閉じる

車のエアコンの臭い対策とエバポレーターの洗浄

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車のエアコンの臭い対策とエバポレーターの洗浄

自動車のエンジンをかけてエアコンを入れたとき、車内の吹出口からいやな臭いが吹き出す…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
どんなときにいやな臭いがするかというと、おそらくは、しばらく車を使わずに、久しぶりにエンジンをかけたとき、あるいは季節の変わり目に、初めて冷房(または暖房)を入れたときでしょう。

そのいやな臭いの原因はカビです。つまり原因は、住宅のエアコンが臭うのと同じです。カビが生えるのは、冷房を使用する季節に起こります。そのメカニズムと対策について、見てみましょう。

車のエアコンのしくみ(冷房の場合)

車のエアコンのしくみ(冷房の場合)

ここでは、エアコンのうち、臭いの原因になる冷房のしくみをみてみます。
車のエアコンは冷媒(エアコンガス)を循環させ、気化するときの温度差を利用して車内を冷やしています。

  • エアコンガスはコンプレッサーで圧縮され、高圧・高温の液体になります。
  • 液体となった冷媒は、ラジエーターと同じ機能を果たすコンデンサー(凝縮器)で冷やされます。
  • エバポレーターという冷却器の入口には、エキスパンションバルブがあります。その細いノズルから、冷媒はエバポレーターの中に吹き出され、急激に気化します。このとき、周囲の熱が奪われて、エバポレーターの温度が下がります。
  • エバポレーターの後ろにはブロアー(扇風機)がセットされており、エバポレーターで冷やされた空気をダクトで車内に導くことによって、車内の空気が冷えるのです。

エバポレーターの温度が下がるしくみは、霧吹きで水を肌に吹き付けたり、最近酷暑対策で屋外に設置されている、霧状になった水を噴射するミストシャワーを浴びたりしたとき、ヒヤッと感じることと原理は同じです。液体が気化する際に、周囲の熱を奪う気化熱の原理が使われているのです。

エアコンのカビの原因は水とホコリ

エアコンのカビの原因は水とホコリ

このエアコンのサイクルで、エバポレーターは常温より冷たくなります。空気中に含まれる飽和水蒸気量のキャパシティは、温度が低くなると小さくなるため、溶け込んでいた水分が凝縮して水滴となり、エバポレーターは、夏に冷たい麦茶を入れたコップのように結露します。結露は次々に続くので、そこから落ちる水滴は、車の底から排出されるようになっています。冷房運転中の車の底から水滴が落ちるのは、そのためです。

このように、冷房運転中常に湿気にさらされているエバポレーターにカビが生えやすいのです。生えたカビが増殖する際にばらまかれる胞子がブロアーの風で車内に入り込み、臭いの原因になります。

また、外気取入れ口のエアフィルターには必ずホコリがたまります。そこにもカビは生え、増殖すると同様に、臭いの原因になります。

エアフィルターの交換が有効な対策

エアフィルターの交換が有効な対策

一番簡単で効果のある対策は、エアフィルターの交換です。最低でも年1回の交換が望ましく、整備工場やディーラーの車検整備・点検でも交換を勧められるポイントだと思われます。

エアフィルターの交換は、それほど難しいものではないので、ユーザーが自分で交換することも可能です。自動車の取扱説明書にはエアフィルターの品番が書かれていますので、カー用品店で適合したフィルターを購入し、取扱説明書を参照しながら交換作業をします。

乗用車の場合は、助手席側のダッシュボードの裏にある場合が多いようで、ツメで留められている内装パネルを外すと使用中のフィルターが現れるので取り外し、フィルター枠に新しいフィルターを取り付けます。

ただし自動車メーカーは、ユーザーが自分でエアフィルターを交換することを想定していません。内装パネルはツメで組みつけられており、無理な力を加えると折れてしまうことがあります。自信がなければ自分ではやらず、整備工場やディーラーに任せるのが安心でしょう。

簡易洗浄剤を利用する

カー用品店では、消臭スプレーや、エアコンを内気循環にして車内で薬剤成分の蒸気を発生させ、エアコンの空気の経路を通すことで消臭する、あるいは防カビ効果が得られるとうたう簡易洗浄剤が売られています。これらは、どうしても通すことのできる薬剤の量が限られますので、はっきりとわかるような効果が出るかどうかは、実際にやってみて判断する、といったところでしょうか。

車のエバポレーター洗浄サービスを利用する

整備工場の中には、エバポレーターを取り外して洗浄するサービスを行っているところがあります。確かに、臭いのもとを一番除去できるのはこの方法かもしれません。しかし、費用が比較的高額であること、そしてエバポレーターを取り外しての洗浄は、自動車メーカーでは前提にしておらず、保証の範囲外となることには留意する必要があります。ユーザー自身では手をつけるべき領域ではないといえます。

カビの増殖を防ぐには

カビの増殖を防ぐには

では、毎日の自動車の使い方で、カビの増殖を防ぐ手段はないものでしょうか。

エアコンのエバポレーターにカビが生える原因は、結露して水分がつくことであるとご説明しました。つまりエバポレーターをなるべく乾燥している状態に保つことができれば、効果は期待できます。

方法としては、エアコンを止めて「送風」を最大にして15分ほど運転するというものです。外気温とエバポレーターの温度差をなくせば結露の発生が止まり、同時にブロアーの強い風を当て続けることで乾かし、車を駐車場に止めれば、エバポレーターは乾いた状態を維持できるでしょう。夏場は、「あと15分で帰宅」という地点を決めておいて、そこでエアコンを止め、送風だけにする習慣をつけるといいかもしれませんね。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180927-1

「車のメンテナンス」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り