閉じる

「修復歴のある車」の定義と基準、見分け方は?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

「修復歴のある車」の定義と基準、見分け方は?

「修復歴のある中古車」と聞くと、安全性に不安を感じる人も少なくないでしょう。しかし、修復歴があったとしても、走行上や使用上の問題があるとは限りません。今回の記事では、修復歴の基準や定義を解説するとともに、修復歴のある車を購入するときの注意点を紹介します。

修復歴の定義と基準

修復歴の定義と基準

中古車を売買するときには、「修復歴」が車の買取価格に大きく影響します。買取店に売る際の契約では、修復歴の告知が義務づけられることが一般的であるため、修復歴があるにもかかわらず告知を怠ってしまうと、後から買取価格の減額を要求される可能性もあるので注意しましょう。

ただし、事故を起こし、または起こされて車を修理したからといって、必ず修復歴がつくわけではありません。どんなときに修復歴がつくのかを知るために、自動車公正取引協議会や日本自動車査定協会、日本中古自動車販売商工組合連合会による、「修復歴のある車=修復歴車」の統一基準を見ておきましょう。

修復歴のある車とは

日本自動車査定協会ウェブサイトによれば、交通事故やその他の災害により、自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるものを修復歴があるといいます。

ここでポイントとなるのが、「骨格」とはどの部分でしょうか?「骨格」はフレームとも呼ばれ、車種によって異なりますが、下図ボンネットタイプの車で、イメージを掴んでください。
車の強度を保つ部分が骨格(フレーム)にあたり、骨格部分に影響を及ぼし、交換や修正をすると「修復歴車」として扱われます。
逆に車の強度を保つ部分ではない外側のフェンダーやドアの損傷では事故歴車にはならず、交換をしても修復歴車とはなりません。

ボンネットタイプ

ボンネットタイプ
  1. フレーム(サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア

①から⑧の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。

一般財団法人 日本自動車査定協会ウェブサイトをもとに作成

修復歴と修理歴は違う

修復歴と修理歴は違う

さきほど説明した修復歴車の統一基準に照らすと、たとえば壁に擦ってしまってできた傷を塗装修理しただけでは修復歴車にならないことがわかるでしょう。修復歴に含まれない修理を行った場合、「修理歴」とされますが、修理歴は修復歴ほど買取価格に大きく影響しません。

それでは、バンパーを交換した場合はどうでしょうか?こちらは一見修復のようですが、バンパーはフレームではないので、交換しても修復歴には含まれません。フロントフェンダーやトランク、ボンネットが破損した場合も同様です。

次に、車が横から追突された場合を考えてみましょう。このときドアの交換だけで済めば修復歴にはなりませんが、ドアの交換と合わせて損傷したフレームを修復すれば、修復歴がつくことになります。

このように、同じような事故であっても、損傷した箇所や修理の内容によって、修復歴の有無が変わる点に注意が必要です。そのため、車を修理したときには、修理内容を示した明細などをきちんと保管しておきましょう。将来車を売るときに、「修理をしたことはあるが、骨格部分に問題はない」ということを証明できるからです。

被害を受けた事故での修復歴、下がった評価額を請求できる?

被害を受けた事故での修復歴、下がった評価額を請求できる?

なお、事故の原因が相手にある場合、損害賠償を求めることができますが、損害額を算定するときに修復歴が考慮されます。もし車をぶつけられて修復歴がついたのであれば、ぶつけられた部分の修理費用はもちろん、「事故により下がってしまう買取金額」についても請求できることを覚えておきましょう。

このように事故により落ちた買取価格を「事故減価額」といいますが、事故減価額を請求する場合には、日本自動車査定協会による「事故減価額証明書」が必要です。この証明は事故により、車の価値が下がったことを証明してくれるサービスです。相手側の保険会社に交渉する際、手続きがスムーズになることが期待できます。

事故減価額証明書の発行手続きをする際には、お近くの日本自動車査定協会の支所に電話などで問い合わせて手続きの方法を確認してください。車検証や自賠責保険証などの必要書類を揃える必要があるほか、証明手数料もかかるため、こちらも確認しておきましょう。

反対に、自分の運転ミスが原因で修復歴がついた場合はどうすればいいでしょうか?
この場合、修復して売却するよりも、修復せずに廃車にした方が得になる可能性があります。修復費や買取価格をきちんと把握して、より良い方を選んでください。

修復歴ありの車を買うときの注意点

修復歴ありの車を買うときの注意点

修復歴のある車は、ない車よりも安く販売され、とくに高級車やスポーツカーは値落ち幅が大きくなるケースが一般的です。そのため、中古車を買うときに、あえて節約のために修復歴のある車を選ぶ人もいるでしょう。そうしたときに気になるのが、安全上の問題です。

現在の乗用車の多くで採用されているフレームは「モノコック構造」というものです。このフレームは、一方向から衝撃が加わった場合に衝撃を分散させて乗員を守ってくれますが、そのことによって車体全体に歪みが広がる可能性があります。

一般財団法人 日本自動車査定協会ウェブサイトをもとに作成

もしも追突事故などでフレームの一部が破損すると、追突箇所を完全に修復したとしても、車体全体のバランスが歪んだままであれば、フレームの機能を十分に発揮できず安全性が落ちてしまうのです。

そのため、事故にあった場合、あらためてフレーム全体の接合箇所を修復(溶接)することもありますが、ピラーとルーフパネルの周辺の接合箇所にはとくに注意しましょう。ここがうまく修復されていないと、衝撃がうまく分散されなくなるからです。このような車体で事故に遭遇すると乗員が大きなダメージを受ける可能性があります。

また、フレームやダッシュパネルを修復した場合は走行に悪影響が出るかもしれません。これらの箇所の修復が十分になされていないと、ハンドルがブレたり、直線の道路を走っているのに横に寄ったりする可能性があるため、試乗して念入りに違和感がないか確認しておきたいところです。合わせて、カーブのときの違和感や、異音などもチェックしておきましょう。

修復歴のあるなしは事故歴を示しているのではない

修復歴のあるなしは事故歴を示しているのではない

前述のとおり、修復歴車とは「自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるもの」であるとお話しました。
事故車=修復歴車であると思っている方もいらっしゃいますが、事故を起こした車であっても自動車の骨格部位が修復されていなければ修復歴なしとなります。

中古車販売業者に修復歴の表示は義務付けられていますが、事故歴そのものについての告知義務はありませんので注意しましょう。

中古車の購入を検討している場合は、販売店で修復歴の内容の確認、また事故歴についても確認することが大切です。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181228-1

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り