閉じる

車での音楽。Bluetooth(ブルートゥース)やUSB接続によるスマホで音楽を聴く方法

車を運転中に、車内でお気に入りの音楽を聴きながらドライブを楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、車でBluetooth(ブルートゥース)やUSB接続によるスマートフォン(以下スマホ)で音楽を聴く方法や、音楽プレイヤーなどに入っている音楽を聴くための方法をご説明します。

車の中の音楽、スマホを活用するメリット

車の中で音楽を楽しむためには、ラジオを聴く、CDをかけるなどの方法があります。

しかし普段からスマホや音楽プレイヤーを利用して音楽を聴いている人にとっては、車の中でもスマホや音楽プレイヤーを活用できれば、いつもと同じお気に入りの曲をドライブ中も楽しむことができるようになります。

また、大容量のスマホや音楽プレイヤーであれば、CDの入れ替え操作などの必要もなく、長時間のドライブであっても飽きずに好きな曲を楽しむことができます。

車やカーナビを買い替えた場合、レンタカーや友人の車で移動する場合でも、その車の仕様に合わせてスマホや音楽プレイヤーを接続して、音楽を楽しむことができることもメリットだといえます。

車でスマホ・音楽プレイヤーの音楽を聴くときの接続方法

Bluetooth(ブルートゥース)接続

Bluetooth(ブルートゥース)とは、近距離無線通信の標準規格の一つです。
スマホや音楽プレイヤーなどのデジタル機器とオーディオ機器などを無線で接続して、音楽データの送受信をすることができます。

スマホや音楽プレイヤーとカーオーディオを初めてBluetooth接続する際には、ペアリングの設定が必要となります。

ペアリングは、それぞれの機器にBluetooth接続をする機器を登録する作業で、一度ペアリングをしておけば、次回以降の接続が簡単になります。

ペアリング設定を行う際には、まずカーオーディオやカーナビのメニューからペアリングモードを選択します。

次に、スマホや音楽プレイヤーを操作してBluetoothを検出できる状態にすると、接続可能なBluetooth機器の一覧が表示されます。

一覧から、該当するカーオーディオやカーナビを選択します。

パスコードやPINコードなどの入力が求められる場合には、画面上に表示されているナンバーを入力するとペアリングが完了します。

その後は、スマホや音楽プレイヤーから音楽を再生すると、カーオーディオやカーナビから音楽が再生されるようになります。

USB接続(外部音声入力端子)

カーオーディオやカーナビがUSB接続に対応したものであれば、USBケーブルでスマホや音楽プレイヤーと接続して音楽を聴くことができます。

普段は充電に使用しているUSBケーブルを利用することができるため、手軽にスマホや音楽プレイヤーの音楽を車で楽しむことができます。

接続方法は、USBケーブルをスマホや音楽プレイヤーとカーオーディオやカーナビのUSB端子に差し込むだけです。

カーオーディオやカーナビによっては、USB接続に対応していないものもあります。

また、再生することのできる音楽ファイルの形式は、使用するカーオーディオやカーナビが対応しているものに限られます。

中には、カーオーディオやカーナビでは再生できない音楽ファイルの形式もあるため、事前に対応可能なファイル形式を確認しておくと安心です。

AUX接続(外部音声入力端子)

スマホや音楽プレイヤーを車で楽しむ3つ目の方法としては、ステレオミニジャックやピンジャックなどのオーディオ用接続コードを使って、カーオーディオやカーナビのAUX端子に接続する方法があります。

カーオーディオやカーナビのAUX端子の形状によって利用できる接続コードが異なりますので、カーオーディオやカーナビのAUX端子の形状をあらかじめ確認しておきましょう。

接続方法は、スマホや音楽プレイヤーのイヤホンジャックに接続コードを差し込み、もう一方をカーオーディオやカーナビのAUX端子に差し込むだけです。

カーオーディオやカーナビを操作して、AUXに切り替え、あとはスマホや音楽プレイヤーで操作を行い、音楽を再生します。

車内で音楽を聴くときの注意

大音量での再生やイヤホンの利用に注意する

大音量で音楽を流しながら運転したり、イヤホンやヘッドホンを使って音楽を聴きながら運転したりしていると、周囲の音が聞こえない状態になることがあります。

クラクションや緊急自動車のサイレン、警察官の指示などが耳に入らない状況は、交通事故を招く恐れがあり、非常に危険です。

都道府県によっては、これらの音が聞こえない状況下での運転は違反行為とみなされる可能性があります。

適度なボリュームで音楽を楽しむことは問題ありませんが、イヤホンによっては密閉性の高い構造となっているものもあり、周りの音が聞こえにくくなることがあります。

運転の際には、周りの音が聞こえる程度のボリュームを前提としたうえで、音楽を楽しむようにしましょう。

運転中の操作は、道路交通法違反に

また、車を運転中にスマホや音楽プレイヤーの画面を見たり、操作をしたりすることは危険な行為です。

運転中にスマホ画面やカーナビ画面などを注視する、いわゆる「ながらスマホ」に起因する交通事故が増加傾向にあり、問題視されています。

道路交通法では、運転中に携帯電話やスマホでの通話や画面を注視する行為を禁止しています。(道路交通法第71条第5号の5)

2019年には道路交通法の一部が改正され、ながらスマホに対する罰則が強化されています。

改正前 改正後
携帯電話使用等 (保持)
・通話(保持)
・画像注視(保持)
罰則 罰則
5万円以下の罰金 6ヵ月以下の懲役または
10万円以下の罰金
反則金 反則金
普通車の場合 6,000円 普通車の場合 18,000円
点数 点数
1点 3点
携帯電話使用等
(交通の危険)

・通話(保持)
・画像注視(保持)
・画像注視(非保持)
することによって交通の危険を生じさせる行為
罰則 罰則
3ヵ月以下の懲役又は
5万円以下の罰金
1年以下の懲役又は
30万円以下の罰金
反則金 反則金
普通車の場合 9,000円 適用なし
非反則行為となり刑事罰(懲役刑または罰金刑)が適用
点数 点数
2点 6点
政府広報オンラインをもとに作成

違反点数がこれまでの3倍、反則金も高額となっており、場合によっては一発免許停止処分の対象となります。

運転中にスマホや音楽プレイヤーを操作すること、画面を注視することは危険なので、絶対にやめましょう。

まとめ

車でBluetooth(ブルートゥース)やUSB接続による、スマホや音楽プレイヤーに入っている音楽を楽しむ方法についてご説明しました。

好きな音楽を聴きながらのドライブは、楽しいものです。

しかし、周囲の音が聞こえないほどのボリュームやイヤホンなどで音楽を楽しむこと、運転中にスマホや音楽プレイヤーを操作することは、大変危険な行為です。

車を発進させる前にスマホや音楽プレイヤーの操作を済ませ、運転中は機器の操作や画面を注視することのないよう、くれぐれも気を付けてドライブを楽しむようにしましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年9月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD201006-2

「カー用品・パーツ」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り