閉じる

タイヤローテーションとは?タイヤの交換方法と適切な頻度

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
タイヤローテーションとは?タイヤの交換方法と適切な頻度

車が問題なく使えているときには気付きにくいものですが、車の四隅に装着されているそれぞれのタイヤは、均等に消耗しているわけではありません。車の特性や運転の仕方によって消耗しやすい位置が異なります。そのため、4つのタイヤを同じ位置で使用し続けていると、同じタイヤだけが偏って摩耗してしまうことがあるのです。

できるだけ長く、タイヤを良い状態で保つためには「定期的な位置交換」を行うことが大切です。この位置交換のことを、「タイヤローテーション」と呼びます。

なぜ、タイヤローテーションを行う必要があるの?

タイヤローテーションには、摩耗のバランスを取り、タイヤに起因する事故を防ぐ目的があります。走行距離が長くなればなるほど、タイヤの減り方に差が現れます。適切な時期にタイヤローテーションを行い、事故を未然に防ぐことが大切です。

なお、車はその駆動方式や車両の重量バランスによって消耗しやすいタイヤの位置が異なります。稼働方式には、次のようなものがあります。

FF方式 エンジンが車両前部にあり前輪にのみ動力を伝える FR方式 エンジンが車両前部にあり後輪にのみ動力を伝える 4WD(AWD)方式 すべてのタイヤへエンジンの力を与える

現在多いのはFF方式で、前タイヤの消耗が激しくなりやすいタイプです。理由は、エンジンの力が直接伝わることで強く回され、かつ、エンジンルーム内にある機械類の重量が真上から加わっている部分であるためです。一般的にはフロントタイヤならショルダー(タイヤの肩に当たる部分)、リアタイヤはセンター(中央)部分が摩耗しやすいと覚えておきましょう。

タイヤローテーションを行う方法:お店に持ち込む

タイヤローテーションを行う方法:お店に持ち込む

タイヤのローテーション実施にあたり、一番簡単で安心できる方法はお店への持ち込みです。ここでのお店とは、ディーラーやカー用品店、メンテナンスショップなど車に関する工場や設備を持っているところを指します。

料金は作業店によって多少のばらつきがあり、車1台あたり2,000円台以上が現在の主流です。お店によっては、タイヤ購入者へのキャンペーンでローテーションなどのアフターフォローが無料になったり、会員に登録すると格安でローテーション作業をしてもらえたりするところもあります。

「年に一度はスタッドレスタイヤへ履き替える」という方の場合は、スタッドレスから夏タイヤへ戻す際にローテーションを依頼するのもおすすめです。履き替えの際には必然的にタイヤを外しますので、ちょうどよいタイミングだといえるでしょう。

タイヤ交換とローテーションを同時に行うことで、お店によってはローテーション料金をサービスしてくれるところもあります。外した夏タイヤに「前右」「後左」など、前回の装着位置が分かるようなメモを付けておくと便利です。

タイヤローテーションを行う方法:自分で組み換える

タイヤローテーションを行う方法:自分で組み換える

車や、車のメンテナンスが好きな方であればご自身での組み換えに挑戦してみるのもよいかもしれません。ただし、作業には危険が伴います。ケガや事故につながる可能性がありますので、必ず注意点を把握したうえで実施するようにしてください。

必要な工具は「ジャッキ」と「ホイールレンチ」で、どちらも車に積まれています。積載場所は車種によって異なりますが、多くはトランクルーム内かスペアタイヤと同じスペースにあります。車の説明書にも記載されていますので読んでみましょう。中古車を購入される際には、これらの車載工具が付属しているかをあらかじめ確認するとよいでしょう。

ローテーションを自分で行うつもりがない方でも、これらの工具はパンクなど緊急時に必要となる場合がありますので、どこに積まれているかの確認だけでもしておくことをおすすめします。

タイヤローテーションをDIYで行う際の注意点

  • ・作業時にはサイドブレーキをしっかり確実にかける
  • ・車止めがあれば使用する
  • ・説明書に従い、ジャッキを使用する位置を間違えないようにする
  • ・ホイールレンチの使用、タイヤの運搬では腰など身体を痛めやすいので注意する
  • ・ジャッキが外れ車体の下敷きになる危険があるので、十分注意して作業を行う
  • ・FFと4WDなど駆動方式によってローテーションするタイヤの位置が異なるので事前に調べておく(前後のタイヤの太さが異なる場合にはローテーションできない場合もあるため注意)
  • ・タイヤに「回転方向」を示す印がある場合は、間違えないように装着する
  • ・作業完了後にしばらく走行したら、ホイールナットの緩みがないか点検する。緩んでいるようなら増し締めをする

タイヤローテーションはどれくらいの期間で行うべき?

タイヤローテーションはどれくらいの期間で行うべき?

タイヤのローテーションは、オイル交換などに比べるとそれほど頻繁に行う必要はないカーメンテナンスです。一般的には半年から1年に一度実施すればよい、ともいわれています。

しかし、車の使用用途、使用頻度に応じてタイヤの消耗具合に違いが現れることは間違いありません。場合によっては一般的にいわれるよりも短いスパンでのチェックが必要です。

  • ・高速走行が多い
  • ・街乗りでハンドルを切ることが多い
  • ・荷物や人をたくさん乗せることが多い

などの方は注意が必要です。ぜひご自身の車について振り返ってみてください。

タイヤのチェックはディーラーや業者に依頼すれば確実で手間がかかりません。あるいは、ご自身でもある程度チェックすることができます。ご自身でチェックする場合には、10円玉や100円玉を使った方法がわかりやすくておすすめです。

10円玉を使ってチェック(夏タイヤ)

10円玉を使ってチェック(夏タイヤ)

タイヤの溝に10円玉を入れ、数字側の葉がすべて見えてしまうようであれば交換時期(数字側にある葉が、部分的にタイヤの溝に隠れていればよい)

100円玉を使ってチェック(冬タイヤ)

100円玉を使ってチェック(冬タイヤ)

タイヤの溝に100円玉を数字の「1」が隠れるように入れてみて、「1」が見えてしまうようであれば交換時期

このようにチェックをしておけば、事故に遭う可能性もぐっと減ります。ご自身の車に合ったローテーションのタイミングを検討することが大切です。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170718-6

「車のメンテナンス」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り