閉じる

駐車場での事故対策

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
駐車場での事故対策

車の事故といえば、道路上での事故が多いように思われる方が多いかもしれません。ところが実際は、車両事故のうち約3割※が駐車場で発生しているといわれています。近年ではアクセルとブレーキの踏み間違いによる大きな事故のニュースも耳にします。

ここでは、駐車場ではどんな事故が多いのか見ていきましょう。

※一般社団法人日本損害保険協会「駐車場事故の実態」H25版

駐車場内の事故は、交通事故にならない?

コインパーキングや飲食店、コンビニ、民家などの駐車場内は、私有地扱いになります。道路交通法は基本的には公道についての法律のため、駐車場内の事故では適用されず、警察が対処できないケースもあるようです。

ただし、「不特定多数のものが自由に行きかうことができる場所」は道路交通法が適用されることもあるため、ほとんどの駐車場内で発生した事故は警察に届け出る義務があります。

警察に届け出をしていない事故は交通事故証明書が発行されず、保険が適用されないこともあるので、事故が発生したら必ず警察に届け出ましょう。なお、私有地のため道路交通法が適用されない場合でも、自動車運転過失致死傷などの刑罰が適用される可能性はあります。

駐車場内で多い事故

駐車場内で多い事故

接触事故

一般道では基本的に車は同じ車線で同じ方向に走行し、右左折の際はウィンカーで進行方向が表示されます。歩行者が道路を横断する以外の目的で走行車線上に現れるケースは少ないでしょう。

一方、駐車場では車も歩行者も不規則な動きをしがちです。一般道に比べて駐車場は見通しが悪いため、利用者の多いコンビニやショッピングモールなどの駐車場では特に注意しましょう。

当て逃げ事故

駐車場内ではドライバーがいない状態が多いため、当て逃げの事故も発生しやすいようです。となりの車にドアをぶつけてしまった、などのドアパンチも駐車場内で起こりがちな事故の一つです。

しかし、「ドライバーがいないから」とその場から逃走してしまうと「当て逃げ」となり、これは刑罰の対象になります。車をぶつけてしまった場合は「物損事故」として扱われますが、当て逃げは点数が加算されて免停になる可能性も。パニックに襲われるかもしれませんが、当て逃げは重い刑罰の対象になることを忘れず、落ち着いて必ず警察に届け出ましょう。また、保険会社にも連絡をしてください。

自分が当て逃げされてしまった場合は、まずは警察に連絡します。相手がわからない場合であっても修理代に保険が適用されるケースもあるので、保険会社にも連絡するようにしましょう。

機械式立体駐車場での事故

機械式立体駐車場での事故

限られた面積に多くの自動車を止められる機械式立体駐車場は、都心のマンションでは特に多くみられます。利用者や周囲にいた人が機械装置に挟まれるなどして重傷・死亡に至る事故は、平成19年度から平成25年度までの7年間で207件も起きています。利用する際は、充分に注意しましょう。

※政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報」

駐車場ではどのようなことに気をつける?

必ず目と耳で安全確認

「止まってくれるだろう」「大丈夫だろう」という見込み運転は大変危険です。駐車スペースを探すことばかりに気をとられないよう、絶えず周囲の車や歩行者の動きに注意して、確認はミラーだけでなく目視も行いましょう。

目だけでなく、音でも周囲の状況を確認できるように、オーディオのボリュームを下げて窓を開け、外の音が聞こえるようにするとより効果的です。クラクションの乱用は避けるべきですが、早めの警告やヘッドライトで自車の存在をアピールすることを心掛けましょう。

ブレーキとアクセルの踏み間違いに注意

ブレーキペダルとアクセルペダル

交通事故総合分析センターの統計によると、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故の発生場所は「駐車場など」に多い傾向があります

バックしようとしたらギアがRに入っておらず前進してしまい、慌ててブレーキを踏んだつもりがアクセルだった…などの事故はどの年齢層でも起こりえます。「高齢者の事故」と考えず、普段から気をつけるようにしたいものです。

※財団法人 交通事故総合分析センター「イタルダ・インフォメーション No.86」
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info86.pdf

バック時はリバース警告音を確認してからアクセルを踏む

バックする際はギアをRに入れてもすぐには動かさず、リバース警告音を確認してから車を動かすことが重要です。バック駐車の場合は、後方の死角に人や車がいないか、常に確認しながら行います。特に子どもは死角に入りやすいので、要注意です。

駐車場内は徐行する

駐車場内では充分に速度を落とし、徐行(時速10km以下)しましょう。歩行者がいる場合やバック運転の際はさらに速度を落とし、人が歩く速度(時速3〜4km)にします。また走行順路を守ることも大事です。

駐車場内での事故の過失割合

駐車場内で起きた事故の過失割合は、算定が難しいケースが多くあります。その理由は、もともと見通しが悪いことと、交通標識がないためです。どちらの過失割合が大きいかについては、トラブルになることも少なくありません。

さまざまなケースが考えられますが、過失割合は過去の判例にあてはめることにより決められています。例えば、「通路を進行するクルマ(A)」と「駐車区画から通路に進入しようとしたクルマ(B)」との事故の場合、過失割合はA:B=30:70とされています(判例タイムズ38号)。

駐車場内の過失割合

車道から駐車場に入ると、走行速度が遅くなりつい緊張が緩みがちです。常に周囲に気を配り、事故防止に努めましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170818-1

「駐車場・車庫」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り