくらいがいい?

お見舞いの頻度はどれくらいがいい?

相手のケガの状況にもよりますが、ご自分の過失割合が100%(相手に非がない)である場合は、病院へのお見舞いは極力毎日、または1日置き程度には行くのが良いでしょう。もちろん滞在は5〜10分程度で、相手が頻繁なお見舞いを嫌がっている、ストレスに感じているようならば行かずに手紙を書くこと(病院に郵送または付き添いの人に渡してもらう)をおすすめします。
事故の当事者である被害者だけではなく、付き添っている家族に対する配慮、誠意を忘れないことも大切です。

任意保険に加入していれば、事故の被害者が入院したり死亡したりした場合、保険会社の担当者と面談して解決までの手続きについてのアドバイスを受けることができます。また、担当者が加害者に代わって相手と示談交渉をし、状況は電話やメールなどで逐一報告を受けることも可能です。事故解決に向けてスムーズに処理を進めるためには、補償内容を充実させておくことが大切です。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170714-4

「事故対応」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り