閉じる

タイミングベルトの交換時期や交換費用

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

タイミングベルトの交換時期や交換費用

「10万kmを過ぎたら交換したほうがいい」「交換せずに乗り続けるのは好ましくない」などといわれるタイミングベルト。タイミングベルトはゴムでできているため※、切れたり伸びたりするとエンジンの調子が悪くなったり、最悪エンジンが壊れてしまいます。
そこで今回は、タイミングベルトの役割、劣化した場合のリスク、適切な交換時期や交換にかかる費用など、タイミングベルトの基本を詳しく見ていきましょう。

※最近はゴムベルトではなく金属チェーンベルトが主流になってきています。

タイミングベルトとは?

タイミングベルトはどこにある?

タイミングベルトはどこにある?

タイミングベルトはエンジン内部にあり、クランクシャフトとカムシャフトを結んでいます。エンジンが規則的な回転運動を続けるためにはなくてはならない重要な部品です。

重要な役割を担うエンジン内部で、カバーが付いていることが一般的なので、自分で状態を確認することは、まずできません。交換時期の目安は「10万km」といわれていますが、状態が気になる場合は走行距離や使用状況などをふまえ整備工場などのプロに相談することをおすすめします。

タイミングベルトの役割としくみ

タイミングベルトの役割としくみ

エンジンの構成部品であるタイミングベルトはエンジンの動力をクランクシャフトからカムシャフトに伝えています。そしてカムシャフトを回転させて弁であるバルブなどを規則的に動かしているのです。この動作をスムーズに連動させるための重要な役割を担っているのがタイミングベルトなのです。
回転による動力が、バルブ開閉のタイミングをとっていることから「タイミングベルト」と名づけられました。

タイミングベルトはなぜ交換が必要?

タイミングベルトはなぜ交換が必要?

冒頭でお伝えした通り多くのタイミングベルトはゴムでできている消耗品のため、使用していれば、劣化、ひび割れ、伸びなどが発生します。

劣化したまま交換をしないと?

もし、ひび割れまたは伸びきっている状態で運転を続けているとタイミングベルトのギザギザした「歯」と呼ばれる部分が欠けたり、タイミングベルト自体が切れたりしてしまいます。

そうなると、クランクシャフトの回転とカムシャフトの回転のタイミングがずれてしまいますので、エンジンの不調につながります。さらにカムシャフトに回転が伝わらなくなればバルブが動かなくなってしまうので、エンジンが止まってしまいます。

タイミングベルトが寿命で切れてしまったら

タイミングベルトが寿命で切れるときは、まったく前触れがない場合が多いため、走行中に突然切れるとエンジンが停止し、追突事故の原因にもなりかねません。
さらに、バルブ開閉のタイミングがずれることでピストンがバルブを突き上げて、バルブが曲がる、ピストンが壊れることもあります。この場合は、エンジンの分解作業が必要になるため多大な出費も覚悟したほうが良いかもしれません。

タイミングベルトの異常に気づくポイントはある?

タイミングベルトの異常に気づくポイントはある?

エンジンが規則的に回転運動を続けるための重要な部品であるタイミングベルトですが、異常に気づくためのポイントはあるのでしょうか?

タイミングベルトが切れる前に異音はある?

トラブルの前には何らかの前兆があることが多いものですが、ことタイミングベルトに関しては残念ながらその答えは「NO」といえるでしょう。
エンジンが停止する数秒前に異音が聞こえるなどのケースもあるようですが、何の前触れもなく突然破損してしまうのがタイミングベルトなのです。
つまり、タイミングベルトの異常を事前に察知する方法はないに等しく、だからこそ走行距離10万km程度での交換が呼びかけられているのです。
車検や定期点検のときにタイミングベルトの状態を確認してもらい、交換をすすめられた際には、安全性を優先し、交換することをおすすめします。

目安のひとつとなる、走行距離

目安のひとつとなる、走行距離

一般的にタイミングベルトは10万kmが限界といわれていますので、「走行距離」がタイミングベルト交換のひとつの目安になります。

車のメーカーは、「ノーマルコンディションであれば10万kmごと」、「シビアコンディション※の軽自動車であれば初回36ヵ月、以後24ヵ月ごと、もしくは5万kmごと」など、独自基準によりタイミングベルトの交換時期の目安を定めています。ただし、目安はメーカーごとに異なるうえ、交換の目安となる時期が来ていないからといって、大丈夫というわけではありません。

なぜなら、タイミングベルトに負荷がかかる別の要因もあるからです。

  • エンジンオイルが劣化したケース
  • 冷却液の管理が不適切だったケース
  • 冠水した道路を走るなど、タイミングベルト本体が濡れたケース

走行距離はあくまでも目安としておき、日ごろの車の取り扱い方などにも注意しましょう。

※「シビアコンディション」とは、車にとって負担が大きい乗り方を表します。年間2万km以上、低速走行やアイドリングが多い、山道や悪路などが含まれます。

タイミングベルトの交換費用は高額になりやすい

タイミングベルトの交換費用は高額になりやすい

「タイミングベルトの交換は高いというイメージがある」「見積もりをとったら高くてびっくりした」という方も多いかもしれません。ここからは、なぜタイミングベルトの交換が高くなってしまうかについてまとめてみましょう。

タイミングベルト交換には手間がかかる

費用の内訳

タイミングベルトの交換費用の主な内訳はベルト本体の費用と工賃になります。

タイミングベルトはエンジン内部にあるため、交換にはエンジンを開け、多くの部品を取りはずす必要があります。タイミングベルト本体の価格は高額ではありませんが、エンジンを開け閉めし、部品を外したりする工賃が高くなるのです。
タイミングベルトの交換目安となる走行距離10万km前後は、使用年数でいえば10年前後になることが多いので、各部品も経年劣化が進んでいることは想像つくでしょう。

タイミングベルトを交換するときにはエンジンを開け、多くの部品を外した状態になりますので、同時に交換しておいたほうがよいと判断され、交換を勧められる部品があるのです。

タイミングベルトと同時に交換を勧められることがある部品

  • ファンベルト
  • タイミングベルトテンショナー
  • タイミングベルトアイドラプーリー
  • カムシャフトオイルシール 
  • クランクシャフトオイルシール 
  • ウォーターポンプ LLC (エンジンによる)

このようにタイミングベルト交換時に高額になるケースが多いのは、経年劣化で同時に交換したほうが良い部品があること、エンジンを開ける手間とその工賃を考慮して、他の部品の交換を提案されることが多いためということがおわかりになったでしょう。

タイミングベルトはエンジンの命綱!適切な時期に交換を

タイミングベルトはエンジンの命綱!適切な時期に交換を

タイミングベルトの異常は突然やってくるというのがポイントです。走行中にタイミングベルトの劣化によって突然エンジンが止まれば、大事故にもつながりかねません。自分では状態を確認することができない分、車検や定期点検の機会を活用し、適切な時期に交換するよう心がけましょう。

※タイミングベルトの交換時期、同時に交換したほうが良い部品はお車によって異なりますのでご注意ください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180927-1

「車のメンテナンス」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り