閉じる

中古車の購入に必要な書類(車庫証明・印鑑証明)

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

中古車の購入や売却をするときには、契約手続きや提出書類の準備などが必要です。販売店を通じて手続きできるものもありますが、自分で動かなければならない場合もあります。今回は、中古車の購入の際に必要な手続きの流れや、必要な書類の準備について解説します。

中古車購入の流れ

中古車を購入する際、まず必要なのは「ほしい車の条件を決める」ことです。「買い物に使いたい」「通勤でも使いたい」「予算は100万円以内」といった条件をはっきりとさせることで車選びはスムーズになります。

また、このときに車を駐車するスペースも決めておきましょう。とくに初めて車を購入する場合は、自宅の駐車場がなければ自分で賃貸の駐車場を探さなくてはなりません。中古車を購入するときには、後ほど説明する「車庫証明書」が必要になりますので、あらかじめ駐車スペースを確保しておけば手続きがスムーズです。

次に決めるのが、「どこで買うか」という点。中古車の情報検索サイトなどで情報を集め、中古車販売店やディーラー、オークション、個人間売買といったさまざまな販売店の選択肢が考えられます。ただしオークションや個人間売買はトラブルが起きる可能性もあることを理解しておきましょう。

気になる車や販売店を絞り込んだら、実際に車を確認します。年式や走行距離、修復歴の有無などを確認し、可能であれば試乗して乗り心地も見ておきたいところです。

こうした確認を終えて問題がなければ、販売店に見積りを出してもらいます。ここでは、車両本体価格はもちろん、法定費用や販売店手数料なども重要ですから、トータルの費用と内訳を確認しましょう。もし不明な費用があれば、販売店に質問しておくと安心です。

見積りを依頼するときには、複数の販売店に相見積りを出すことをおすすめします。同等の条件の車の見積りを複数の販売店から取ると、最も安い価格で購入することができますし、販売店との値下げ交渉にも利用できます。

見積りで出された金額に納得したら、いよいよ契約手続きです。契約書は販売者側が準備しますので、記載事項をしっかり確認しておきましょう。もし不明な点があれば、納得できるまで説明してもらったうえで、署名捺印をするようにしましょう。

普通車と軽自動車で違う必要書類

中古車を購入する場合、さまざまな書類などを準備する必要がありますが、購入する車が「普通車の場合」と「軽自動車の場合」で異なります。次の表を見てください。

〈普通車の場合〉
必要書類など 必要数 交付元
実印 1本 市区町村の役所で登録
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所等
車庫証明書 1枚 警察署
自動車検査証(車検証) 1枚 販売店
自賠責保険証 1枚 販売店
委任状 1枚 販売店
〈軽自動車の場合〉
必要書類など 必要数 交付元
印鑑(認印でも可) 1本 -
住民票 1枚 市区町村の役所等
自動車検査証(車検証) 1枚 販売店
自賠責保険証 1枚 販売店
委任状 1枚 販売店

※地域によっては「車庫証明」が必要

それでは、各書類の取得方法を説明します。

実印

実印とは、法的な効力を持った印鑑のことです。普通車を購入する場合、契約を交わすために必ず実印が必要になります。

住んでいる市区町村の窓口に印鑑を持参し、「実印登録」の手続きをすることで、その印鑑を実印として使用できるようになります。このときに持参する印鑑は大きさ8〜24ミリの範囲であれば基本的に自由ですが、ゴム印など変形しやすいものなどは認められない場合がありますので、実印用として販売されている印鑑を購入しましょう。

軽自動車を購入する場合は認印でも構いません。ただし、シャチハタや三文判は認印として認められないケースがあるため、販売店に確認してください。

印鑑証明書

実印を登録すると市区町村の役所で「印鑑証明書」を発行できます。車の購入時には発行日から3ヵ月以内のものが必要となりますので、発行のタイミングには注意しましょう。

自動車検査証(車検証)

車の車種や使用者、所有者などの情報が記載された書類です。中古車を購入すると、販売店で保管されていた車検証を渡されますので、使用者欄が自分の名前になっているか確認しておきましょう。なお、代金の全額を納めた場合には所有者欄も自分の名前になります。

任意保険に加入する際には、自動車検査証のコピーが必要になることから、契約時にコピーをもらっておくと安心です。

委任状

車の登録に関する手続きは、通常は販売店に代行してもらいます。このときに必要になるのが委任状です。委任状の書面は販売店で用意してくれますので、署名捺印などをして販売店に提出してください。

車庫証明書

車庫証明書とは、車の保管場所を確保していることを証明する書類のこと、警察署の窓口にて発行してもらうものです。具体的な手順は次のとおりです。

  • 自宅から2q以内で駐車スペースを確保する
  • 警察署で必要書類を受け取る(都道府県によってはインターネットでダウンロード可)
  • 駐車場を借りている場合は、駐車場の持ち主か管理者に書類の一部に署名と捺印をしてもらう
  • 必要書類と申請手数料(2,000円程度)を準備し警察署へ提出
  • 申請時に警察署から知らされた「交付日」以降に警察署に行き、交付手数料(500円)を支払い、証明書を受け取る

今乗っている車を売却したい(下取りに出す)場合は?

中古車を購入するときに、元々乗っていた車を下取りに出す場合、「売却のための必要書類」を別途用意しなくてはなりません。こちらも普通車と軽自動車で異なります。

〈普通車の場合〉
必要書類など 必要数 交付元
実印 1本 市区町村の役所で登録
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所など
自動車検査証(車険証) 1枚 購入時に交付
自賠責保険証明書 1枚 購入時に交付
自動車税納税証明書 1枚 市区町村の役所
リサイクル券 1枚 購入時に交付
〈軽自動車の場合〉
必要書類など 必要数 交付元
印鑑 1本 -
自動車検査証(車検証) 1枚 購入時に交付
自賠責保険証明書 1枚 購入時に交付
軽自動車税納税証明書 1枚 市区町村の役所
リサイクル券 1枚 購入時に交付

※地域によっては「車庫証明」が必要

上記のうち、「印鑑」、「実印」、「印鑑証明書」については、中古車を取得する場合の注意事項と同様です。その他の書類についても、紛失していない限りは自宅か車のダッシュボードなどに保管されているはずですから、あらためて用意をする必要はありません。もし紛失した場合は、販売店と相談したうえで、再発行の手続きを取ってください。

名義変更、任意保険の開始も忘れずに

今回の記事では、中古車の購入や下取りの際に必要な書類について説明しました。

その他中古車購入にあたっては、できるだけ早く名義変更をする必要があります。車の引き渡しがされると、所有者が移ることになるからです。
所有者がディーラーの車の場合は、ディーラーが手続き代行をしてくれますが、自分で行う場合は、必要書類の用意に数日かかるものもあるため、気を付けましょう。
参考:車の名義変更に必要な書類

また、車両の引き渡し日から自動車保険(任意保険)の補償が有効になるように、事前に保険会社に相談しておくことも大切です。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190320-2

「車の手続き」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り