閉じる

「JC08モード」から新燃費表示「WLTCモード」へ

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

「JC08モード」から新燃費表示「WLTCモード」へ

燃費は車の維持費に大きく影響するため、車を購入するにあたっては重視したい項目です。その際は、車のカタログなどに記載されている燃費データを確認することが多いでしょう。どの車も同一条件で燃費を測定しなければ、車両の燃費を公平に比較することができません。これまでの燃費測定方法であるJC08モード、そして新しい燃料測定方法であるWLTCモードについて解説します。

これまでの燃料測定方法JC08モード

これまでの燃料測定方法JC08モード

JC08モードとは、ガソリンなどの燃料1リットル当たりで車が何キロ走れるかを表す数値で、日本が制定した燃費の測定方法のことです。自動車メーカーは新車を販売する前には必ず国が指定する「型式指定制度」にもとづいた検査を受ける必要がありますが、燃費検査もこの検査の中に含まれています。2011年4月以降に型式認定された新車の燃料測定方法として採用されたのがJC08モードです。

JC08の特徴

JC08モードの以前は10・15(じゅう・じゅうご)モードが採用されていました。10・15モードは市街地および郊外を想定した状況で、25項目の走行パターンでの燃費を測定しますが、カタログに記載されている燃費と実際の燃費との落差が問題視されていました。このような経緯から、より実際の燃費にできる限り近づけた走行での測定方法として、JC08モードが採用されたのです。

JC08モードは

  • 測定にあたってエンジンが温まった状態(ホットスタート)からでなく冷えた状態(コールドスタート)で開始する
  • 測定時の平均速度や最高速度を10・15モードよりも引き上げ、測定時間も10・15モードの2倍とより厳しい条件で測定する

そのため、燃費値は平均して10%近く実燃費に近づいたといいます。
前述したように、JC08モードは2011年4月に型式認定された新車から採用されましたが、それ以前に販売されている車に関しても2013年2月28日までにJC08モード燃費値の表示が義務付けられました。

JC08モードの測定方法

JC08モードによる車の燃費値は、独立行政法人交通安全環境研究所で、市街地や郊外などでの走行を想定した検査を行い測定します。測定は試験場内でシャシダイナモメーターという計測器のローラーの上に車を載せ、車両ごとに重量を負荷させたうえでタイヤを回転させて行います。テストコースなどで測定を行っていると思っている人も多いと思いますが、実際は道路上ではなく試験場内のローラーの上で、ハンドル操作無しに行われているのが実情です。

JC08以前の測定方法

JC08以前の測定方法

JC08以前にもわが国では定地走行モードや10モード、10・15モードという測定法で燃費を測定していました。これらに関しても解説します。

定地走行モード
日本で最初に導入された燃費の測定方法は定地走行モードというもので、直線の道を時速60kmで走行した燃費値が表示されていました。しかし実際に街中を運転した場合はカーブを曲がったり信号や渋滞で止まったりするため、定地走行モードと実際値は大きくかけ離れているのが実情でした。

10モードと10・15モード
定地走行モードに変わり1973年に導入されたのが10モードという燃費測定方法です。市街地を想定して、停止状態から時速20kmから40kmまでの加速や減速、走行、停止、アイドリングなど10項目の走行パターンで測定されるようになりました。

さらに1991年には郊外を想定し、時速40kmから70kmまでの加速や減速、走行、停止、アイドリングなど15項目の走行パターンの燃費測定を加えた「10・15モード」が採用され、10モードよりも実走行に近い測定がされるようになります。しかし「10・15モード」も、測定するスピードが実際に公道を走るスピードに比べて遅すぎたり、加速時間が長かったりと実燃費との落差が問題になり、JC08モードへと測定方法が変更されるようになったのです。

JC08モードの計測燃費と実燃費の違い

JC08モードの計測燃費と実燃費の違い

10・15モードよりは実燃費に近づいたといわれるJC08モード燃費ですが、実際のところは実燃費よりもいい測定値が出てしまいます。
JC08モード燃費は市街地や郊外などでの走行を想定した測定値ですが、測定は試験場内のローラーの上で行っており、実際に自動車を運転した場合の燃費は道路・交通状況や天候状況、加減速の回数や運転距離などによって大きく違ってきます。
そして何よりも近年の自動車の燃費はエアコンなどの電装品によって変化します。しかしJC08モードを測定する際は、電装品はすべてオフの状態で測定されるため、実燃費とは離れた数値が測定されるのです。

JC08モードの計測燃費と実燃費の違い

実際日本自動車工業会によればJC08モード燃費よりも実燃費は平均で約2割悪いといいます。
そのため、より精度の高い燃費の測定方法が望まれていたのです。

新燃費表示「WLTCモード」

新燃費表示「WLTCモード」

日本では2018年10月よりJC08モードからWLTC(Worldwide harmonized Light duty driving Test Cycle)モードという燃費測定方法に切り替わりました。WLTCモードは国際基準の燃費測定方法で、より実燃費に近いものとして期待されます。

WLTCモードとは

WLTCモードの最も大きな特徴は国際基準となる測定法であることです。これまで日本では10モード、10・15モード、JC08モードなどの測定方法を採用してきましたが、どれも日本基準によるもので、そのために日本と海外では同じ車でもカタログに表示されている燃費が違うという現象が起きていました。しかしWLTCモードの採用によりこうした問題が解消されることが期待されます。

またWLTCモードでは市街地、郊外、高速道路を想定した走行モードによる測定を行います。これまでのJC08モードの燃費数値の表記は1つでしたが、WLTCモードで測定された燃費は想定された走行条件で以下の4つが表記されるのも大きな特徴です。

WLTCモードの燃費表記は4つ

  1. WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
  2. 市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
  3. 郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
  4. 高速道路モード:高速道路等での走行を想定

出典:経済産業省、国土交通省、一般社団法人日本自動車連合会資料

新燃費表示「WLTCモード」 出典:国土交通省

このように@の平均とA〜Cの3つの走行モードによる燃費も表示されるので、ユーザーにとっては自分のカーライフに合わせた車選びができるというメリットもあります。

WLTCモードは2018年10月に型式認定される新車から採用されますが、これまでJC08モードで表記されていた車に関しては、2017年夏以降から順次カタログなどに記載される燃費がWLTCモードに切り替わることになっており、すでに切り替わっている車種もあります。

JC08モードとの違いは?

市街地、郊外、高速道路の走行モードによる燃費が表示されるWLTCモードですが、ほかにもこれまでのJC08モードとは異なる厳格な検査方法を取り入れているのが特徴です。

コールドスタートを厳格に測定
燃費は、エンジンが温まっている状態(ホットスタート)よりも冷え切った状態(コールドスタート)からスタートしたほうが悪くなります。しかしJC08モードではコールドスタート25%、ホットスタート75%の配分で測定していたため、コールドスタートでの燃費を厳密に測定しているとはいえないものでした。しかしWLTCモードではホットスタートの測定を撤廃し、コールドスタートのみの測定になるのでより厳格な測定が行われるようになります。

検査車両の重量をより重く
WLTCモードはJC08モードよりも検査車両の重量を重くして測定するので、JC08よりも厳格に燃費が測定されることになります。

シャシダイナモメーターの負荷を増加
燃費の測定の際は車をローラー上に載せて測定するシャシダイナモ方式が採用されていますが、WLTCモードではシャシダイナモメーターの負荷を増やすことができるため、実際に公道を走行したときのような負荷を車にかけることができ、JC08モードより厳密に測定ができるようになります。

最後に

最後に

2011年4月に採用されたJC08モードはそれ以前まで採用されていた10・15モードよりは実燃費に近い燃費値を出していましたが、それでも実燃費とはかけ離れているという批判が絶えませんでした。2018年10月以降に発売される新型車(乗用車)からは、日本で初めて国際基準の燃費測定方式であるWLTCモードが採用されています。カタログ燃費が実燃費により近づくこと、そしてユーザーにとっては使用シーンに合わせた車選びがしやすくするための指標となることが大きく期待されています。
アクセルの使い方、走行する場所、エアコンを使うか使わないかなど、運転者の運転の仕方によっても燃費は異なります。カタログ燃費と実燃費は必ずしも一致しないですが、カタログ燃費の良い車は実燃費も良いと言えるでしょう。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190110-3

「自動車の制度」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り