閉じる

車のオーバーヒートとはどういう意味?原因や対処法は?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車のオーバーヒートとはどういう意味?原因や対処法は?

移動に便利な車。車はさまざまな精密な部品で構成されているため、何かしらのトラブルが起きることがあります。車のエンジンの故障の中でも、発生率が高いのが今回ご紹介するオーバーヒート。言葉どおり「高温になりすぎた状態」というイメージは湧きますが、実際何が起きているのでしょうか。

車のエンジンがオーバーヒートするとはどういう意味?

車のエンジンがオーバーヒートするとはどういう意味?

オーバーヒートとは、エンジン本体が熱くなりすぎた状態のことです。車のエンジンは、内部で空気とガソリンの混合気を爆発・燃焼させて動力を作り出しています。そのため非常に高温となるのですが、内部機器を保護するための冷却作業も同時に行われています。エンジンの温度が上がりすぎると、異常を来すのが冷却水です。冷却水が熱くなってしまい、冷却作用が上手く行われません。エンジンの熱量が冷却性能を超えてしまったときに起きるエンジンのトラブルをオーバーヒートといいます。

エンジンがオーバーヒートしたときに出る症状

エンジンがオーバーヒートしたときに出る症状

ではオーバーヒートが起こりそうな、あるいは起こってしまった場合、実際にどのような症状が現れるのでしょうか。

水温計が異常を示す/水温警告灯が点灯する

オーバーヒートの兆候がわかりやすいのが、冷却水の温度を示す水温計の異常です。水温計は多くの場合、スピードメーターなどの近くに「H」や「C」、「℃」などの文字で表示されています。エンジンをかけ、エンジンが温まってくると、通常水温計の針は「C」と「H」の中間あたりを示します。その水温計の針が「H」に近づくほど、水温が高くなっていて、エンジンがオーバーヒートしている可能性があるということです。

水温計が付いていない車の場合は、水温警告灯が点灯もしくは点滅しているかどうかを確認するといいでしょう。

走行に違和感を覚えるようになる

アクセルを踏んでも思うように加速しない、エンジンの回転数が安定しない。このような場合は、オーバーヒートが疑われます。異常が最終期になると、エンジンが停止します。

異音、異臭がする

エンジンから「キンキン」「カンカン」というノッキング音や、ボンネット内から「キイキイ」などの高い音が聞こえることがあります。これらは明らかに車の異常を示しており、オーバーヒートもその原因として考えられます。オイルが焼ける臭いがしていれば、深刻な状態であることを示しています。

ボンネットから煙(水蒸気)が出る

ボンネットの隙間から煙のようなものが立ち上がります。この正体は気化した冷却水で、正しくは水蒸気です。オーバーヒートというとこの症状をイメージされる人がいるかもしれませんが、この状態はかなり異常が進んでから発生します。

どうしてオーバーヒートが起こるの?

どうしてオーバーヒートが起こるの?

次に、なぜオーバーヒートが起こるのか。その原因をご紹介します。

冷却水の漏れ・不足

既にご紹介したように、エンジンの稼働中には冷却作業が行われています。これはエンジンが高温になりすぎて不具合を起こすのを予防するためで、冷却水(LLC)と呼ばれる専用の液体で冷やすしくみになっているのです。エンジンの熱で温められた冷却水はラジエーターや冷却ファン、ウォーターポンプなどの働きで冷やされ、再びエンジン内部へと循環していきます。
何らかのトラブルでラジエーターやホースから冷却水が漏れていると、エンジンを冷やせなくなってしまいます。

ウォーターポンプの不具合

ウォーターポンプは冷却水を循環されるパーツです。ウォーターポンプに不具合があれば冷却水が正常に循環しないのでエンジンが必然的に加熱されてしまいます。

エンジンオイルの不足、不具合

ラジエーターだけでなくエンジンオイルも、エンジンの排熱の役目を果たしています。オイルはエンジン内部の部品を滑らかに動作させていますが、規定量を下回ってしまうとこの働きが阻害されます。すると内部部品の摩擦熱が車の冷却能力を超えて異常に高まり、オーバーヒートしてしまうのです。

冷却水やエンジンオイルの劣化

冷却水やエンジンオイルは、充填されている量だけでなく“鮮度”も重要です。交換されてから時間が経ちすぎると、その機能が大きく劣化してしまいます。こうなると本来の働きを行うことができませんので、オーバーヒートなど車の異常を招くことになります。

高負荷・高回転での低速・長時間走行

冷却系や油脂類が正常に作動していたとしても、本来の能力を超える運転はエンジンに異常な負荷をかけますので、冷却が間に合わなくなります。具体例を挙げると、長い坂道を低速ギアで走り回転数を高く保ってしまう、長時間の渋滞で車に十分な風が当たらない、などです。坂道での低いギア選択は間違いではありませんが、あまりエンジン音が高くなるような状態を続けないよう注意してください。渋滞中にオーバーヒートしそうな場合は、SAや安全な路肩などに車を停車させてエンジンを冷やすことを心がけましょう。

車がオーバーヒートしたときにとるべき対処法

車がオーバーヒートしたときにとるべき対処法

このようにオーバーヒートとは、エンジンの熱量が冷却性能を超えてしまったときに起きるエンジンのトラブルです。ドライバーにとっては不測の事態ですので、どうしたら良いかすぐには判断できないかもしれません。まずは焦らないこと。それが最重要です。パニックになって交差点や車道の中央などで停止してしまうと、二次的な被害を発生させる原因となりかねません。落ち着きを持って以下のような対応をしてください。

①安全な場所に停車する
周囲の安全を確認して、十分な幅のある路肩や道路脇、高速道路ならば待避所など他の車の走行の邪魔にならない場所に停車します。

②エンジンを止め、ボンネットを開ける
ボンネットを開けてエンジンルームの風通しをよくし、エンジンを冷やすことが大切です。すぐにエンジンを止めてしまうと冷却水や、エンジンオイルの循環が停まってしまい、エンジンが焼け付いてしまう可能性があるので、エンジンはそのままかけておく必要があります。
ただし、冷却水などが漏れている、冷却ファンが回っていないときは、ただちにエンジンを止めて自然にエンジンを冷やします。

ボンネットから蒸気が出ている場合は、蒸気が高温になっているため、やけどする恐れがありますので、慎重に作業を行ってください。

③十分に時間をかけて車を冷やし、様子を見る
オーバーヒート時には、エンジンだけでなくラジエーターや冷却水の通り道であるホースも異常な高温になります。すぐには温度が下がりませんので、ボンネットを開けたまましばらく放置してください。冷却水のリザーバータンクやラジエーターのキャップは絶対に外さないでください。十分に温度が下がっていない場合、100度を超える冷却水が噴水のように吹き出し、大火傷を負う危険性があります。

④症状が酷い、回復しない場合はロードサービスなどを依頼する
オーバーヒートの程度によっては、再度エンジンを始動することもできますが、オーバーヒートは複数の要因によって発生していることもあります。できればロードサービスなどに救援を依頼し、修理工場でオーバーヒートの原因を調べ、修理してもらいましょう。

オーバーヒートしたらどんな修理が必要か

オーバーヒートしたらどんな修理が必要か

オーバーヒートは原因が複数考えられますので、修理が必要な箇所も多岐にわたります。

  • 冷却水やエンジンオイルの漏れ止め、補充
  • ラジエーターホースの漏れ止め、交換
  • サーモスタット(弁)の修理、交換
  • ウォーターポンプの修理、交換
  • ラジエーターファンの修理、交換
  • ラジエーターの修理、交換
  • エンジンの修理、載せ替え

オーバーヒートの修理で比較的費用負担の少ないものから列挙しました。エンジンを新しく交換することになった場合は、交換費用が高額になりますので、車の買い替えを検討するような場合もあるでしょう。

車の正常な状態を知ることが、安全への対策になる

車の正常な状態を知ることが、安全への対策になる

エンジンのオーバーヒートについて、原因や症状、対策方法をご紹介しました。車の心臓部と呼ばれるエンジン。エンジンが動かなければ車は走行することができません。
少しでも違和感を覚える症状が出たら、本記事の「4.車がオーバーヒートしたときにとるべき対処法」を実行したうえで、ロードサービス、修理工場など専門家に相談するようにしましょう。

チューリッヒのロードサービスには、エンジン冷却水やエンジンオイルの補充の無料サービスがあります。
提供できる冷却水、エンジンオイルは、現場にて用意可能なものとなっています。ただし、現場で冷却水、エンジンオイルが用意できない場合、または冷却水補充、エンジンオイル補充にて対応できない場合は、レッカーサービスを提供しています。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM180703-2

「車のトラブル」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り