閉じる

暑さの厳しい夏の車内温度調整

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
暑さの厳しい夏の車内温度調整

太陽の日差しが厳しくなる夏の季節は、車内環境も過酷になります。特に見過ごせないのが「車内温度の上昇」です。車内温度が上がると、運転者や同乗者への健康被害をはじめさまざまな悪い影響が生じる恐れがあります。

今回は、夏の暑い時期に車内温度を調整するための方法をご紹介します。車内温度をコントロールするうえで重要なのは「温度上昇を防ぐこと」、そして「車内温度を下げてから車に乗ること」です。また、車内温度の調整に役立つカー用品や道具などを使った対策方法も紹介します。

夏は車内の温度上昇が早い

夏は車内の温度上昇が早い

暑さの厳しい夏場は、車内の温度が一気に上昇します。たとえば、車内の温度が20度前後の状態で、車のドアや窓を閉めたまま車を離れる場合、15分後には30度を超え、1時間後には50度以上になる場合があります。もちろん、実際には車のおかれた状況や天気などによって温度上昇のペースは異なりますが、目安として覚えておくとよいでしょう。

夏の車内温度上昇で生じる被害

車内温度が上昇すると、運転手や同乗者が熱中症に陥ってしまう危険性があります。さらに、車内に置いてあったものが熱で破損したり、爆発してしまったりする恐れも出てきます。そんな車内温度の上昇による被害を未然に防ぐための、「温度上昇を抑える方法」と「上がった温度を下げる方法」をご紹介します。

夏場の車内温度上昇を未然に抑える方法

夏場の車内温度上昇を未然に抑える方法

窓を少し開けておく

窓を開けておくと、車内の空気が暖められても自然に外気と循環するため温度の上昇を抑えることが可能です。ただし、防犯上の危険が伴うため自宅のガレージなど、安全が確保できる場所でのみ行うようにしてください。
※車のセキュリティシステムの中には、車内の空気が動いたことを検知してアラームを鳴らすものもありますので、ご注意ください。

車内温度上昇を防ぐのに役立つグッズを使う

市販されているカー用品の中には、車内温度上昇を防ぐのに役立つものもたくさんあります。

・サンシェード

サンシェードとは、主にダッシュボードに取り付ける日除け用カー用品です。ダッシュボードは車内で最も高温になる場所であり、夏場は80度にも達することがあります。サンシェードはダッシュボードへの直射日光を遮るので、車内温度上昇を抑えることができます。

・遮熱フィルム

窓ガラスに貼り、赤外線や紫外線を遮るタイプの遮熱フィルムもあります。使用すると窓ガラスからの直射日光による影響を抑え、温度上昇を緩和することが可能です。遮熱フィルムには色がついたものもありますが、透過率が70%以上確保されていないフィルムを貼ることは、道路交通法や道路運送車両法に違反します。必ず透明なものを選んでください(運転席・助手席・フロントガラス共通)。

・窓用断熱スプレー

窓ガラスに吹き付けて使うカー用品もあります。遮熱フィルムとは異なり、紫外線を防ぐ効果はありませんが、手軽に使える点が大きなメリットです。

・カーテン

小さな子どもは大人よりも温度上昇に弱く、特に注意が必要です。車内温度上昇を抑えるため、チャイルドシートの横の窓にカーテンを設置しましょう。チャイルドシートやそこに座った子どもに直射日光が当たるのを防ぐことができます。

上がってしまった車内温度を下げる方法

上がってしまった車内温度を下げる方法

ドアやトランクを開放する

しばらく駐車して、すでに車内温度が上がってしまっている際は、車内の空気を入れ替えてから乗車するようにしてください。ドアやトランクを開放し、しばらく車内の空気が入れ替わるのを待つといいでしょう。

より短時間で車内の空気を効率的に入れ替える方法もあります。片側の窓を10cmほど開け、反対側のドアをパタパタと開閉するやり方です。こうすれば、短い時間ですばやく車内温度を下げることができます。

エアコンを使う

エアコンを使って車内温度を下げる場合、まずは外気導入モードで使用しましょう。エアコンを付けてから1分程度は同時に窓の一部を開け、車内の空気を外に逃がすための通り道を作るとより効果的です。ある程度車内温度が下がったら、窓を閉めて内気循環モードに変更します。

エンジンスターターを使う

エンジンスターターとは、離れた場所からエンジン始動やエアコン操作ができるカー用品です。車に乗る予定時間の10分程度前になったら、エンジンスターターを使ってエンジンを始動し、エアコンの冷房をオンにしておきましょう。

濡れたタオルで車内を拭く

こちらも水を使った簡単な方法です。ダッシュボードやハンドルなど、車内の特に熱を持った部分を直接冷やすこともできます。

瞬間冷却スプレーを使う

濡れタオルを使うときと同様、ダッシュボードや座席、ハンドルに直接吹き付けて使用します。即効性はありますが、可燃性ガスが含まれるため車内に放置しないよう注意が必要です。

以上のように、「温度上昇を抑える方法」と「上がった温度を下げる方法」を組み合わせることで、夏場の車内温度をコントロールすることができます。自分に合った方法を選んで夏場の暑い車内の温度上昇から自分と同乗者の健康を守りましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170808-2

「カーライフ」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り