自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

エーミングとは。エーミングターゲットや作業・調整方法

エーミングという作業をご存じでしょうか。
エーミングは、車の安全走行において大事な役割を担う車の調整作業です。

昨今、車の安全装置には、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)などが普及しており、エーミングは自動車整備には欠かせないものとなります。

本記事では、エーミングの概要や作業、エーミング作業が欠かせないASV車両などについてご説明します。

エーミングとは

エーミングとは、電子制御装置が正しく作動するための校正・調整作業です。

具体的には、レーダーセンサーや音波センサーのついた外装類の脱着や、カメラが付いたフロントガラスの交換、フレーム修正を伴う板金塗装を行ったとき先進安全装置を正しく作動させるために行う校正作業です。

国土交通省は、センサーやカメラといった電子制御装置の交換や修理を特定整備と位置付けています。

電子制御装置の整備は2020年4月1日に施行された、「道路運送車両法の一部を改正する法律案」により特定整備に定義されました。

また、特定整備を行うには「認証」が必要です。

認証とは、分解整備を行う人が一定の要件を満たしていると判断されたときに、地方運輸局が認証するものです。

このように、エーミング作業は分解整備に定義され、安全走行に重要な役割を担っています。

エーミングの作業内容について

エーミング作業にはさまざまなツールや工具、作業環境が必要です。

エーミングターゲットとは

エーミングターゲットとは、カメラに読み込ませるための標的となります。

レーダーの音や光の波を反射させるリフレクターは、メーカー指定のツールを使う必要があり、メーカーの整備書をもとにカメラのターゲットを自作します。

なお、さまざまな車種に対応できる汎用エーミングツールもあります。

エーミングに必要な工具・作業環境について

エーミングには以下の工具が必要です。

  • 水糸(車両中心をだすために下げ振りを下げる)
  • デジタル角度計(バンパーなどに取り付けられたセンサーの取付角度を計測)
  • レーザー距離計(対象物との距離を計測)
  • 補助金具(デジタル角度計とレーザー距離計と組み合わせて使う)
  • メジャー(ターゲットを置く位置を計測)
  • 下げ振り(車両の前端と後端に水糸を使用して車両中心をだす)
  • デジタルプロトラクター(ターゲットの向きや直角の正確さを計測)
  • 水準器(作業を行う床面の水平度を確認)
  • スキャンツール(外部診断機)
  • ターゲット、リフレクター
  • 整備書

以上のツールや工具を使うこともあり、作業環境は広々としたスペースも必要となります。

エーミングの資格について

エーミング作業をするにあたり、国は「電子制御装置整備の整備主任者等資格取得講習」を実施しています。

その講習を受講し、試験により習熟度を確認することで「電子制御装置整備の整備主任者等」の要件を満たします。

講習の内容は、特定整備事業について学ぶ学科編と故障原因探求や先進安全技術などの実習編があります。

そのほか、国土交通省自動車局が設置した「自動車整備技術の高度化検討会」において、エーミング作業の体験会も実施されています。

体験会は全国の主要都市で開催され、協力メーカーが用意した車種で作業体験や資料による座学を行います。

ターゲットの位置の留意点など具体的な作業を体験し、作業時の課題をみつけるなど、電子制御装置を配備した自動車整備の精度を高める努力がなされています。

エーミングの修正・調整方法について

エーミング作業により修正や調整が必要となるのは、以下のケースがあります。

  • バンパーやグリル交換
  • フロントガラス交換、着脱
  • ドアミラー交換、着脱
  • フレーム修正を行う板金塗装
  • 自動ブレーキやレーンキープに使われる前方をセンシングするためのカメラの取り外しや機能調整
  • 自動運転装置の取り外しや作動に影響を及ぼす恐れのある整備や改造

エーミングと車検について

現在、多くの自動車のエンジンはコンピュータにより制御されています。
そのため、国土交通省は「車載式故障診断装置(OBD)」を使った車検を2024年10月1日より開始します。

OBDの利用は道路運送車両の保安基準に定める項目で、人の目には見えない不具合を検知する目的があります。
その不具合をみつけるには、法定スキャンツールや特定DTC照会アプリのインストールが必須となります。

それらのツールを使って不具合が検知された場合や、エーミングの対象作業についてエーミング作業を行っていない場合は車検不合格となります。

この車検制度の導入にあたり、エーミング作業で使用するスキャンツールの機能拡充が必須といえます。

ASV(先進安全自動車)について

ASV(Advanced Safety Vehicle)車両には以下の装置が装備されているため、ASV車両を修理した際はエーミング作業が必須となります。

衝突被害軽減ブレーキ

前方車両や障害物との衝突を予測して警報を鳴らし、ブレーキの自動制御により被害を軽減します。

ふらつき注意喚起装置

自動車のふらつきを察知してドライバーの集中力低下を注意喚起します。

車線維持支援制御装置(レーンキープアシスト)

できるだけ中央付近を維持できるように自動車の操作力を制御します。

車両横滑り時制動力(駆動力制御装置)

急ハンドルなどによる横滑り時に車両の姿勢を安定させます。

ACC

先行車との車間距離を一定にキープします。先行車がいないときは設定した速度を保ちます。

駐車支援システム

バックで駐車するときにハンドルの自動制御でスムーズな駐車をサポートします。

以上はASV車両の機能の一部であり、他にもさまざまな機能があります。

まとめ

エーミングとは、衝突被害軽減ブレーキやドライバーの異常時に対応するシステムなど、電子制御装置が整備後も正常に作動するようにする校正作業です。

エーミング作業には必要な工具や作業環境があり、国の基準を満たした知識やスキルが必要です。

また、ASV車両の普及などにより、2024年10月1日以降はエーミングを行わないと車検に合格できない場合があります。

ご自身の車について修理や整備を行う際に、エーミング作業が必要かどうかを確認してみましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年11月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD201109-1

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り