閉じる

アイドリングストップ。デメリットはバッテリーへの負担?いらない場合のキャンセル方法

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

アイドリングストップ。デメリットはバッテリーへの負担?いらない場合のキャンセル方法

燃費の向上、環境への配慮から多くの自動車に搭載されているアイドリングストップ。環境性能に応じた自動車の税制優遇措置もあり、近年の自動車には必要不可欠な機能となっています。
しかし実際にはアイドリングストップを好ましく思わないドライバーも多く、また燃費や環境性能についてもさまざまな意見があるようです。そこでアイドリングストップについて徹底解剖してみます。

アイドリングストップのしくみ

アイドリングストップのしくみ

アイドリングストップとは信号待ちなどで一時停車したときに、自動的にエンジンがストップする機能のことをいいます。そしてブレーキを緩めるなどの動きを認識すると、自動的にエンジンが再始動し、アクセルを踏み込めばそのまま自動車が動き出すしくみになっています。ブレーキを踏んでいるとエンジンが停止状態になり、停車時間に燃料を消費しないので、「燃費の節約」と「環境」に配慮した機能といえます。
多くの車種には0.3秒から0.4秒でエンジンが再稼働するスタートアシスト機能やハンドルを動かすだけでエンジンが再稼働するハンドルアシスト機能などの機能も搭載され、自動車が自動的に停車してから発車するまでのタイムラグが大きく削減されています。また坂道でエンジンを切った状態でも後退しないようブレーキアシスト機能が搭載された車種も多く、坂道でのアイドリングストップや坂道発進も安心して行えるようになっています。

アイドリングストップのメリット

アイドリングストップのメリット

燃費が節約できる

ドライバーにとって最も大きなメリットは燃費が節約できることです。赤信号などで停車中もエンジンをかけていると燃料は消費され続けますが、アイドリングストップによりエンジンが自動的にストップされると、その分燃費を節約することができるのです。
環境省によると普通乗用車の10分間のアイドリング時の燃料消費量は0.14リットルで、毎日1時間アイドリングストップをした場合だと年間で約310リットル、3万円の燃料代が節約できるといいますから、試算上は大きく燃費を節約できることになります。

排出ガスが削減できる

排出ガスが削減できるのもアイドリングストップの大きなメリットです。環境省によるとアイドリング10分間あたりの二酸化炭素排出量は90グラムですが、アイドリングストップによりその分の排出ガスが削減できることになります。東京都内で登録されるすべての自動車が毎日アイドリングストップを10分間行えば、1年間で約13万トンの二酸化炭素排出量を削減できるといいます。これは日本全体の排出量約5万人分に該当し、地球温暖化対策の一つとしてアイドリングストップは有効なのです。

アイドリング10分間あたりの
燃料消費量
アイドリング10分間あたりの
二酸化炭素排出量(炭素換算)
乗用車
(ガソリン車)
0.14リットル 90グラム

出典:環境省資料より

停止中のエンジン音をなくすことができる

アイドリング時のエンジン音は道路沿いの住民にとっては騒音公害と呼べるものです。しかしアイドリングストップによって停車時のエンジン音をなくすことができます。

アイドリングストップのデメリット

アイドリングストップのデメリット

バッテリーの消耗が早い

アイドリングストップで気になるのがバッテリーの消耗が早いことです。一日に何度もアイドリングストップを機能させると、その分だけエンジンを再始動させるのでバッテリーも大きく消耗します。そのためアイドリングストップ機能が搭載された自動車には高性能大容量のバッテリーを搭載する必要があります。アイドリング用のバッテリーは通常より1.5倍から2倍ほど高価で、交換したときも1万数千円程度かかるなどハイコストといえます。

エアコンが停止する

アイドリングストップはエンジンをストップするのでエアコンも自動的にストップします。最近ではエンジンが止まってもバッテリーを使って短時間エアコンを稼働させるものもありますが、結局はバッテリーの消耗を早めてしまいます。

部品が劣化しやすい

エンジンをオン・オフにする回数が増えるのでゴム製のブッシュやタイミングベルトなどが劣化しやすくなり、メンテナンスコストが上がる可能性があります。

アイドリングストップのよくある疑問点

アイドリングストップのよくある疑問点

ドライバーにとってアイドリングストップは燃費が節約できる点でとても魅力的といえます。しかし本音をいえば「本当に効果はあるの?」などと、アイドリングストップの効果に疑問を持つドライバーも多いのではないでしょうか。

本当に燃費は良くなっている?

最も気になるのは本当に燃費の節約になっているのか?という点です。確かにアイドリングストップを機能させれば、アイドリング時の燃料消費を抑えることはできますが、エンジンを再始動するごとに通常エンジンが動いているとき以上の燃料が消費されるので、とても気になります。
因みに一般社団法人省エネルギーセンターによると、エンジン始動時の燃料消費増加分はアイドリング5秒分と同じといいます※。つまり5秒以上アイドリングストップすれば燃料を節約できることになります。都市部では停止している時間が長いので、アイドリングストップで燃料を節約できるケースが多いといえるでしょう。ただし先に説明した「毎日1時間アイドリングストップをすれば年間で約310リットル、3万円の燃料代が節約できる」との環境省の試算が該当するのは、タクシー運転手や宅配業者など仕事で常に車を使用するドライバーに限られます。一般のドライバーでは年間数千円程度の燃費節約になると考えるのが妥当でしょう。

コストパフォーマンスが気になる

アイドリング用バッテリーは1万5千円〜2万円程度のものが主流で、アイドリングストップを搭載した車両自体が10万円程度高めになっている、またバッテリーの消耗が激しいので、タクシーの運転手さんや宅配業者など仕事で車を使用する場合以外はコストパフォーマンスにおいて気になる点が多いといわざるを得ません。

アイドリングストップをキャンセルしたい!方法は?

アイドリングストップのデメリットが気になったり、アイドリングストップにどうしても慣れなかったりというドライバーもいると思います。このように感じる場合、アイドリングストップ機能は解除することが可能です。アイドリングを解除する方法は2つあります。

①アイドリングストップを解除するボタンを押す。
アイドリングストップを解除するボタンが運転席にあるので押せば解除されます。ただし一度エンジンを切ると再びアイドリングストップが機能するので、いちいち解除ボタンを押す必要があります。

②アイドリングストップキャンセラーを使用する
アイドリングストップキャンセラーという専用機器を使用すれば、エンジンをかけるたびに解除ボタンを押す手間を無くすことができ、再度アイドリングストップを使用することも簡単にできます。ネット通販などで数千円で購入でき、30分程度で取り付けができます。

最後に

最後に

アイドリングストップは燃費が節約され排出ガスが削減されることは間違いありません。しかしわずかな時間でもエンジンが停止してしまうので、長く続く渋滞などで頻繁にエンジンがオフになったりオンになったりすることでイライラしてしまうこともあるでしょう。また、アイドリングストップ車はエンジンの頻繁なオン・オフに堪えられるような専用の大容量バッテリーを搭載しているため、バッテリーの価格も高く、バッテリーの消耗も激しいなど維持費の面で気になる点もあります。ですから必要がないと感じたらアイドリングストップを解除してみたり、道路状況に応じてアイドリングストップを機能させたり解除したりと、上手にアイドリングストップを活用することをおすすめします。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181031-1

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り