閉じる

中古車の維持費。車両保険は必要?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

中古車の維持費。車両保険は必要?

中古車は、新車より車両の購入コストを抑えることができますが、車両代以外にもさまざまな維持費がかかります。
後になって後悔しないよう、今回は中古車の維持費について解説します。

そもそもクルマの維持費ってなに?維持費の内訳

そもそもクルマの維持費ってなに?維持費の内訳

さて、クルマの維持費とはどんな費用のことをいうのでしょうか。まず、維持費の項目と購入時に必要な費用の項目を確認してみましょう。

車両購入時にかかる費用

  • 車両代
  • 消費税
  • 自動車税(2019年10月消費税率10%引上げに伴い廃止、環境性能割導入予定)
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 登録費用
  • 自賠責保険などの保険代
  • 納車前点検費用
  • リサイクル料金

などがあります。

車両購入後、継続的にかかる維持費

  • 自動車税(年1回)
  • 自動車重量税(車検ごと)
  • 自賠責保険代
  • 任意保険代
  • 車検代(法定費用含む)
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 高速道路などの通行料
  • オイル/タイヤなどの消耗品代
  • 修理/点検・整備代

などがあります。

さらにローンで購入した場合には、金利を含めた毎月の支払いが発生します。クルマを所有することでかかる維持費にはこれだけ沢山の項目があるのです。購入する前に車両価格だけでなく、維持費を含めた支払いシミュレーションをしておくとよいでしょう。

コスパで見る中古車の選択肢

新車でも中古車でも、維持費の項目に大きな違いはありません。違いは、車両価格とそれに伴う消費税や取得税です。新車は車両価格が高いので、それに伴い消費税や取得税も高額になります。
また、新車登録時は3年間有効な車検が付きますので、自賠責保険を含めた法定費用も3年分の納付が必要となります。取得税はそのクルマの経年数が短いほど高くなる税なので、税額でみると初年度登録から半年でも経年していれば負担は減ります。

新車の新しさは大きな魅力ですが、購入後の経年による値下がり幅が大きいのも事実です。その意味で年式の新しい中古車は、新車に比べて購入価格が下がるだけでなく、取得税などの負担をおさえることが可能です。こうした経年で変動する税額なども考慮すると、よりコストパフォーマンスの良い中古車選びとなるでしょう。

目的に合ったクルマ選び

目的に合ったクルマ選び

中古車の購入といってもさまざまな手続きが必要な大きな買い物です。短期間で頻繁に購入するものでもありません。もちろん価格は重要な条件ですが、本来の目的を考えながら、後悔のないクルマ選びをしたいものです。

コスパだけを追求すれば、大きなクルマより小さなクルマの方が有利になるのが一般的です。しかしながら、コスパを追求しつつも、大きな買い物なだけに、冷静な広い視野が必要と言えるでしょう。

また、中古車の場合はそれまでの保管方法やオーナーの使用状況などもチェックしましょう。点検整備の頻度、あるいは事故の有無などでクルマの状態は大きく変わり、同じ年式でも使用感の程度に違いがあります。
仮にあまり状態の良くない中古車を購入してしまうと、後々修理代などの負担が増え、維持費が想定よりもかかってしまったということにもなりかねません。

新車と違い、購入直後にトラブル発生、ということもあり得るのが中古車です。販売店で購入する場合は、中古車の状態をよく吟味し、トラブル発生時に有効なサービスなどが保証されているかどうかも確認するとよいでしょう。

最近の中古車選びでの注意

ハイブリッドカーが街を走るようになってから20年以上が過ぎています。多走行で経年数の多い古いハイブリッドカーは、バッテリーの交換が必要な場合があるようです。ガソリン代の負担軽減を考えてハイブリッドカーを購入したとしても、高額なバッテリーの全交換が必要になってしまえば本末転倒です。

中古車のハイブリッドカーは、外装のみならず、バッテリーの消耗状況、実際の使用頻度や用途をよく考え、ガソリン車とハイブリッド車の価格差と、ガソリンの想定使用量や実質燃費の差を考慮するとよいでしょう。

必須の維持費となる自賠責保険と任意保険

車両購入後にも継続的にかかる必須の維持費として、自動車保険があります。自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険は法律で加入が絶対条件になっている保険です。強制保険とも呼ばれます。この保険は車検時にその満了期間までの保険料を法定費用として収めます。もしもの事故に備え、絶対に加入していなくてはならない保険ですが、実際の事故のとき、被害者を死傷させてしまった場合の補償額は十分ではありません。

また、自賠責保険は事故の被害者のみに支払われるもので、対物に対しては補償がありません。事故を起こしてしまった当人がケガをした場合の補償もありません。保険料も補償額も車両の種別によって一律に定められ、死亡事故の場合でも、補償額は1人につき、3,000万円を限度としています。しかし、この額は十分な額には程遠いのが現状です。この補償の足りない部分を補うのが任意保険となります。

任意保険は、保険の条件を任意に選択できます。車両などを含めた対物事故はもちろん、死傷事故で対人・対物に損害を及ぼした場合に、その補償を無制限に設定できる保険もあります。加害者となってしまった加入者自身の死傷についても補償を受けられるなど、任意保険は万が一の場合の備えとして重要です。

中古車のみならずクルマの購入を検討する際は、任意保険を必要維持費として項目に加えることは実際問題として一般的傾向にあります。

中古車の場合は、車の購入金額が安い場合や、経年数が長い車両は、あえて車両保険を付帯しないという判断もありえます。「修理するくらいなら買い換えたほうがいい」という場合もあるでしょう。とくに、年式の古い中古車や、価格が安くなっている中古車については、必ずしも車両保険を付けたほうがいいとは言えません。

基本的に自身の過失分を補償するのが車両保険です。万が一の事故や故障の際にかかる修理コストを、実費で用意できるのであれば、車両保険の付帯は必要ないかもしれません。逆に急な出費を懸念する場合は、中古車でも車両保険の付帯を検討してみてください。

節約可能な維持費

節約可能な維持費

任意の自動車保険のように、維持費の中でも各個人で設定して金額を決められる費用は他にもあります。

まず、駐車場代がその一つでしょう。自宅に駐車スペースがあればもちろん必要の無い費用となります。一方、駐車場を借りる場合、特に都市部では駅から近い、立地の良い圏域での駐車場は高額です。
駐車場代の費用対策としてまずあげられるのは、立地的な利便性よりも、金額的に条件の良い駐車場を探すことでしょう。この場合、法で定められているように、使用者の住所より直線距離2km圏内の駐車場であればどこでも借りることができます。より理想の料金に近い場所を探すことは月々の維持費削減には重要でしょう。

また、高速道路の使用頻度を減らすことも節約となります。そもそも走行距離をあらかじめ考えながら使用すれば、燃料代の予測もつきやすく、また走行距離が少なければ整備代も抑えることができ、結果的に維持費の節約に繋がります。

ダイレクト型(通販型)保険の活用で維持費をカット

任意の自動車保険は、中古車に限らず維持費の削減を考えたときにとても重要です。少しでも保険料をおさえ、しかも補償は万全にと、賢く考えたいところです。

任意保険には、大きく分けるとネットなどのダイレクト型(通販型)と代理店型の2つがあります。店舗を構える代理店型よりも、電話やインターネットを通じて中間コストを軽減したダイレクト型の保険の方が割安な傾向にあります。
また、ダイレクト型は、お車の使用目的、走行距離、年齢、お住まいの地域、免許証の色や自身のニーズに合わせた補償や特約を選択することができます。
対人対物、加入者自身や搭乗者に対する補償額はできる限り高いものとしながら、加入者自身の車両を補償する車両保険を外したり、免責額を調整したりするなど、さまざまな設定が可能です。

中古車においても、維持費はかかりますが、便利で自由なカーライフは何ものにも代えがたいものです。安全に気を付けながら楽しいカーライフになるために、コスト管理もしっかり考えましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190521-1

「車両保険」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り