閉じる

ハイオクとレギュラーガソリンのオクタン価・値段は違う?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

ハイオクとレギュラーガソリンのオクタン価・値段は違う?

車のガソリンのハイオクとレギュラーの違いをご存じでしょうか。ハイオクはプレミアムガソリンともいわれるので、高級ガソリンと勘違いしている方もいらっしゃるかもしれませんね。そこでハイオクとは何か、そのメリットやレギュラーガソリンとの違いなどについて解説します。

ハイオクとは?

ハイオクとは?

ハイオクはスポーツカーや高排気量車などの給油に使用されることが多いガソリンであるため、高級なガソリンというイメージを持つ方も多いと思います。しかしハイオクとは高オクタン価ガソリンのことをいい、燃えにくいガソリンのことをいいます。 オクタン価とは、エンジン内の異常燃焼のひとつであるノッキング現象の起こしにくさを示す指標のことです。

ガソリンはどう作られる?

車を動かす燃料にはガソリンと軽油があります。ガソリンも軽油も原油から作られますが、原油からはさらに灯油や重油、アスファルトなども作られます。
産油国などから輸入した原油は製油所に運ばれると加熱炉で350℃まで加熱されます。加熱された原油は石油蒸気となって加熱炉から蒸留塔に送られますが、蒸留塔は上に行くほど温度が低く、下に行くほど温度が高くなっています。このため蒸留塔で、沸点の低い石油蒸気から順に分けられていくしくみです。上から沸点30℃から180℃地点でガソリンやナフサが、170℃から250℃地点で灯油やジェット燃料が、240℃から350℃地点で軽油が、350℃以上地点で重油やアスファルトが抽出されます。
このようにしてガソリンや軽油は作られるのです。

ハイオク、レギュラーの区別はオクタン価によって決まる

ガソリンにはハイオクとレギュラーの2種類がありますが、その区別はオクタン価によって決定します。純粋なガソリンは自然発火しやすく、自動車の燃料に使用するとノッキング現象という異常燃焼を起こし、エンジンに不自然な動きや振動を起こしてしまいます。こうした現象を起こさないために、自動車の燃料となるガソリンには添加物が加えられ、異常燃焼を起こさないよう工夫されています。オクタン価とは異常燃焼の起こしにくさを示す値のことで、オクタン価が高ければ高いほどそのガソリンは異常燃焼を起こしにくくなります。そしてこのオクタン価の数値によってハイオクかレギュラーかの区別がされるのです。

ハイオクとレギュラーのオクタン価比較

ハイオク オクタン価96以上
レギュラー オクタン価89以上

出典:JXTGエネルギーウェブサイト石油便覧より作成

このように日本工業規格(JIS)でオクタン価が96以上のものがハイオク、オクタン価が89以上のものがレギュラーとなります。レギュラーよりもオクタン価が高いハイオクは異常燃焼しにくく、ノッキング現象を起こしにくいガソリンなのです。

ハイオクとレギュラーの違い

ハイオクとレギュラーの違い

ハイオクはレギュラーよりもオクタン価が高く、スポーツカーや高排気量車に適したガソリンです。では、ハイオクはレギュラーよりも秀でたガソリンなのでしょうか。

ハイオクのメリット

車のエンジンはエンジンと空気の混合気を圧縮し、プラグで点火し爆発させることで動き出しますが、スポーツカーや高排気量車などは混合気の圧縮比が高く、シリンダー内の温度も圧縮比に伴い上昇するので、ノッキング現象が起きやすくなります。
しかし“発火しにくい”ハイオクを燃料として使用することで、混合気の圧縮比を高めてもノッキング現象が起こりにくくなり、ハイスピードで力強い走行が常時可能になります。つまり、ハイオクガソリンの方が燃えにくいため、より圧縮しても燃やすことを可能にしています。圧縮比が高い方がより大きな力を生むのです。
こうしたことから、ハイオクはスポーツカーや高排気量車、高級車、外国車に適したガソリンといえ、これらにはハイオク専用車が数多くラインアップされているのです。

レギュラーはノッキング現象を起こしやすい?

ハイオクのオクタン価が96以上であるのに対し、レギュラーは89以上ですから、レギュラーはハイオクに比べてノッキング現象を起こしやすくエンジンを傷めやすいガソリンと考える方もいるかもしれません。
しかしハイオクはあくまでもスポーツカーや高排気量車のノッキング現象を防ぐのに適したガソリンです。軽自動車から普通車まで、通常の車ならレギュラーガソリンでもノッキング現象を起こすことはなく、レギュラーがハイオクよりも劣っているわけでもないのです。レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れてしまうことで、かえって燃費の悪化を招く可能性があるのです。

ハイオクとレギュラーで値段が違う理由

ハイオクとレギュラーでは1リットル当たり約10円、ハイオクの方が値段が高くなっています。それはハイオクがレギュラーよりもオクタン価を高くするためにさらに添加物を多く入れているからです。またハイオクでは添加物の分だけ燃えカスもたくさん出ますが、燃えカスを洗浄するための洗浄剤もハイオクには含まれています。ハイオクの方がレギュラーよりも値段が高い理由はこうした添加物や洗浄剤が含まれているからなのです。

燃費の違い

ハイオクとレギュラーの比較で特に気になるのは燃費の違いではないでしょうか。ハイオクの方がレギュラーよりも燃費が優れていると思っている方も多く見受けられます。しかし一言でいうと、ハイオク、レギュラーだけで燃費を語ることはできません。車の燃費は車の大きさ、重量、エンジンなど車両全体で決まるからです。そして現在の車は専用ガソリンのオクタン価に合った仕様になっています。つまり車の燃費はガソリンの種類だけで決めることはできないのです。あくまでも車両の燃費で決まることを忘れないようにしてください。

レギュラー車にハイオクを入れたらどうなる?

レギュラー車にハイオクを入れたらどうなる?

ハイオクかレギュラーかは車種によって指定されていますが、万が一異なるガソリンを入れてしまったらどうなるのでしょうか?
レギュラー車にハイオクを入れた場合、パワーがあがったりエンジンがキレイになったりすると考える方がいるようです。しかし実際はレギュラーを入れた場合と何ら変わらず、ただ単にレギュラーとの差額分のコストがかかるだけです。先に述べたようにレギュラー専用車はレギュラーガソリンで最適な燃焼をするように設計されているのでレギュラーガソリンを使用するのが最も効果的なのです。
一方、ハイオク専用車にレギュラーを入れることはリスクが伴います。レギュラーはハイオクに比べてオクタン価が低いためノッキング現象を起こしやすくなり、エンジンの故障などを起こしやすくなるからです。ハイオク専用車にはハイオクを、レギュラー専用車にはレギュラーを使用することをおすすめします。

なおガソリン車(ハイオク、レギュラー)に軽油を給油したり、ディーゼル車にガソリン(ハイオク、レギュラー)を給油したりした場合は黒煙をあげるなどエンジンの故障の原因になります。軽油はディーゼル車専用の燃料であることを忘れないようにしましょう。

ハイオクとレギュラー、どちらを選ぶべきか

ハイオクとレギュラー、どちらを選ぶべきか

ではハイオクとレギュラーのうち、どちらが優れ、どちらを選ぶべきなのでしょうか。ハイオクはプレミアムガソリンとも呼ばれ、燃費が良くエンジンにも優しいイメージがあります。しかし先に述べたように、車のエンジン設計は使用するガソリンに合わせているので、ハイオクかレギュラーのどちらかで優劣を決めることはできません。ハイオク専用車はハイオクのガソリンを給油して最大の効果を発揮するように作られ、レギュラー専用車もレギュラーのガソリンを給油して最大の効果を発揮するよう作られています。
ハイオク専用車はスポーツカーや高排気量車、高級車、外国車が多く、レギュラー専用車は軽自動車から一般の乗用車が多いです。仕様と異なるオクタン価のガソリンを選ぶということ自体に意味がなく、どんな種類の車でどんなカーライフを送りたいかが重要になるのです。
ただし、ヨーロッパではオクタン価95以上のガソリンしか販売されていないので、並行輸入の欧州車に乗っているという方は、ハイオクガソリンを選んだほうがいいでしょう。

最後に

最後に

ハイオクはレギュラーに比べてオクタン価が高く発火しにくい性質を持つために、ノッキング現象を起こしにくいガソリンです。そのためスポーツカーや高排気量車などに適したガソリンです。
ハイオク、レギュラーそれ自体に優劣はありませんので、自分の車に適したガソリンを正しく給油し、エンジンに優しい走りを心がけてください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181116-1

「車の基礎知識」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り