自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

プロテクションフィルムとは。車のヘッドライトのプロテクションフィルムの貼り方

車は、停車中であっても走行中であっても常に外部からの衝撃で傷がつく可能性があります。

気が付かないうちにドア付近に細かな傷がついていたことや、ボンネットに飛び石や猫のひっかき傷がついていたという経験はないでしょうか。
これらの傷から車を守るために施工するのが、プロテクションフィルムです。

本記事では、車のプロテクションフィルムの概要やその効果、ヘッドライトのプロテクションフィルムの貼り方、施工後の注意点などについてご説明します。

プロテクションフィルムとは

プロテクションフィルムとは、車の塗装面を傷付かないように保護する透明のフィルムです。
車体全体にプロテクションフィルムを貼ることもできますが、傷がつきやすい箇所や気になる箇所にだけ部分的に施工することも可能です。

プロテクションフィルムの施工目的

プロテクションフィルムは、外的な要素から車のボディに傷がつかないように守る目的で施工するものです。

生活傷対策

車を日常使用するうえで、避けることのできない傷があります。

特に、ドアカップやドアノブは、指輪や爪などが当たって傷がつきやすい箇所です。
あらかじめプロテクションフィルムを貼っておけば、乗り降りの際に生じる細かな傷を防ぐことができます。

飛び石対策

フロントバンパーやヘッドライト、フォグランプなどは飛び石の被害を受けやすい箇所です。
これらの箇所にもプロテクションフィルムの施工は効果的です。

その他の傷対策

重たい荷物やベビーカーなどをトランクに入れる機会が多い方は、リアバンパーに傷がつきやすくなります。

その他、ボンネットにつきやすい猫のひっかき傷など、車の使用状況や保管環境に合わせて必要な箇所にプロテクションフィルムを貼ることで、これらの傷を防ぐことができます。

ペイント・プロテクション・フィルム(PPF)について

ペイント・プロテクション・フィルムは、その名の通り塗装面を保護するためのフィルムで、一般的に「PPF」と呼ばれています。

PPFは無色透明のフィルムで、ポリウレタン樹脂でできた層と粘着層などを含む複数構造になっています。
厚さは、約0.2mmから0.3mm程度のものが主流となっています。

ポリウレタンは、柔軟性が高く、伸縮性に富む素材であり、時間が経過してもその柔軟性は失われにくい性質があります。

そのため、曲線の多い車のボディをきれいに包み込むことに適しています。
また、衝撃を緩和する機能も優れているため、外部から衝撃を受けた場合でも塗装面までその衝撃を伝えることは少なく、車体を傷から守ることができます。

透明度も高いため、本来の車のカラーを妨げることはなく、フィルムを貼った箇所が目立つことはありません。

ヘッドライトのプロテクションフィルムについて

ヘッドライトは、経年劣化により黄ばみや白濁が生じやすい箇所です。
ヘッドライトにプロテクションフィルムを貼ることによって、さまざまな効果が期待できます。

ヘッドライトにプロテクションフィルムを貼る効果

ヘッドライトの黄ばみ、劣化防御

ヘッドライトの黄ばみの最大の原因は、紫外線だといわれています。

プロテクションフィルムには紫外線をカットする効果があるため、ヘッドライトにプロテクションフィルムを貼ることによってヘッドライトの黄ばみを抑制することができます。

飛び石によるダメージ防御

ヘッドライトは、飛び石によって傷がつきやすい箇所でもあります。
プロテクションフィルムの衝撃緩和性能により、ヘッドライトに傷がつくことを防ぐことができます。

水垢などの汚れを防御し輝きを持続

プロテクションフィルムの表面は、撥水機能や防汚機能を持つ加工がされているため、水垢や走行時に付着する汚れも付きにくく、本来の輝きを持続することができます。

車検での対応について

プロテクションフィルムは、無色透明であるため、車検の際に光量不足となることはありません。
そのため、車検も問題なく通すことができます。

ただし、プロテクションフィルム施工後の車の使用状況や、メンテナンスの状況によっては、剥がれなどが生じて車検時にフィルムを剥がす必要が出てくることもあります。

プロテクションフィルムのメリット/デメリット

プロテクションフィルムのメリット

  • 愛車を生活傷や飛び石などの傷から守ることができる。
  • 劣化しても、何度も貼りなおすことができる。
  • 紫外線による塗装面の経年劣化を防ぐことができる。
  • 鳥の糞や虫の死骸などによるダメージからも車体を保護することができる。

プロテクションフィルムのデメリット

  • 施工費用がかかる。
  • すべての飛来物からの防御は不可能であり、大きな飛来物の衝撃は緩和することができない。
  • 永久的なものではなく、数年で劣化する。
  • 洗車機の使用は控えたほうが賢明。

プロテクションフィルム施工後の注意点

プロテクションフィルム施工後の洗車は、フィルムの剥がれを防止するために洗車機ではなく、手洗いで行うことが推奨されています。

また、高圧洗浄機やスチーム洗浄機の使用も剥がれの原因となるため、注意が必要です。
プロテクションフィルムの寿命は、車の保管場所によっても変わってきます。

ガレージなどの紫外線が当たらない場所での保管に比べ、野外での保管の場合は劣化が進みやすくなります。

まとめ

プロテクションフィルムは、飛び石や日常使用によって生じる傷から車体を保護する効果があります。

また、ヘッドライトにプロテクションフィルムを貼ると、ヘッドライトの黄ばみを抑制し、輝きを持続させることができます。
しかし、プロテクションフィルムの施工にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

プロテクションフィルムを施工する前に、デメリットや施行後の注意点もしっかり確認しておきましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年11月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD201117-1

「カー用品・パーツ」の記事一覧

「カー用品・パーツ」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り