閉じる

高速道路の渋滞の原因、サグ部とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

高速道路の渋滞の原因、サグ部とは?

一般道、高速道路にかかわらず、渋滞に遭遇することは珍しくありません。特に高速道路での渋滞は「早く目的地へ着くために高速を使っているのに…」「料金を払っているのに…」と気が滅入ってしまう方もいるでしょう。ついイライラしてしまいがちな渋滞ですが、渋滞が起こる原因を知り、ドライバー自身が心がけることで渋滞緩和に役立つことがあります。

この記事では高速道路での渋滞の発生メカニズムと、渋滞原因の実に半数以上を占める「サグ部」について解説し、対策をご紹介します。

高速道路の渋滞はどうして発生する?

高速道路の渋滞はどうして発生する?

高速道路の渋滞は大きく分けると、①交通量が道路の交通容量を超えることで発生する「交通集中渋滞」、②工事規制に伴い発生する「工事渋滞」、③交通事故が引きがねになる「事故渋滞」の3つに分けられます。

NEXCO東日本2016年調べによると、日本の高速道路での交通渋滞は約7割が①の「交通集中渋滞」となっています。

「交通集中渋滞」のうち、上り坂およびサグ部による交通集中が約57%と、日本の高速道路での渋滞が車線変更や車両の合流地点で起こるよりも多いことがわかります。
次の項目以降で渋滞の主要原因である「サグ」部について、詳しく解説します。

渋滞の発生原因

渋滞の発生原因 出典:NEXCO東日本「渋滞発生の原因」をもとにグラフを作成

交通集中の発生箇所

交通集中の発生箇所 出典:NEXCO東日本「渋滞発生の原因」をもとにグラフを作成

いちばん多い原因が「サグ」部の渋滞

いちばん多い原因が「サグ」部の渋滞

高速道路で発生する渋滞原因の大半を占めるのが、上り坂およびサグ部と呼ばれるところで発生していることがわかりました。

サグ部とは、英語のsag(たわみ、落ち込み)という意味のとおり、道路が下り坂から上り坂に変わる凹部の構造を持つ場所のことです。シンプルに「サグ」と呼ばれることもあり、高速道路会社などが発表する資料では「○○サグ」(○○は地名)という名称として使われています。真横から見ると「V字」や「凹型」のような形状になっており、すり鉢状の地形でよく見られるようです。

なぜサグ部では渋滞が発生しやすいのか

なぜサグ部では渋滞が発生しやすいのか

サグ部では、なぜ渋滞が発生するのでしょうか?
サグ部は下り勾配から上り勾配に変化しますが、上り坂であることを正しく認識できないため、知らず知らずのうちに車の速度が低下することがあります。ドライバーが上り坂を認識していれば、意識的に速度を保とうとするでしょう。しかし、サグ部で起こる人間の目の錯覚が影響し、いつの間にか車の速度が低下していきます。

すると、後続車は「前の車の速度が低下した」と判断し、ブレーキを踏みます。ブレーキランプが点灯し、これが伝搬し、次々とブレーキを踏みます。結果的にその車列全体の速度が落ち、徐々に車間距離が縮まって渋滞が後ろにどんどん伸びていく、というしくみです。

道路交通情報などでよく耳にする「渋滞のメッカ」と呼ばれるような場所は、実はサグ部であることが多いのです。

サグ部での渋滞を起こさないための対策とは

サグ部での渋滞を起こさないための対策とは

表示板などからサグ部を認識する

サグ部の上り坂では、気づかないうちに速度が下がってしまい、そのことがきっかけで渋滞が生まれていることから、各高速道路会社では、サグ部での渋滞を緩和するため、さまざまな対策を施しています。

以下は、道路会社が設置する渋滞解消への取組みです。走行中に見かけた際には、自車のスピードに注意を向けてみることをおすすめします。

・速度回復願います、などの看板

速度回復願います、などの看板 画像提供:首都高速道路株式会社

上り坂など、速度低下による渋滞が発生しやすい箇所に設置されています。車列の先頭を走っていたり、前の車との車間が空いていたりするようなら、アクセルを踏んで速度を回復させてください。

・水平ライン

水平ライン 画像提供:阪神高速道路株式会社

道路の脇に防音壁などが設置されている箇所で見ることができます。ドライバーは無意識のうちに、周囲の建造物から坂の傾斜を推測しています。この習性を利用し、壁に本来の地面と平行な水平線を描くことで水平面の認識をうながし、傾斜を認識させるしくみです。

・エスコートライト

エスコートライト 画像提供:首都高速道路株式会社

道路脇で複数の青色LEDなどを連続点灯させ、進行方向へドライバーを誘導するようにしています。トンネル内などを中心に設置が進んでおり、速度回復に一定の効果が見られるようです。

ドライバー自身が対策をする

周囲のサインに気づくことの他に、ドライバー自身の習慣づけや、渋滞解消に役立つアイテムの導入を行うことも効果的です。

・スピードメーターをこまめにチェックする
車列の先頭を走っている、車間が大きく空いている、といった場合には特にサグ部での速度低下に気づきにくいものです。高速道路の走行中はスピードメーターをこまめに見て、速度の低下がないかチェックするといいでしょう。もしスピードが遅くなっていたらアクセルを踏み、速度を回復させてください。

・ETC2.0機器を利用する
日本におけるETCは2001年12月より導入され、現在では利用率が80%を超えているといわれます。近年、このETCに次世代のシステムが導入されていることをご存じでしょうか。名称を「ETC2.0」といい、自動料金支払だけでなく、交通に関するさまざまな情報提供を可能にするものです。
渋滞情報もその主たるサービスのひとつで、サグ部など渋滞の発生しやすい場所や混雑している車線を事前に知らせてくれます。ETC2.0機器を利用することでリアルタイムに情報を取得し、安全かつ快適に走行することが可能になるでしょう。

渋滞の発生メカニズムを知り、安全なドライブを

渋滞の発生メカニズムを知り、安全なドライブを

以上、高速道路の渋滞主な原因となるザグ部についての解説、高速道路会社が行っている対策についてお話ししました。高速道路上での事故の多くは渋滞時に発生しています。信号がないので安定した走行ができるはずの高速道路での渋滞は、ストレスがたまり、ドライバーもイライラして、余裕をもった運転ができなくなります。

どのような場所で渋滞が発生しやすいのか、どのような運転を心がければよいのか。ひとりひとりのドライバーが知識とちょっとした配慮を持つことで、なくせる渋滞があります。本記事の高速道路上の対策やドライバーができる渋滞緩和への心がけを高速道路での快適な走行にぜひ役立ててください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM180703-2

「車の基礎知識」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り