閉じる

雪の日に車のワイパーを立てる理由は?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

雪の日に車のワイパーを立てる理由は?

豪雪地帯などのニュースを見ていると、雪の日に車のワイパーを立てて駐車している様子が映し出されることがあります。近年はこれまで積雪が少なかった地域でも雪が積もることが増えていますので、雪の日のワイパー対策を知っておくといざというとき役立つでしょう。では、なぜ雪の日にはワイパーを立てるのか、その理由を解説します。

雪の日にワイパーを立てる理由

雪の日にワイパーを立てる理由

普段はフロントガラスについた状態で構わないのですが、ワイパーはフロントガラスから離して立てることも可能な構造になっています。雪が降ったときや、夜の間に降雪が予想されるときなどは、ワイパーを立てておいたほうがいい場合もあります。ワイパーを立てるべき理由は主に以下の3つです。

ワイパーがフロントガラスに張り付いたまま凍結し、動かなくなるのを防ぐため

雪の日は寒いため、ワイパーゴムが凍ってしまうおそれがあります。ワイパーは通常、フロントガラスに接触しているため、その状態で凍結するとフロントガラスに張り付き、動かせなくなってしまうのです。

凍ったワイパーを無理やり動かして故障するのを防ぐため

ワイパーは、以下のような部分の組み合わせで構成されています。

ワイパーブレード:フロントガラスの表面にゴムの部分を密着させ、汚れや雨水を拭き取る部分
ワイパーアーム:ワイパーブレードを動かす部分
リンク機構:ワイパーアームとモーターを連結し、動力を伝える部分

凍ってフロントガラスに張り付いたワイパーをそのまま動かそうとすると、ワイパーブレードのゴムが剥がれたり変形してしまったりする恐れがあります。仮にワイパーブレードが無事でも、ワイパーアームに過剰な負荷が加わり、折れ曲がってしまったり、リンク機構が破損してワイパーが動かなくなってしまったりするリスクがあります。

また、仮にワイパーを構成する各部分が無事でも、ワイパーの停止位置がずれたり、可動範囲が変わってしまったりする可能性があります。そのままの状態でワイパーを作動させているとワイパー本体だけでなく、モーターにも負荷がかかって故障の原因になります。

フロントガラスの雪かきを容易にするため

単純に、凍ったワイパーがフロントガラスに張り付いたまま固まっていると、ワイパーに傷がつかないように除雪しなければならないため、除雪がしづらくなるという理由もあります。

雪の日、ワイパーは必ず立てたほうがいいの?

雪の日、ワイパーは必ず立てたほうがいいの?

ワイパーゴムの張り付きや劣化を防ぐため、雪の日にはワイパーを「立てておいたほうがいい」ということはお分かりいただけたと思います。では雪の日にワイパーを立てることによるデメリットはないのでしょうか?

ワイパーを立てることによるデメリットは?

雪の日にワイパーを立てておくと、屋根などからまとまった落雪があった際、下敷きになったワイパーが折れてしまう恐れがあります。また、立てたワイパーの位置すら見えないほどの積雪の場合は、除雪のときにワイパーをひっかけて壊してしまうこともあります。このように、雪の日にワイパーを立てることはメリットばかりでなく、デメリットも存在することも覚えておいてください

雪の日以外に立てたほうがいいケースはある?

雪の日よりも稀ですが、夏の暑い日にワイパーを立てる人もいます。理由は、フロントガラスの熱で、ワイパーゴムが変形してしまうのを防ぐためです。夏にワイパーを立てている人があまりいないのは、遮熱シートを使うなど、フロントガラスの熱を防ぐ方法が他にも存在するためでしょう。

総合的に判断すると「雪の日にはワイパーを立てたほうがいい」

前述のようなデメリットがあるとはいえ、総合的に判断するなら、やはり「雪の日にはワイパーを立てておいたほうがいい」といえるでしょう。たしかに落雪による破損の危険性は生じてしまいますが、適切な対処法を実施すれば解決することができるからです。「ワイパーを立てる際の注意点」については次の章でまとめて解説したいと思います。

ワイパーを立てる際の注意点

ワイパーを立てる際の注意点

ワイパーを立てるのは簡単

一般的な車のワイパーは、手で掴んで持ち上げるだけで簡単に立てられるので特別なテクニックは一切必要ありません。初めてやる方も何の問題もなく立てられるはずです。

ワイパーを立てる際は駐車する環境に注意しよう

先にご説明したように、落雪によって立てたワイパーが破損してしまう恐れがあるため、軒先(屋根の端)やひさしの真下など、まとまった雪が落ちてくる可能性のある場所での駐車は避けたほうが無難です。

また、雪や風にさらされる場所の場合、車の前方が風下になるように駐車したほうが、後から車の周囲を除雪する際の負担が軽くなります。風向きは変わってしまうものですが、駐車のときは風向きも考慮してみてください。

ワイパーがボンネットに隠れるタイプの車の場合

「ボンネットに隠れてしまうワイパー」とは、「コンシールドワイパー」と呼ばれるものです。コンシールドワイパーは一部の高級車や外国製の自動車で採用されており、使っていないときはワイパーがボンネットの中に収納されるように設計されています。そのため、こうした車に乗っている人の中には「うちの車ではワイパーは立てられない」と思い込んでいる方がいるかもしれません。

コンシールドワイパーが採用された車種の場合、ワイパーを収納位置から出せる「ワイパースイッチ」がついています。このスイッチを使えば他の車と同じようにワイパーを立てられるので、何の問題もありません。ただし、ワイパーを立てたままの状態で動かしてしまうと、フロントガラスなどにぶつかり破損する危険があるので、ワイパーを立てた後は必ず元の収納位置に戻してから使用するように注意してください。

雪の日にワイパーを立てるのを忘れたら

雪の日にワイパーを立てるのを忘れたら

雪の日にワイパーを立てるのを忘れた場合や、予期せぬ降雪に見舞われてワイパーがフロントガラスに張り付いてしまった場合の対処法をご紹介します。

凍ったワイパーを解凍する方法

ワイパーブレードのゴムが凍結し、ワイパーがフロントガラスに張り付いてしまったら、自然に溶けるのを待つかエアコンの暖房などで温めて解凍しましょう。車外から熱を加えて解凍する場合、お湯をかけるのはおすすめしません。急激な熱膨張によりフロントガラスやワイパーブレードのゴムが破損する恐れがあるからです。水、あるいはぬるま湯のほうが好ましいでしょう。ただし、雪が降り続いている場合はかけた水分が再凍結してしまう危険もあるので気をつけてください。

手軽に短時間でワイパーを解凍したいのなら、「解氷スプレー」という商品を使用するのもおすすめです。

また、ワイパーの中には電熱線が入っていて自動的に解氷できる機能が備わったものもあります。一度、ご自分の自動車の説明書を確認しておきましょう。

変形したゴムやワイパーは交換・修理する

ワイパーブレードは市販されているので、もし凍結によって変形したり、折れ曲がったりした場合は自力で交換することもできます。ワイパーアームやリンク機構が破損した場合や停止位置がずれてしまった場合は、自動車修理工場かカー用品店などで専門家に見てもらったほうが安全です。

雪の日にワイパーが動かないと、視界が悪くなり不便なだけでなく、事故に遭遇してしまうリスクも高まります。雪の日にワイパーを立てたほうがいいことを知らなかった方、滅多に雪が降らない地域に住む方々も、運転に支障が出ないよう、雪が積もる前にできるだけワイパーを立てておくことをぜひ覚えておきましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180524-1

「自然災害の対応」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り