閉じる

パワースライドドアが「開かない」「閉まらない」故障の原因は?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

パワースライドドアが「開かない」「閉まらない」故障の原因は?

車のドアにはいくつかのタイプがありますが、その中でも乗り降りするときに便利なのが、「スライドドア」と呼ばれるタイプのドアです。最近の車の中には、ミニバンだけでなく、軽自動車でもスライドドアを採用しているメーカーもあります。本記事では、スライドドアの機能やメリット、デメリット、起こりやすいトラブルなどをご紹介していきます。

そもそも、スライドドアとはどういったもの?

そもそも、スライドドアとはどういったもの?

車のドアの種類は大きく2種類に分けられ、「スイングドア」と呼ばれるヒンジのついた開き戸タイプのドアと、「スライドドア」と呼ばれる引き戸タイプのドアがあります。
スポーツカーなどでは、「ガルウイングドア」「バタフライドア」など、個性的なドアが採用されている車種もありますが、前出の2種類のいずれかが採用されることが一般的です。

子どもや年配の家族がいる場合、車の乗り降りのしやすさ、安全が気になる方も多いでしょう。スライドドアは、引き戸のように横にスライドさせることができるドアのことで、開口部が大きく乗り降りしやすいことが特徴です。そのため、ファミリーカーとしての用途が多いミニバンや、「ハイトタイプ」と呼ばれる背の高い軽自動車などに装備されることが多くなってきました。

スライドドアのメリット

スライドドアのメリット

スライドドアのメリットは、なんといっても狭い駐車場でのドアの開閉に気を使わなくていいことが挙げられます。駐車スペースの左右に余裕がなく、すぐ隣に車や壁があっても、他の車にぶつけることがなく、大きくドアを開くことができるので安心です。また、小さい子どもの乗せ下ろしや足腰の不自由になった高齢者にも身体への負担が少ないなど、ありがたい装備だといえます。

また、最近では電動で開閉できるタイプの「パワースライドドア」と呼ばれるものも一般的になってきました。
これは、スイッチを操作するだけでドアが自動で開閉するしくみのもので、簡単にドアを開けることができることが特徴です。最近では、離れた場所からでもリモコンキーで操作できるタイプのものや、荷物を抱えているなど両手がふさがっているときでも、足元のセンサーだけで開閉できるタイプも登場していて、より便利になっています。

パワースライドドアは、スイングドアと比べて、力を入れなくてもドアの開け閉めができることが特徴ですが、それ以外でも家族にうれしい機能があります。
実は、パワースライドドアでは、運転席のボタン操作でドアを開けることができるため、事故防止に役立ちます。子どもを後部座席に乗せる場合には、誤って走行中にドアを開けないよう、チャイルドロックをかける方も多いと思いますが、運転席から開閉の操作ができるので、停車後にわざわざ外に出てドアを開ける必要がありません。

また、スイングドアや手動のスライドドアは、勢いよく閉めてしまうと、子どもが指を挟んでしまうなどの予期せぬ事故が起こる可能性があります。その点、パワースライドドアでは、ほとんどの車種に挟み込み防止の安全装置があります。また、半ドアを自動で閉めるオートクロージャー装置が付いていることも多いため、開閉時の安全性は高いと言えるでしょう。

スライドドアのデメリットは?万が一トラブルが起こってしまったときの対処法について

スライドドアのデメリットは?万が一トラブルが起こってしまったときの対処法について

パワースライドドアは、便利で安全性も高いドアですが、いくつかデメリットがあります。この章では、スライドドアを装備した車での注意点や、トラブルについて解説していきます。

「開かない」「閉まらない」などの故障原因は?

パワースライドドアは、自動開閉するための電動モーターをはじめ、スイングドアと比べるとパーツが大幅に増えます。そのため、車両価格が高くなりがちで、また車両重量も増えるため燃費性能の低下にもつながります。
また、パーツが多いということは、故障してしまった場合に修理費が高額になる可能性があります。
以下は、パワースライドドアの主な故障原因一覧です。

故障の原因 内容 修理費目安
ヒューズ切れ ヒューズとは、家庭にあるブレーカーのようなもので、電気製品を保護するために大きな負荷が掛かったときに、電気回路を遮断する安全装置です。これが遮断されてしまうと、パワースライドドアが故障してしまい、スイッチを押しても全く反応しなくなることがあります。 5千〜1万円程度
ゴムパッキンの劣化 車の開口部にはゴムパッキンがついています。これが劣化することで、スライドドアに引っかかってしまったり、隙間に挟まってしまったりして、ドアがきちんと閉まらないというケースがあります。
ゴムパッキンを交換すればすぐに直るため、早めに交換しましょう。
1万〜2万円程度/1ドア
電動モーターの故障 パワースライドドアは、ワイヤーを電動モーターで巻き取ることでドアが開閉します。何らかの原因でモーターが故障してしまった場合は、ワイヤーを巻き取ることができずに、ドアが全く動かなくなってしまうことがあります。 10万〜15万円程度

ちなみに、パワースライドドアは、ステアリング側のスイッチ操作により手動への切り替えが可能です。そのため、モーターの交換など修理費用が高くなってしまう場合は、手動に切り替えて乗り続けるという選択肢もあります。
ただし、新車で購入している場合は、故障に対して3年間の保証がついていることもあるので、事前に販売店に確認するのが良いでしょう。

側面からの衝突には弱いものも。事故のリスクについて

パワースライドドアは、開口部が大きく、比較的ドアも薄くなります。そのため、側面からの衝突事故の際にダメージを受けやすく、ドアが開閉できなくなってしまうこともあります。安全面に関しては、古いタイプのミニバンなどは剛性に問題がないか注意が必要です。

スライドドアの安全な使い方、注意点

スライドドアの安全な使い方、注意点

スライドドアを装備する車を使用するうえで、注意するポイントを挙げておきましょう。

開閉時は周囲をよく確認して大人が操作する
スライドドアの開閉で注意を怠ると、手や指を挟みこむなど重大な事故につながることがあります。
ドアの開け閉めを自動で行うパワースライドでも注意が必要です。声がけをしてからリモコン操作をするようにしましょう。

傾斜のある場所でのスライドドアの開け閉め
坂道など傾斜のある場所は平坦な場所とはかかる力が変わってきます。確実にドアが固定されていない状態だとドアが自然に閉まってしまうことがあります。また開けている最中にドアから手を放さないようにしてください。

スライドドアの乗り降りは後続車からわかりづらい
スライドドアは大きく外側にドアが開かないので、後続車からドアが開いているのかわかりづらくなります。スイング式であれば、ドアが開いていれば人が降りてくる可能性を考慮して後続車も減速走行できますが、スライドドアの場合、減速せずに横を通過されることもあるため注意が必要です。
夜間の乗降は、ルームランプを点灯すれば後続車から分かりやすくなります。

パワースライドドアについてのまとめ

パワースライドドアについてのまとめ

パワースライドドアはドアの開閉に危険性も少なく便利で、特に小さな子どもがいる場合に、ファミリーカーには必要な装備だと思います。しかし、大きなデメリットとしては、故障してしまったときの修理代が高額になりがちなことと、ドアを開けたままにしているときの事故のリスクがあります。

また、中古車を購入する場合にはパワースライドドアが完動品であるか、事前に確認をしておくことが望ましいでしょう。
本記事では、パワースライドドアの概要や、トラブル時の対応、安全な使い方について解説してきました。
以前は商用車のワンボックスやミニバン専用というイメージでしたが、最近は軽自動車やコンパクトカーでも多く採用されていて、スライドドアの車を検討されている方もいらっしゃるでしょう。どのような車種がご自身のライフスタイルに合っているのか、本記事を参考にしてみてください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM181126-1

「車のトラブル」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り