閉じる

右折禁止とは。指定方向外進行禁止の標識。右折レーン・右折禁止違反について

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

道路標識は歩行者、車両または路面電車がその前方から見やすいように設置するよう道路交通法施行令に規定されていますが、うっかり見落としてしまいがちなのが「右折禁止」です。

本記事では、「右折禁止」を意味する指定方向外進行禁止の標識や、右折禁止違反をしてしまったときの違反点数、安全に右折するコツをご説明します。

右折禁止を示す指定方向外進行禁止の標識に注意

車を運転し、不注意により違反を犯してしまうことは誰にでもおこりえます。そのような、不注意からの違反として取り締まりを受けることが多いのが「右折禁止」です。

厳密には「右折禁止」という標識は存在せず、右折禁止を示すのは指定方向外進行禁止という標識になります。

指定方向外進行禁止の標識は、道路法第46条第1項の規定に基づき、または道路交通法第8条第1項の「通行の禁止等」により、標示板の矢印の示す方向以外への車両の進入を禁止することを意味します。

つまり、指定方向外進行禁止の標識のなかで、右方向の矢印のない標識が右折禁止を示します。

右折禁止を示す指定方向外進行禁止の標識
指定方向外進行禁止 直進、左折以外進行禁止
指定方向外進行禁止 左折以外進行禁止
指定方向外進行禁止 直進以外進行禁止

右折レーンがあっても補助標識の時間は右折禁止

これは指定方向外進行禁止の標識です。

この標識の意味は矢印の示す方向以外の方向への車両の進入を禁止するという意味です。

その下の「8-20」は補助標識といって、指定方向外進行禁止の規制が行われる時間帯を示しています。

この標識があった場合、右折レーンがあったとしても、8時から20時の時間帯は直進以外できません。そのため当然右折もできないということになります。

右折レーンは、複数車線ある道路で右折車が待機するための車両通行帯で、主に交通量の多い道路に設けられています。

そのため指定方向外禁止の標識を見落として、自然と右折レーンに入ってしまうことがありますので、指定方向外禁止の標識を見落さないようにしましょう。

右折禁止違反の違反点数、反則金(2020年4月執筆現在)

右折禁止違反の件数

警察庁の「平成29年中の交通事故の発生状況」によれば、原付以上運転者(第1当事者)の法令違反別交通事故件数の推移によれば、右折違反による交通事故の件数は2,093件です。

道路交通法第8条歩行者又は車両等は、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行してはならない。」により右折禁止の交差点で自動車が右折すると「通行禁止違反」になり、以下のとおりの違反点数と反則金が科せられます。

違反点数 大型車 普通車 二輪車 小型特殊自動車 原動機付自転車
2点 9,000円 7,000円 6,000円 5,000円 5,000円
出典:警視庁交通違反の点数一覧表反則行為の種別及び反則金一覧表

右折事故の特徴と要因

これまでお話ししてきたように、右折禁止は、矢印の示す方向以外の方向への車両の進入を禁止する「指定方向外進行禁止」によって示されます。
たとえ、道があったとしても矢印以外の方向に曲がってはいけません。

この標識を見逃し、うっかり右折してしまった結果、右折車と直進車の事故が起こるケースがあります。

発生した交通事故については、当事者の不注意の程度などにより過失割合を決定することになりますが、右折禁止違反の場所を右折してしまった車の運転手は過失割合が増加されます。

信号のある交差点を安全に右折するコツ

最後に、交差点などを右折するときのポイントおさらいしておきましょう。

  • 標識や標示をしっかり確認し、右折禁止ではないかなどを確認し、右折の合図をします。
  • 信号をみきわめ、安全に停まれる速度で進みます。
  • 右折するときは、あらかじめできるだけ道路の中央に寄り、安全を確かめながら、交差点の中心のすぐ内側を徐行しながら通行しなければなりません。ただし、矢印などの標示で通行方法が指定されているときは、それに従わなければなりません。(道路交通法第34条2項

右折のときは、あらかじめ道路の中央に寄って交差点の中心のすぐ内側を曲がるのが原則です。
なぜなら右側があいていると、他の車が入り込んでくる可能性があるので危険だからです。

対向する直進車や左折車の動き、横断歩道を渡ろうとしている歩行者もかけこみ横断などにも注意し、道路の状況や右折のタイミングをすばやく判断しましょう。

まとめ

まわりの景色に気をとられて標識を見落としたり、標識の意味が曖昧になっていたりすると、思わぬ事故を起こしてしまう可能性があります。

右折禁止については、右折禁止という標識があるのではなく、矢印の示す方向以外の方向への車両の進入を禁止する「指定方向外進行禁止」違反となります。

さまざまな標識がありますが、それぞれの標識の意味を覚えておきましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年4月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD200512-14

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り